高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

耳の下のリンパが痛いのは風邪?考えられる病気とは?

      2016/11/07

耳の下のリンパが痛いのは風邪?考えられる病気とは?

耳の下に感じるリンパの痛みは、

風邪を引いた時などに起こることが多いです。

リンパが痛い時に考えられる他の可能性とは?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

リンパとは?

まず、リンパとは「リンパ管」「リンパ液」「リンパ節」から形成されています。「リンパ管」は、体内に張り巡らされている血管に沿うようにして網の目のように張り巡らされています。「リンパ液」とはその「リンパ管」を流れています。

「リンパ管」は、血管からしみ出した血漿(けっしょう)と呼ばれる栄養源を回収するのですが、同時に老廃物や細菌なども入ってきます。そんな時にフィルターの役目をしているのが、こぶのような形をした「リンパ節」です。

体内に約800個あるといわれるリンパ節ですが、それを通る度、リンパ液の中の異物がろ過され、浄化されたリンパ液は、心臓に戻っていきます。リンパ節のもう1つの役割は、細菌やウィルスなどを撃退し、感染から体を守ることです。細菌やウィルスを撃退するのは、白血球の一種である「リンパ球」です。

この「リンパ球」(B細胞)は、骨髄で作られ成熟した後、骨髄を出て、リンパ節を通り熟成し増殖していきます。このリンパ球が細菌・ウィルスと戦っている時、リンパ節が腫れたり、シコリができたりするのです。ただし、悪性腫瘍の場合でもリンパ節が腫れることがるので、注意が必要です。

耳の周囲にあるリンパ節は、耳下腺リンパ節と呼ばれ、耳下腺部の表層に位置するリンパ節群です。耳の前あたりから首筋にかけて多く点在しています。

引用元-耳の下が痛い原因は?病気やリンパとの関係について | Hapila(ハピラ)

耳の下のリンパが痛い時に考えられる中耳炎について

中耳炎

喉や鼻などの気管から入った細菌が、耳へと侵入したことにより引き起こされる病気です。

下記4種のパターンがありますが、子供の場合ですと風邪などが原因で起こる事があるそうですね。

そういえば筆者も小さい頃風邪を引くと、耳の下が痛んだ経験があります。

急性中耳炎

その名の通り、突然中耳に炎症が起こる病気です。
多くの場合は、インフルエンザやアデノウィルス感染症などの風邪をきっかけに引き起こされる病気で、細菌やウィルスが原因となります。
前述したリンパの腫れの他、耳垂れなどの症状がみられることも。
免疫力のない子供がかかりやすく、特に集団行動をする保育園に通う低年齢の子供はなりやすいと言われています。
滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

粘液が溜まってしまい、耳の聞こえが悪くなってしまう病気です。
鼓膜の奥にある中耳に滲出液ガ溜まり、耳がつまっているような症状の耳閉感や、難聴、耳鳴りなどの症状が見られます。
急性中耳炎を繰り返した子供がなりやすいようで、0歳から3歳までの子供が発症する傾向にあるようです。
子供がこの症状に気が付いたり訴えることができず、病気が発見されにくいそうです。
音が聞こえていないようでしたり、テレビの音が大きかったりするようでしたら注意が必要です。
慢性中耳炎

その名の通り、長い期間中耳炎の症状が続く病気です。
中耳炎の症状を治療せずに放っておくと耳垂れが慢性化し、聞こえにくくなる場合もあります。
真珠腫性中耳炎

名前に真珠がありますが、鼓膜に穴が開いてしまう病気です。
中耳炎が長引き、炎症が中耳の奥にある骨(乳突洞)や上鼓室まで広がります。
更に中耳の換気の状態が悪い場合に、この真珠腫性中耳炎が発症すると言われています。

引用元-耳の下が痛い!リンパが腫れる原因と病気をご紹介! | はっぴいtopics

耳の下のリンパは虫歯で腫れることもある?

忙しかったり、あまり痛くないといって虫歯を放置していませんか?

放置していると、次第に虫歯は酷くなり、歯茎、リンパ腺が腫れるなどの症状がでることがありますので、そうなる前に歯科で治療を受けましょう。

また、口の中のトラブルとして多いのが口内炎!傷口から菌が入り込み、炎症が悪化すると、首周りにあるリンパ腺(頸部リンパ節))が腫れを引き起こすがあります(頸部リンパ節炎)。

そこで口内炎にならないように、以下の事を日頃から気をつけましょう。

リンパ腺の腫れ原因になる口内炎を予防する方法

ビタミン類を毎日摂取する

皮膚や粘膜を強くするビタミン類を日々の食事で心がけましょう

口の中を噛まないようにする

慌てて食べると誤って口の中を噛むことがあるため気をつけましょう

食べたら歯磨きをする

菌を繁殖させないために毎食後は歯磨き、マウスウォッシュ等で口の中を清潔に保つようにしましょう!

通常自然治癒する口内炎とリンパ腺の腫れですが、なかなか治らない場合は、耳鼻咽喉科、皮膚科、口腔外科などに相談するようにしましょう!

引用元-リンパ腺の腫れが示す7つの病気の兆候と対処法 | ライフスタイルNext

耳の下のリンパが痛い時は何科を受診すればいい?

風邪の症状と共にリンパ腺の腫れや痛みが表れた場合は、内科、もしくは耳鼻咽頭科を受診されてください。

風邪以外の症状でリンパ腺が腫れた場合も、基本的には耳鼻咽頭科で相談された方が確実です。

 

ただ、リンパ腺の腫れが引かず痛みのない悪性腫瘍の場合は、外科手術が必要になることもあるので、多岐に渡る治療が受けられる総合病院へ行かれるといいでしょう。

引用元-耳の下が痛いし腫れた!【リンパのせいだけじゃありません】 | ヘルスケアPOCKET【病気の症状・原因・治療法を解説】

リンパ節の腫れについて

血管の中を血液が流れていることは誰でもご存知だと思いますが、
血管とは別に体にはリンパ管があり、中ではリンパ液が流れています。
 
 
リンパ液は腸から染み出た脂肪を運んだり、血液から出た余分な水分を回収する役割があります。
 
 
 
そして、リンパ管の中にはリンパ節と呼ばれるろ過装置のようなものがあります。
 
 
このリンパ節はリンパ管の中を流れているウイルスや菌などの外敵をせき止め、
これらの菌と戦う役割を果たしています。
 
 
この時にリンパ節は腫れ上がり、皮膚の上からも腫れやしこりとして認識できるのです。
 
 
 
体の表面に近い場所でリンパ節が集中している場所が、
わきの下や耳の前後、首筋、足の付け根なのです。
 
 
 
ですので、耳の下が腫れてしまうということは、
リンパ節が腫れて炎症を起こしてしまっている状態ということが考えられます。
 
 
 
特に風邪をひいたときやケガをした時などは細菌やウイルスが体内に侵入している可能性がありますので、
リンパが腫れやすく、耳の下が腫れてしまうということが起きてしまうのです。
 
 
ただ、けがや風邪などでリンパが腫れた場合、
時間の経過と共に腫れは引いていき、腫れやしこりは確認できなくなります。
 
 
しかし、とびひや扁桃腺の腫れ、口内炎などにより細菌が継続的に体内に侵入している状況では、
耳の下の腫れが続いてしまう可能性がありますので、
そのような場合は抗生物質を処方してもらう必要があります。

引用元-耳の下が腫れて痛い!大人で考えられる原因は?何科で受診すればいいの? | リレの生活知恵袋

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ