高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

ストレスを発散する手段としてゲームは有効?どんなゲームがいい?

      2016/04/23

ストレスを発散する手段としてゲームは有効?どんなゲームがいい?

仕事などでたまったストレスを発散したい!

そんな時にゲームは有効なのでしょうか?

また、どんなゲームなら良いのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

ストレス発散にゲームは効果がある?

毎日仕事先でストレスを感じている方もいるでしょう。実はゲームで「仕事のストレスを全般的に回復できる」というストレスとゲームの関係があることがわかりました。

研究では暴力的なゲームを長時間プレイしている人は、男性も女性ともにストレスに対処する精神力が高まり、ストレスの多い作業をしている時でも鬱状態になったり、敵対的になりにくくなることがわかりました。

簡単に言うと「仕事上のストレスをアクションゲームでぶつけてしまおう!」ってことですね。

暴力的・アクションなゲームはストレスを発散する「セラピー効果」があるようです。

引用元-研究により証明された「ゲームは健康に良い効果を与える」

ストレス発散にオススメのアプリゲームとは

毎日忙しく働いていると、どうしてもストレスが溜まってしまうもの。とはいえ、ストレスを溜めこんだままにしていては、健康にもよくありません。そこで今回は、仕事のストレスを上手に発散するために役立つ、ゲーム系アプリをご紹介しましょう。

まずは、今現在ストレスがどれくらい溜まっているのかを知るのに役立つ「ストレスチェッカー by くノ一」。自分の顔写真を撮るだけで、ストレスのレベルがわかる便利なアプリです。無防備な自分の顔を撮ってみると「ストレス病」と判定されることもありますが、普段の表情を見直す機会にもなるでしょう。

手っ取り早く、スカッとストレスを発散したい場合には「無限ホームラン ◆気軽に遊べる大ヒット無料ゲームのスマホ版!」がオススメ。連続ホームランを簡単に出せる爽快感満点のバッティングゲームです。

ストレス発散のお供として緩衝材の“プチプチ”を愛好している人なら、「Deeper – ストレス解消暇つぶし連鎖系プチプチゲーム」を試してほしいところ。これまでの“プチプチ”に奥行きと連鎖の概念を取り入れた、新感覚のプチプチゲームを楽しむことができます。

引用元-仕事のストレス解消ゲーム5選 | R25スマホ情報局

破壊するゲームがストレス発散につながる?

ストレスが様々な悪影響を及ぼすことがわかっていても、ストレスを感じずに生きていくことはできません。そこで重要になってくるのが、ストレスとうまく付き合っていくことです。

ストレスの解消方法は、人によって様々です。カラオケで熱唱する。スポーツで体を動かす。友人にグチを聞いてもらう。おいしいものを食べるなどが一般的なのではないでしょうか。

また、ストレスが溜まると、物を壊したくなるという方もいます。物を壊すという、普段はやってはいけないことを、あえてやることでスッキリする。破壊行動がストレス解消になるのです。

といっても、現実問題、物を壊してしまうとその後が大変ですよね。壊してしまったものは使えなくなるし、結局後片付けを自分でしなければならないですし。

海外では、部屋にあるものを、なんでも破壊していい「破壊部屋」なるサービスもあるようですが、日本ではそうそうできません。そこでおすすめなのが、バーチャル破壊行動でストレス解消できる、破壊ゲームです。

引用元-ストレス解消の「壊す」おすすめゲーム | 名古屋のまごころ解体が運営する解体と創造の情報メディア

カジュアルゲームはストレスを発散させ仕事の生産性を向上させる

ゲームアプリのクラウドファンディングを行なっている「Givling」が18歳以上のインターネットユーザー500人強に行なったアンケートによれば、日常的にテトリスなどのような“カジュアルゲーム”を楽しんでいるゲーマーの53%がゲームでストレスが解消することを自覚しているということだ。また約3分の1のゲーマーが、ゲームでストレスが解消されることによって、仕事や学業、子育て、人間関係に好ましい影響を及ぼしていると認識しているという。

「ビデオゲームは人にストレスを溜め込ませて害を及ぼし、しかも時間を奪うものだという否定的なイメージもあるでしょうが、我々の調査ではそれとはまったく逆の効果が明らかになったのです」と、Givling創設者でCEOのリズベス・プラット氏はゲーム情報サイト「Game Sauce」の記事で語っている。

 ビデオゲームは時間の浪費だという認識も一般には根強いのだが、ゲーマーの65%はスキマ時間などにもしゲームをしなかったら、仕事の生産性が下がるだろうと考えているのだ。つまりビデオゲームをプレイすることで気分がリフレッシュされ、仕事や勉強に対するヤル気を復活させることができるということになる。またゲーマーの多くは、確かに孤独になりがちであることは自覚しているものの、社交性の自己評価に関してはゲームをしない人々とさして変わらないということだ。そしてゲーマーの71%が自分の人生がおおむね幸せで生産的であると認識しているという。

 この調査での“ゲーマー”はあくまでも1日に合計30分ほどゲームを楽しんでいるカジュアルなゲーマーのことではあるが、ゲームが生活に活力を与えている実態が分かったことは興味深い。「(スキマ時間に)数分間ゲームを楽しむことで、メンタルヘルス面で素晴らしい効能を得られるのです」とプラット氏は加えている。生産能率の向上、メンタル面の健康と、ビデオゲームが持つ好ましい効能に注目が集まっているようだ。

引用元-ゲームはストレス解消と生産性向上に役立つ 暴力的なゲームでも – ライブドアニュース

ゲームでストレス発散をする時の注意点は?

無気力になりやすい
ゲームに熱中して、1日を使い果たしてしまった…ゲームオタクならありがちな休日かもしれません。しかしこのゲーム漬けの1日には思わぬ危険が潜んでいます。ゲーム中は内容に夢中になり、興奮して時間を忘れてしまいますよね。その分やり終わった後は神経がぐったりと疲れて何もやる気がでない状態になる人が多いのです。

会社に遅刻しがちになる、仕事にミスが多くなる、そんな時はゲームのやりすぎが原因かもしれません。中毒性のあるストレス発散ゲームは、リアルな日常生活を面倒な味気ない生活にしてしまう危険が潜んでいるのです。

流されやすい優柔不断な性格に人は、ストレス発散ゲームは向いていません。ゲームに流されて日常生活を破綻させる原因になる可能性があります。

 

コミュ障になりやすい
対戦型ゲームだとしても、所詮ゲームの中だけの付き合いです。ゲームに依存している人は、リアルな世界でコミュニケーション障害になりやすいという報告もあります。ひきこもり、不登校の原因はいじめや性格が要因だという以外に、このゲーム依存が原因だとも言われています。

1人で何時間でも楽しめるストレス発散ゲームをやり続けると、普通の友達関係や人間関係がひどく気を使う、疲れる行動になるやすくなるのです。

ゲーム依存になると、コンビニに買い物にいき、レジで店員さんと会話する程度の行動でもとても敷居が高くなるそうです。挨拶程度のコミュニケーションもドキドキして相手の目が見られない、という社会に適応する能力が低下してしまう事もあるのです。

コミュニケーション障害は小学生、中学生だけの問題ではありません。社会人になっても仕事の段取りを直接聞けずにメールで質問したり、返事をする若者が増えています。なるべく他人と関わりたくない、そんな対人恐怖症に発展する可能性もあるのです。

日頃から無口で引っ込み思案な性格の人は、あまりゲームをやらない方が安心です。ゲームに依存して、社会生活に適応できなくなるかも知れません。

引用元-ストレス発散ゲームは性格によって変えた方がいいその理由 – やる気のライフハッカーズ!!

 - ゲーム, 生活ハウツー

ページ
上部へ