高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

リンパ腺の腫れ?あごにしこりがある時に考えられる病気とは?

      2016/06/05

リンパ腺の腫れ?あごにしこりがある時に考えられる病気とは?

あごの下にしこりがあるような感覚がある場合に、

考えられる病気とは何なのでしょうか?

リンパ腺の腫れなど、可能性を探ってみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

あごの下のしこりはリンパ腺の腫れであることが多い

顎の下にしこりがあるのを発見すると、怖い病気ではないかととても不安になりますね。しかし、そのほとんどはリンパ腺の腫れによるものです。

首にはリンパ腺が集まったリンパ節がいくつもあります。リンパ腺に細菌が侵入するなどして炎症を起こすとリンパ節が腫れます。

 

顎の下にある顎下リンパ節は風邪や歯の炎症(虫歯や親知らずの痛み)、ストレスなどから腫れることが多いです。

原因に思い当たる場合は、まず原因治療から行いましょう。風邪が治ると自然に腫れは引きます。そして虫歯や親知らずの治療が進むと腫れが引いていく場合も問題ありません。

 

ストレスが原因の場合は判断しかねますが、しこりが大きくなったり、他に発熱や倦怠感や体重減少などの症状があったり、痛みが増していくといったことがなければ問題ありません。

生活リズムを見直し適度な運動をするなどしてストレスを解消しましょう。

引用元-顎の下のしこりが痛い!考えられる5つの原因とは?

あごの下のリンパ腺の腫れについて

首(あごの付け根)のリンパが腫れることはよくあることである。特に小さい子供では腫れると目立つことから、首のリンパを特に気にしがちである。
首のリンパは皮下の浅い所にあるリンパ節であり、大きさは米粒大ぐらいであることから、病気で腫れていなくとも、外から触れることも多々ある。そもそもリンパ節が腫れるのは、最近が体内に侵入し、それを退治する働きをしているからである。ことに首のリンパについて言えば、のどや虫歯など頭部からウイルスが侵入してきた場合でも、首のリンパ節が腫れる場合もある。子供が首のリンパを腫らすときは、頭部の湿疹や風邪が原因となることが多い。リンパが腫れると大きくなるだけでなく痛みを伴う場合もある。首のリンパの腫れの痛みが酷いと、あごを動かすのもつらくなり、食事に支障が出る場合もある。あまり大きくなったり痛みが酷い場合は抗生物質を処方してもらうことが必要となる。場合によっては切開し、直接膿を出すなどの処置が必要となる場合もあるので、リンパが腫れて気になるのであれば、早めに医師に診てもらうことが寛容となる。
リンパ節が腫れる原因には悪性の腫瘍(悪性リンパ腫)などの可能性もある。やっかいなことに、リンパががんで腫れている場合、痛みはあまりないことから、発見が遅れると全身に転移してしまうことになる。この他に首のリンパが腫れる病気としては、「亜急性壊死性リンパ節炎」という数ヶ月腫れる病気も存在する。

引用元-リンパの腫れの原因と症状

あごの下のリンパの腫れと腫瘍について

よくある症状としては、風邪や疲労による免疫力低下などが原因によるリンパ腺の炎症で、しこりが確認できることがあります。疲労やストレスなどで免疫力が低下していると、雑菌による炎症でリンパ腺が腫れ、痛みやしこりといった症状が引き起こされることがあります。また、顎の周りの筋肉が凝ることによっても、顎の下のしこりとして現れる場合があります。

怪我などの外部損傷によりリンパ腺に雑菌が侵入し炎症を起こして腫れたり、大きめの膿んでいない吹き出物であったり、虫歯などで口内が腫れた場合に皮膚の上からしこりとして感じる場合もありますので、虫歯や怪我、風邪や体力低下などの自覚がある場合は、そちらの治療をしてみるのも良いでしょう。

良性の腫瘍によるもの

非常に不安させるしこりですが、良性の腫瘍によって引き起こされる場合もあります。

代表的なものに、体液などが袋状にたまり腫瘍となる【ガングリオン】や、垢や皮膚といった老廃物が皮膚の内部に溜め込まれてしまってできる【粉瘤-ふんりゅう-(アテローマ)】、なんらかの原因で一部分の脂肪細胞が増殖しておこる【脂肪腫】などがあります。

悪性の腫瘍によるもの

一時的なものや良性の腫瘍であればいいのですが、悪性の腫瘍によって顎の下のしこりが現れる場合もあります。悪性の腫瘍というのは、一言で言ってしまえば【がん】です。いくつかあげると、全身をめぐる血液のがんと言われる【悪性リンパ腫】、唾液腺にできる腫瘍【唾液腺腫瘍】、顎の下にできることは非常に稀ですが【脂肪肉腫】などがあります。

腫瘍が原因以外のものにも、甲状腺の病気などでしこりが現れることがあります。

引用元-顎の下のしこりの原因を紹介!痛みがある場合は病気? | Hapila(ハピラ)

あごの下の腫れでリンパ腺の腫れではない場合

顎下腺は顎の両側直下にある唾液腺のひとつです。顎下腺が腫れる病気で一番多いのが、唾石症です。顎下腺は産生される唾液が石ができやすい成分であり、唾液を排出するための管(ワルトン氏管)が長くやや上向きになっていることや、排出孔(開口部)も狭いことなどから、唾液ができてから排出するまでの通路に唾液が停滞しやすく、唾石ができやすい状態にあります。

唾石ができて顎下腺からワルトン氏管の開口部までの狭い部分に詰まると、詰まったところより奥に唾液が溜まります。すると、唾液が溜まったところが腫れて、痛みが出ます。肉眼的にみても顎の下が腫れているのがわかります。食事をすると唾液の分泌が増えるので、痛みや腫脹が増強しますが、食後しばらくすると症状が緩和するのが特徴です。

治療は基本は唾石を取り除いて、唾液の流れをよくすることで、口の中から届く範囲にある唾石は口腔内を切開して除去します。場合によっては、全身麻酔の手術になります。

引用元-首の腫れの原因は?腫れを伴う病気の症状や治療、首のリンパの腫れの4つの解消法を紹介|welq [ウェルク]

あごの下の腫れから考えられる細菌性顎下腺炎

そのほかで顎下腺の腫脹を起こす病気としては、細菌性顎下腺炎があります。口腔内はもともといろんな細菌が常在している部位なのですが、虫歯や歯周病、口腔内の乾燥や炎症が原因で細菌が増生すると、唾液の流れに逆らって、細菌がワルトン氏管から顎下腺まで及んで感染症状を起こします。強い疼痛や腫脹、皮膚の発赤などです。治療は抗生剤の内服や点滴です。また、耳下腺のおたふくかぜについて前回説明しましたが、顎下腺にもおたふくかぜの症状も出ることがあります。症状や治療については耳下腺に起こったおたふくかぜと同じです。

引用元-くびのおはなし | 鹿児島 耳鼻科の耳鼻咽喉科ミック

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ