高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

耳のこもる症状やかゆみは花粉症が原因?

   

耳のこもる症状やかゆみは花粉症が原因?

花粉症の症状というと、目のかゆみに鼻水といったイメージが強いですね。

ですが、耳にも症状は現れるのだそうです。

耳がこもる症状やかゆくなる症状は、どのようにして起こるのでしょうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

花粉症で耳がこもる症状や耳が痛む症状について

花粉症の人が、耳詰まりを感じるようなら、鼻の具合が悪くなっていることが多くあります。鼻と耳は耳管というものでつながっており、それが耳の内圧に影響して耳詰まりの症状を起こします。

鼻の代表的な病状は、鼻水と鼻づまりがあり、ティッシュで鼻を勢いよくかむことなどが原因で圧力がかかり、耳の内圧にも影響します。鼻と耳の両方ともこの空気の抜き方でかなり状態が良くなります。

引用元-花粉症の人がなりやすい4つの耳の症状の原因 | 健康大学

花粉症の症状で耳が痛いときに考えられる病気は、急性中耳炎が考えられます。一般的に大人はなりにくく子供がなりやすい病気と言われていますが、大人がなってしまうと重症化しやすい病気とも言われており、さらに治りにくいです。

原因としては、様々な要因が考えられますが、花粉症のときは鼻をかみすぎてしまったり、すすりすぎてしまうことです。そのため、鼻で炎症を起こしばい菌が耳管をとおって内耳に入り、急性中耳炎を引き起こしてしまうのです。

花粉症のときに鼻をかむときは、やさしくかむことを心掛け、鼻をすすりすぎないように気をつけましょう。両方一気にかむのではなく、片方ずつ呼吸に合わせるように鼻をかむといいです。

引用元-花粉症の人がなりやすい4つの耳の症状の原因 | 健康大学

花粉症で耳がこもるのは鼻水が原因?

鼻水が詰まっているときに耳が聞こえにくくなるという経験をしたことがある人がいます。
耳から空気が入ったり出たリする場所となっているので、鼻の通気性が悪くなってしまうと、耳が聞こえにくくなったりこもるというような状態になります。
鼻づまりは鼻の粘膜が腫れている状態ですが、この時に鼻腔だけではなく耳管と鼻がつながっているところも腫れてしまうこともあります。
ここの部分の通気性が悪くなると聞こえにくくなってしまいます。
聞こえにくい状態が続くときになった仕方がありませんが、正しい対処法としてはそのまま放っておくことになります。
しばらく様子を見て治らないようであれば耳鼻科を受診します。
鼻づまりが原因となって起こる異常に関しては、多くの場合花粉症や風邪が治ると同じときに改善されるようになっています。
早く聞こえるようになって欲しいからといって自己判断で対処をしないように注意をします。

引用元-鼻水で耳がこもる原因とは

耳がこもる原因はストレスであることも

耳がこもる感じがするのはなぜでしょう?

その原因を知ることが改善のためにも必要です。

耳がこもる原因のひとつがストレスと言われています。

たとえば、過剰なストレスを受けて続けることで私たちの体は自律神経が乱れてしまいます。

とくにストレスを感じる環境にいる場合には、自律神経の交感神経が優位になります。

交感神経が優位になることで常に興奮状態や緊張状態になります。

この興奮状態や緊張状態により、体内の血流が悪くなります。

この血流がわるくなることが耳がこもる原因となっているのです。

耳がこもるだけでなくストレスによって突発性難聴になったりメニエール病になる可能性もあるのです。

引用元-耳がこもる原因&治し方!聞こえない、治らない時の対処法、病気が原因の可能性も | お役立ち情報

花粉症によって耳に痒みも起こる?

1年の中で、こんなに過ごしやすい季節はないと思う春なのに、花粉のせいで目は痒いし、おまけに鼻水は出るし、メイクをしても何だかうまくのらないし憂鬱なんてことも多いはず。

春の花粉症のシーズンには、鼻水や目の痒さなどが主な症状として出ますが、意外にも多いのが、耳の痒さです。しかも、この痒さは突然襲ってくるのですが、場所が場所なだけに、手が届きにくく、人前でいきなり耳かきをするわけにもいかず、とても歯がゆい思いをします。

もともと、耳、目、鼻、喉はひとつにつながっています。涙の出口は鼻の中にありますし、耳の奥の耳管と呼ばれる、圧力を調整する部分は喉の奥につながっています。泣くと鼻水が出るし、気圧が低い所に行くと耳が変になるのでわかると思います。

花粉が飛ぶ季節に鼻や口から入った花粉は、そのまま、喉、鼻、目、そして耳の奥にまで入り、痒さを引き起こすのです。

引用元-鼻水だけじゃない!花粉症で耳の奥がかゆい時の3つの対処法 | 健康生活

花粉症による耳の痒みへの対処法とは

花粉が鼻から口から、そして耳から入ってしまい、耳管に到達してしまうと耳のかゆみが発生します。この耳のかゆみが起きないように120点満点の対策を先程お伝えしましたが、それでも耳がかゆくなってしまった。。対策をせずに耳がかゆくなってしまった。。そんなかたもいるでしょう。そんな時には少しでもあの不快な耳のかゆみを落ち着かせる対処をしましょう。
ではその対処法を順番にご紹介します。
うがいや鼻洗浄をする。
鼻洗浄やうがいに関しては、耳だけに特化した対処法ではありませんが、喉や鼻の奥に入ってしまった花粉を取り除くにはとっても簡単で、安全な対処法でもあります。喉の奥の花粉を取り除く事によって、少しは耳の中の花粉も取り除く事が出来るので、症状が緩和するでしょう。家に帰ってきたら!会社に学校に着いたら!花粉症の時期には手洗い同様にうがいと鼻洗浄も習慣にしてしまいましょう。
綿棒で優しく擦る。
綿棒の先を水で軽く濡らしてから、綿棒の先で優しく優しく耳のかゆい箇所を擦りましょう。耳の中を綿棒で冷たく冷やす事によって、かゆみを抑える事が出来るのです。
※耳の奥には決して綿棒は入れずにあくまでも耳かきをする範囲内という事を意識して擦りましょう。また強く擦ってしまうと皮膚を傷つけてしまい出血や感染症の原因になってしまうので優しく優しく綿棒を動かして擦りましょう。
マッサージをして和らげる。
耳をマッサージすると、耳のかゆみが和らぐのです。場所は耳の穴の入り口の手前の耳珠(ジジュ)と呼ばれる箇所(下の画像を参照ください)です。この箇所を優しく揉むように刺激をすると、耳の奥のどうしようもないかゆみを落ち着かせる事ができます。職場や学校でも簡単に出来るマッサージなので、綿棒が行き届かなくて困る!といった耳のかゆみにどうぞ。

引用元-花粉症で耳がかゆい!対策はこの3つ!今年は徹底ガードする | インフォトライブ

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ