高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】1回戦 伊野商業高校vs東海大浦安高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】1回戦 伊野商業高校vs東海大浦安高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会1回戦 伊野商業高校vs東海大浦安高校

四国チャンピオンの明徳義塾高校が、生徒に無関係な不祥事により大会を

辞退した。

優勝候補ナンバー1のPL学園に勝るとも劣らない戦力を持つ明徳義塾だった

だけに、非常に残念であった。

四国でその明徳義塾の次ぐ準優勝の成績を残した伊野商業であるが、関東

チャンピオンとして出場する東海大浦安高校に世間の注目は集まった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

投打の軸エース渡辺智男

春夏通じて甲子園初出場となる伊野商業。

四国準優勝の実績ながら全国的には無名なために、優勝候補との評価までは少なかった。

しかし四国大会で強打の池田高校を封じ、名将蔦監督にして四国1の速球投手と言わしめたエースの渡辺智男(後に西武)が山びこ打線を抑えた。

渡辺投手はレベルの高い高知県大会、四国大会を投げて防御率1.56という素晴らしい成績を残している。

また、打撃でも4番を打つ渡辺はバットでも4割3分3厘、4ホーマーの堂々たる成績を残した。

まさに投打の軸であるがチームはまとまっていて、3割以上が6人、4割以上が3人もいる。

1試合3点以上取って渡辺が抑える、それが伊野商業のパターンだ。

今回、明徳義塾の辞退により最後に四国から西条高校が選抜された。

しかし、伊野商業が初出場の故に代替え出場が伊野商業と見た他県の高校野球ファンも多かったという余談もあった。

関東チャンピオン登場

こちらも初出場となる東海大浦安高校であるが、昨年選抜で岩倉高校、選手権は取手二高校が活躍している関東代表なだけに注目度は高い。

関東大会の頂点に達した最大の勝因は何と言っても攻撃力に尽きる。

チーム打率が3割6分4厘と打ちまくったが、中でも注目は4番の佐久間(後に巨人)だ。

打球の速さはスカウトの視線を集め、打率は5割2分4厘、12ホームラン。

関東での異名は左の清原である。

また、クリーンアップの破壊力は凄まじいものがあり、1試合平均得点は8点を越える打線の象徴となっている。

エースとなる軸の投手というよりは、3人のピッチャーで相手をかわす。

桑田と清原に挑戦したいと意気込む東海大浦安ナインの目標はかなり高い。

1回の攻防

1回の表、伊野商業は相手先発の伊藤に簡単にツーアウト。

しかし3番笹岡がセンター前にヒットで出塁すると、打席には投打の大黒柱の渡辺。

渡辺は伊藤のストレートを一振りすると、打球はセンターバックスクリーンに飛び込む130メートル級の大ホームランとなった。

試合前は東海大浦安の攻撃力に注目が集まっていただけに、この1発で球場の雰囲気は一変した。

その裏、東海大浦安もツーアウトランナー1塁として4番の佐久間がレフト線にタイムリーツーベースを放って1点を返した。

互いに点を取り合った初回であったが、この後は互いの投手が踏ん張り中盤へ向かった。

渡辺のワンマンショー

2-1のまま中盤に入ったが伊野商業が圧しているのは明らかであった。

6回の表、伊野商業はツーアウトランナー2塁から福本淳のタイムリーヒットで1点を追加すると、その裏、に渡辺が佐久間から三振を奪うなど完全に伊野商業のペースになった。

9回の表、伊野商業はワンアウトランナー2塁から代打の久保が左中間にタイムリースリーベースヒット。

その後にトップの中妻にタイムリーが飛び出してこの回2点を追加した。

初回、中盤、終盤と得点を重ねる伊野商業の試合運びは初出場とは言えやはり野球処である四国代表と思わされた。

渡辺投手は前評判の高かった東海大浦安打線を6安打1失点に抑える好投をみせた。

そして先制の1発が東海大浦安ナインを沈黙させた。

試合は渡辺の大活躍により5-1で伊野商業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

この時代の四国代表は初出場としても不気味なくらいレベルの高いチームばかりでしたね。

渡辺投手、終盤は打たれる気がしませんでした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ