高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】1回戦 東北高校vs堅田高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】1回戦 東北高校vs堅田高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会1回戦 東北高校vs堅田高校

初出場の滋賀県代表、堅田高校に対して宮城県代表の東北高校は

10回目の出場となる。

増してや東北高校のエース佐々木投手は、前年夏の選手権でも2勝

をあげる好投を見せている。

方や初陣、方や名門の場合、モチベーションの違いは何か?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

堅田旋風を巻き起こせ

滋賀県から初の甲子園への切符を手にした堅田高校は、これまでの滋賀県代表とは一風変わったイメージのチームである。

滋賀県代表というと比叡山高校や瀬田工業という粘りのあるチームがイメージ的に強いが、この堅田高校は打力をプラスされた攻撃的なチームである。

秋の成績を見ていてもチーム打率は3割5分を越えていて、完封敗けは1度も無い。

4割以上のアベレージを残した選手が3人もいて、堅田打線を抑えるのは簡単では無い印象がもたれた。

特に4番の馬場か注目の一人。

4割4分6厘の打率に7ホームラン。

そして4番ながらチーム1の16盗塁という俊足ぶりを見せている。

あとは防御率1.98のエース板本と中心になり、初の甲子園で暴れたい。

東北の1番星に

前年春の選抜大会において、岩手県代表の大船渡高校が初出場でベスト4に進出した。

すると夏の選手権大会では秋田県代表の金足農業が初出場でベスト4に進出する快挙。

共に初出場であったにもかかわらず、県勢初の準決勝進出を果たして東北の星となった。

この大会で東北の星となれる高校は何処か。

チャンスはどの東北のチームにもありが、1番手はこの東北高校だろう。

前年夏、金足農業の躍進の陰で東北高校は2勝をあげて3回戦まで進出している。

その3試合全てを投げきった2年生投手の佐々木(後に横浜~)がエースとなっているのは大きな財産である。

その佐々木投手が新チーム結成以来、腰痛に悩まされた。

リハビリテーションしながらの秋の戦いとなったが、防御率1.01とは見事であった。

秋の東北大会では不調の佐々木に代わり、2番手投手の葛西(後に阪神)が活躍してこちらも防御率1.72という素晴らしい成績を残した。

厚みを増した投手力でみちのく旋風を巻き起こしたい。

経験値の差

東北大会では不調の佐々木投手であったが、甲子園に来たら調子は鰻登り。

1回の表の堅田の攻撃を三者凡退に抑える完璧な立ち上がりを見せた。

その裏、東北高校はワンアウトから2番村瀬がツーベースヒット、続く3番田中がフォアボールで歩いてランナー1、2塁とチャンス。

しかし堅田エース板本が後続を連続三振に抑えた。

2回の裏、東北は熊谷がフォアボールで出塁したあと、浜田の送りバントをキャッチャー大西が悪送球してランナー2、3塁のチャンス。

ここで岩淵がスクイズを決めて先取点を奪った。

続く長瀬の時にパスボールで追加点をあげると、吉田のヒットと村瀬の犠牲フライで一気に3点を先制した。

これで楽になった佐々木は堅田打線を手玉に取っていく。

強い東北高校

4回の表、堅田は2番竹内がチーム初のヒットを放ち、ツーアウトランナー2塁とする。

しかしここも佐々木が冷静に後続を凌ぐ。

さすが前年2勝をあげているだけある。

堅田エース板本投手もその後は東北打線を抑えていたが、少ないチャンスを物にするのが経験値の差であろうか。

6回裏、東北はツーアウト満塁と久しぶりのチャンスを作る。

ここでツーベースヒットに犠牲フライと当たっている2番村瀬がライト前にタイムリーヒットを放って2点を追加した。

堅田も7回、9回とツーベースヒットを打つものの後が佐々木投手にしっかり抑えられてしまい、痛恨のシャットアウト敗けを喫した。

試合は東北高校が5-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

佐々木投手、3安打完封とは見事でした。

前年夏の登場以来、佐々木投手の東北高校は3回の甲子園で全て2勝以上をあげています。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ