高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

1985年 春のセンバツ大会展望|白球の足あと

      2017/04/19

1985年 春のセンバツ大会展望|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会展望

1985年の春の選抜甲子園大会は一体どんなドラマが

待っているのでしょうか?

最上級生となったあの二人を中心に、有力チームを

紐解きたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

北海道・東北地区

北海道

  • 駒大岩見沢(北海道、2年ぶり2回目)

東北

  • 弘前工(青森、9年ぶり2回目)
  • 東北(宮城、2年ぶり10回目)

北海道からは2年ぶりに駒大岩見沢高校が出場します。

2年前に初出場でベスト8まで進出し、北国旋風としてヒグマ打線の異名を広めた駒大岩見沢高校。

冬の豪雪に対抗して室内練習場を建設し、そこでパワーアップに努めました。

2年前にエースとして活躍した大西投手の弟が遊撃手として出場します。

宮城県からは東北高校が出場します。

前年夏の選手権大会で3試合全てを投げきった佐々木(後に横浜)投手がエースとして登場します。

関東地区

関東

  • 熊谷商(埼玉、初出場)
  • 秀明(埼玉、初出場)
  • 東海大浦安(千葉、初出場)
  • 横浜(神奈川、11年ぶり3回目)

東京

  • 帝京(東京、2年ぶり4回目)
  • 国学院久我山(東京、6年ぶり2回目)

東京から神宮王者に輝いた国学院久我山高校が注目されます。

安定感のあるエース三和を中心に、選抜でも頂点を狙います。

同じく東京には強豪がもう1校。

国学院久我山高校に1点差で敗れたものの、帝京高校の実力は関東でも指折りです。

エース小林昭則(後にロッテ)の安定感に、4割近いチーム打率は国学院久我山を凌ぐかも知れません。

千葉県の東海大浦安高校には左の清原と異名を持つ4番佐久間選手に注目です。

打球の速さは大会屈指と言われています。

中部・東海地区

北信越

  • 松商学園(長野、13年ぶり13回目)
  • 長野(長野、3年ぶり2回目)

東海

  • 浜松商(静岡、7年ぶり5回目)
  • 東邦(愛知、5年ぶり17回目)
  • 明野(三重、初出場)

まずは神宮大会準チャンピオンの松商学園。

エース直江を中心とした投打のバランスは全国レベル。

北信越の星になれるでしょうか。

前年夏に大逆転劇を見せた浜松商業が出場します。

エースは前年夏にもマウンドを経験している浜崎投手です。

中学シニア時代にPLの清原選手に勝って全国制覇した経験をしているだけに、再戦が楽しみですね。

東海チャンピオンの東邦高校にも注目が集まります。

強力打線と守備力は、阪口監督曰く東邦史上最強との事です。

近畿地区

近畿

  • 堅田(滋賀、初出場)
  • PL学園(大阪、2年連続11回目)
  • 報徳学園(兵庫、2年ぶり9回目)
  • 東洋大姫路(兵庫、6年ぶり3回目)
  • 天理(奈良、6年ぶり10回目)
  • 広陵(奈良、初出場)
  • 智弁和歌山(和歌山、初出場)

この大会もPL学園がダントツの優勝候補です。

桑田(後に巨人)選手と清原(後に西武)選手がいよいよ最上級生となり、春夏連覇に挑みます。

レベル高さが最高峰の大阪において、同学年の他校のチームが不運に思うほど抜けた存在です。

KK以外にも黒木、内匠(後に近鉄)、松山(後にオリックス)、杉本、安本、とKKと共に過ごした超高校級の選手が目白押しです。

KKの王者PL学園に初めて土を付けた同学年のチームが兵庫代表の東洋大姫路です。

PL学園を完封したサブマリン、豊田投手の株が一気に急上昇しました。

甲子園での再戦が期待されます。

中国地区

中国

  • 倉敷商(岡山、初出場)
  • 広島商(広島、2年ぶり16回目)
  • 宇部商(山口、2年ぶり3回目)

山口県からは中国地区のチャンピオン、宇部商業に注目です。

前年も県内で強豪の位置にあった同校は、2年前のエース秋村のチームより上との評価です。

四国地区

四国

  • 徳島商(徳島、2年連続16回目)
  • 池田(徳島、2年ぶり5回目)
  • 西条(愛媛、15年ぶり3回目)
  • 伊野商(高知、初出場)

全国制覇の実力もあると目された四国チャンピオンである明徳義塾が生徒には無関係である不祥事で悲劇の辞退となりました。

それ故ながら、まずは準チャンピオンの伊野商業が初の甲子園切符です。

眼鏡のエース渡辺智男(後に西武)は四国1の速球投手と言われている実力派。

池田高校を完全に封じ、蔦監督に全国制覇の実力があると言わしめました。

池田高校を破り、徳島県1位となった徳島商業は前年の甲子園経験者が6人もいます。

特にエース広永(後に南海)投手の投打に注目が集まります。

小粒になったとは言え、ファンの多い池田高校にも注目が集まる事でしょう。

スケールが小さいチームと蔦監督は言いましたが、甲子園で無類の強さを発揮する池田高校は目が離せません。

九州地区

九州

  • 東筑(福岡、初出場)
  • 東海大五(福岡、初出場)
  • 津久見(大分、11年ぶり5回目)
  • 鹿児島商工(鹿児島、3年ぶり3回目)

前年夏にベスト8進出した鹿児島商工は九州チャンピオンに輝きました。

前年夏の経験者を中心にベスト8越えを目指します。

大型打線で九州準チャンピオンになった東海大五高校は福岡史上最強と言われる打線が本物なのか真価が問われます。

4番森山選手は桑田投手を打つと自信を持っています。

東海大五の打線に負けていないのか大分県代表の津久見高校です。

4番の上島選手は全出場チームでナンバー1の本塁打数を記録しています。

大会の展望

以上、1985年春の選抜甲子園大会の注目のチームでした。

やはりダントツの優勝候補はPL学園。

それを追うのはPLを倒している東洋大姫路高校、

神宮チャンピオンの国学院久我山高校、

打力の破壊力で目立つ東海大浦安高校、東海大五高校、

そして甲子園で勝負強い池田高校、帝京高校といった辺りでしょうか。

しかし必ず実力のあるダークホース的なチームが現れる事でしょう。

1試合1試合のドラマをお楽しみに!

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ