高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

脇の下の腫れやリンパが痛い原因とは?

      2016/05/29

脇の下の腫れやリンパが痛い原因とは?

脇の下はリンパ液が通るリンパ管が集約されたリンパ節があります。

何らかの原因でリンパ液の流れが停滞し、脇の下にあるリンパ管が腫れ

たりすることによって、痛いと感じることもあります。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

脇の下はリンパ液の流れの要所

→頭に向かった血液が下に戻ってくる時の流れの要所。

→脇の下周辺は「リンパ節」がたくさんあって、リンパ液の流れの要所。

→腕に向かう血管が通っていて腕の血液循環の要所。

 

脇の下の流れが詰まってしまうと、上の流れが全て停滞してしまいます。

 

特にストレスやデスクワークなどに当てはまる人に多い”頭痛”や”眠りの浅さ”などは、

脇の下が詰まることで頭に向かった多くの血液が、

頭から血液が戻ってきづらくなっていることが本当に多くあります。

 

そのために、

いくら寝ても疲れが取れなかったり、気分転換もうまくいきずらくなるのです。

 

川などでも流れによどみがある場所ほど、堆積物が溜まりますよね。

それと同じで、腕や頭から多くの流れがある脇の下が詰まると、

多くの老廃物もここでトラップされて肩周りの炎症の要因にもなってきます。

 

炎症というのは、老廃物を強制的に処理するためのひとつの身体の働きです。

肩こりや肩の動きの悪さ、腕の違和感などが脇の下の流れで起こることが分かると思います。

引用元-脇の下を緩めると血液もリンパもよく巡る!!|Feelings 日暮里整体院コラム | 身体が変わる視点

脇の下のリンパの腫れの原因について

脇の下にはたくさんのリンパ節があります。全身に通っているリンパ管にはリンパ液が流れており血液からの老廃物を運びます。

脇の下や頸部に多くあるリンパ節では細菌やウイルスなどを排除する働きがありますが、そのためにリンパ液がたまりしこりとなることがあります。リンパ節の腫れによるしこりはやわらかく、押すとぐりぐりと動きます。

風邪を引いた時や体調のよくない時にはリンパ節が腫れやすくなります。元の病気が治ると自然にしこりもなくなります。

 

また、リンパは首にたくさん通っていることが知られており首のリンパも腫れて痛みを感じることがあります。

引用元-脇の下のリンパが腫れる5つの原因!しこりが痛くないときは病気かも?

脇の下のリンパが痛いのは病気?

1,リンパの流れの悪化

風邪
ストレス
運動不足
疲労
冷え
肩こり
などで、リンパの流れが悪化してしまうと、
一箇所に溜まってしまいそれが
神経を圧迫し痛みが出る場合があります。

リンパが溜まっている部分は指で押すと
ゴリゴリするので、その場所をしっかりと
もみほぐしてあげると良いです。

2,モンドール病

モンドール病は血管が炎症を起こす病気ですが、
自然に治ってしまう場合がほとんどです。

もう少し詳しく説明すると血管が
よりあつまったような形となり、
それが炎症を起こし硬くなっている
という状態の病気です。

経過観察だけで問題がない病気ですが、
女性の場合は乳がんを併発する可能性が
わずかにあるので、念の為に検査を
される事をおすすめします。

引用元-脇の下のリンパが痛い原因とは?病気?何科に行けばいい? – ワクワクログ

女性の場合脇の下が痛い症状で乳腺症も考えられる

脇の下が痛むので、乳がんを心配して医療機関を受診した方が、医師から「乳腺症」と言われるケースは多いようです。医師としては「乳がんではなく、乳腺症です」と説明しているのですが、患者の方では「乳腺症って、乳がんの前兆でしょ」と理解してしまいます。

この2つはまったく別の病気です。そこでまず、乳腺症をみてみましょう。

乳腺症とは?

「乳腺」は、母乳を作り、母乳を体の外に出す臓器です。母乳は「乳腺」から「乳頭」に届きます。赤ちゃんは「乳頭」を吸って、母乳を飲むことができるのです。

その「乳腺」に異常が起きる病気を総称して「乳腺症」といいます。

「嚢胞」や「「乳管乳頭腫症」も乳腺症である

乳腺症に含まれる病気のひとつに「嚢胞(のうほう)」があります。これは、乳腺に液体が詰まった袋状のものができてしまう病気です。「嚢」は「ふくろ」という意味です。

また「乳管乳頭腫症(にゅうかんにゅうとうしゅしょう)」は、細胞が過剰に増えてしまい、それが乳頭から漏れ出てくる症状を引き起こします。

そのほか、乳腺症に含まれる病気は10種類近くあります。

乳がんではない

乳がんも、乳腺に異常を起こしますが、「乳がん」は「乳腺症」には含まれないのです。乳がんが疑われた場合も乳腺が疑われた場合も、同じように乳腺の細胞を採取して、顕微鏡で、がん細胞が含まれていないかどうか調べます。

このとき、がん細胞が1個でも見つかったら、もう「乳腺症」とは呼ばずに、「乳がん」と診断されるのです。

引用元-脇の下が痛いのは病気?乳腺で起きる炎症について | Hapila(ハピラ)

男性の場合脇の下が痛い原因は?

帯状疱疹!
 
体の免疫が下がっている時やストレスで帯状疱疹を発症してしまう人がいます。
帯状疱疹は体の半身(右半身または左半身)に発症することが特徴で、
腕の付け根や脇腹にピリピリした痛みを初期症状として感じます。
 
帯状疱疹は水疱瘡のウィルスが原因で発症します。
初期段階では筋肉痛のようなピリピリした痛みのみですが、
その後、水ぶくれが出来てくるため、帯状疱疹と判別できます。
 
リンパ節炎!
 
脇の下にはリンパ節があり、細菌やウィルス感染を起こした場合、
脇の下のリンパ節が腫れ、痛むことがあります。
 
リンパ節炎は、体の免疫反応の結果によるものなので、
通常では体の免疫が徐々に感染源を駆逐することで数日以内に治まります。
 
細菌性リンパ節炎の場合は抗生物質が有効であるため、
医療機関で処方してもらうと治癒も早くなります。
 
男性では乳癌を疑う人は少ないと思いますが、
リンパ節にしこりがあり大きくなっていく場合は
 
悪性リンパ腫である可能性があるため、数日たっても脇の下の
リンパ腺の異常が収まらない場合は医療機関を受診しましょう。

引用元-脇の下が痛い男とは?

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ