高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校

ついに最上級生となった桑田選手と清原選手。

1年生として初登場した夏の選手権大会で優勝してから、

全国の球児の目標となった。

2年生時は春夏共に準優勝に終わった。

それでも素晴らしい戦績であるが、2人は満足していない。

最上級生となったこの選抜は間違いなく優勝したい。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

曲者チーム浜松商業

前年度の夏の選手権大会にも出場した浜松商業は2試合の登場となったが、強烈なインパクトを残した。

1回戦の智弁学園戦にて序盤に0-7との大差をつけられた浜松商業は、あきらめることなく粘りに粘り、終盤に大逆転勝利をもたらした。

その粘りを受け継ぐかのように新チームも簡単には負けない戦いぶりで東海大会を勝ち進んでいった。

結果的に優勝した東邦高校に決勝で敗れたものの、6点差を2度も追い付く大激戦を演じた。

東海チャンピオンに輝いた東邦が強豪の享栄に敗れているが、浜松商業は享栄に勝利している事から文句なしの準優勝となった。

また、エースの浜崎投手が中学時代にPLの清原を倒して全国制覇しているだけに、注目の戦いとなる。

目標は優勝のみ

1年生のデビューから優勝、準優勝、準優勝、と甲子園大会で驚異的な成績を残している桑田と清原。

彼らも最上級生となり、準優勝では目標とならなくなっている。

そしてその全国1の二人と同じ練習を重ねてきた同級生たちは、引っ張られたように超高校級が揃っている。

レベルの高い大阪府においてチーム打率は3割8分3厘を誇り、桑田は相変わらずの安定感で防御率1.23であった。

清原は8本のホームランを放ち、桑田は5ホーマー。

先発メンバーのうち4割を越えているのが6人もいる破壊力は凄まじいの一言に尽きる。

近畿大会の決勝で東洋大姫路高校に黒星を付けられたが、それはアクシデントのようなもの。

PL学園の戦力が全国ナンバー1の事は変わらない。

桑田と清原が最上級生となり、目標となるのは春夏連覇しかない。

雰囲気を変えた大会初スイング

1回の表、浜松商業はトップの中島が桑田の快速球をライト前にヒット。

林の送りバントの後、3番石牧も桑田の快速球をライト前に綺麗なライナーでヒットを放ち、ランナー1、3塁とした。

球場はざわついたが、桑田は4番間宮を三振に仕止めると5番加藤をセカンドフライに抑えた。

2回裏、PLはノーアウトランナー1、2塁として7番笹岡がセンターに抜けるタイムリースリーベースを放ち、あっさり2点を先制した。

しかし、浜松商業も3回の表にツーアウトランナー2塁として4番間宮がセンター前にタイムリーを放って1点を返した。

4回にも加藤にスリーベースヒットを打たれるなど、桑田は今1つピリッとしない。

それを一変させたのは4番清原であった。

1打席目は見逃し三振、2打席目はデッドボールと、まだ1度もバットを振ってさえいなかった清原。

この大会に入り、ようやく3打席目に浜崎のカーブを1振り。

打球はライトラッキーゾーンに飛び込むホームランとなった。

清原、マウンドへ

清原の1発で試合はすでにPL学園のものになっていた。

6イニングを投げ終わった桑田はレフトの守備位置へ。

浜松商業打線はその後もヒットを放つが得点に結び付けないでいた。

7回裏、PLは4連打から2点を奪うと打席にはキャプテン松山。

松山は2番手ピッチャー大庭からレフトへ3ランホームランを放ってこの回一気に5得点とした。

8回裏にも杉本のタイムリーで10点差をつけたPL。

最終回にはマウンドに清原の姿があった。

清原は憧れのマウンドで三振を2つ奪う力投を見せた。

桑田も投げる方は今1つであったが、打つ方ではツーベースを含む4安打と片鱗を見せたのはさすがであった。

試合はPL学園が11-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

注目の1回戦となりました。

しかし、初回から浜松商業打線が桑田投手からヒットを打ち、球場はどよめきました。

その雰囲気を変えたのはやはり清原選手のバットでしたね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ