高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】1回戦 東洋大姫路高校vs津久見高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】1回戦 東洋大姫路高校vs津久見高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会1回戦 東洋大姫路高校vs津久見高校

開幕試合にいきなり注目の東洋大姫路が登場。

あのPL学園に対して、同世代で初めて黒星を与えた近畿チャンピオンに

否が応でも視線が注がれる。

しかし九州からの刺客、津久見の打線はとても凄まじかった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

PL学園を倒した唯一の高校

東洋大姫路と言えば第64回夏の選手権大会でベスト4に進出したのが記憶に新しいが、その時の背番号2を付けていた正捕手の豊田選手の弟がこの大会でエースの豊田投手である。

兄のベスト4越えという高い目標があるが、激戦の近畿大会を制したのだから、あながち夢は遠くないかも知れない。

特に決勝ではあの最上級生となった桑田清原のPL学園を完封したことによって一気に株は急上昇した。

その豊田のために得点を重ねた打線はチーム打率3割5分9厘と高い。

PL学園との決勝は1-0のロースコアであったが、勝ち越しとなった1点はホームスチールというのだから、攻撃力に度胸もプラスされている。

甲子園でのPL学園との対戦が楽しみだ。

隠れた実力高校

秋の九州大会でベスト4に進出した津久見高校の選抜出場決定は、言わば文句なしの抜粋である。

敗れた準決勝でも強打の東海大五高校に対して0-1であり、大会を通してエース田中が安定感抜群のピッチングを披露していることが強みの1つめである。

そのエース田中の防御率は1.11の素晴らしい成績であったが、控えのピッチャー野村も素晴らしい投手でこちらも防御率が1.47としている。

このダブルエースが好投している合間にチャンスで得点を重ねる勝負強いバッティングが津久見高校の持ち味だ。

特に打撃面の注目すべき選手は何と言っても3番の上島。

秋の成績は打率4割7分2厘とかなり高く、ホームランは17本と打ちまくり全国ナンバー1。

この春の甲子園大会の出場高校の中でもPL学園の清原と共に大注目の存在である。

この開幕戦はPL学園を倒している東洋大姫路に視線が注がれがちだが、津久見には足元をすくう実力が十分にある。

互角の打ち合い

選抜は春告げ鳥であるが、この大会は雨で2日間の順延があった。

互いに好投手との評判であり投手戦も予想れたが、順延が球児たちのパワーを充電させていた。

2回の表、東洋大姫路は6番小橋がセンターオーバーのスリーベースを放つと、7番山本が左中間にツーベースを放ち、連続長打で先制点をあげた。

PLを完封した豊田投手なだけに、これで一方的に試合は流れるかと思いきや、その裏に津久見もツーアウトランナー2塁で7番東にタイムリーヒットが飛び出して早くに同点とした。

緊張が解けたのか、津久見は3回裏に田中のスリーベースを1番小山が犠牲フライで返して勝ち越し。

このあと吉田、佐藤のツーベース攻勢で2点を奪った。

東洋大姫路は4回表、ワンアウトランナー1、3塁から7番山本が左中間を破るタイムリーツーベースを放って同点に追い付いた。

爆発した津久見

すかさず同点に追い付かれた津久見は動じてはいなかった。

5回の裏、津久見はトップの小山が豊田のストレートを掬い上げ、レフトラッキーゾーンに飛び込む大会第1号のアーチとした。

なんとか気を取り直す豊田投手であったが、ワンアウト後に注目の上島が豊田のカーブを狙い打ち。

打球はバックスクリーンに直撃する大ホームランとなり、息の根を止める一撃となった。

これでマウンドを小橋に譲った豊田投手はPL学園との再戦はお預けとなってしまった。

津久見打線2番手の小橋を攻めた。

7回裏には宇都宮のタイムリー、8回裏には小山のタイムリーなどを集めて追加点を奪っていった。

結果、13安打2ホーマーと打った津久見高校が9-3で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

PL学園を倒していることでプレッシャーがあったのは事実でしょう。

しかし、それを踏まえなくても津久見打線の迫力は凄まじいの一言でした。

上島選手は九州を代表するスラッガーでした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ