高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】1回戦 横浜高校vs倉敷商業高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】1回戦 横浜高校vs倉敷商業高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会1回戦 横浜高校vs倉敷商業高校

この大会は西高東低と言われるくらい、ここまで関東勢が敗れている。

熊谷商業、秀明高校、そして有力と言われた東海大浦安や国学院久我山

まで1回戦敗退。

前年は春も夏も東日本のチームが優勝しているだけに、横浜高校に期待

がかかった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

エースで4番

この大会から5年前の選手権大会において、愛甲投手を中心に全国制覇を成し遂げた横浜高校が甲子園に帰ってきた。

この大会の横浜高校もエースで4番の相川(後に大洋)を中心とした大型チームであり、優勝戦線に絡む自信を持っている。

投手として140キロを越えるストレートを投げ、打っては4割8分2厘という素晴らしい成績を残した相川。

チームも相川に引っ張られるように神奈川県大会、関東大会で打ちまくり3割6分という高いチーム打率を計上している。

大型チームの脆さで完封負けがあったり、少々失点が多くて防御率が2.48であったエース相川投手であるが、横浜高校がはまった時の実力は関東で指折りだ。

中国地区からの刺客

前年夏の選手権大会で岡山南高校がベスト8に進出し、岡山県内は大いに盛り上がりを見せた。

初出場となった倉敷商業も、その岡山南効果でレベルが格段に高まった。

この年代も優勝候補は岡山南と言われ、続くのが倉敷工業、倉敷商業、関西高校という面々であったが、倉敷商業はその3チーム全てから勝ち星をあげている。

中国大会でも広島工業に快勝し、敗れたものの優勝した宇部商業と互角の試合を展開している。

その原動力はなんと言ってもエースの田中。

田中は16試合に登板して12試合を完投している。

それでいて1.70という安定感のある成績を残したのは紛れが無い証拠だろう。

チーム打率は3割ちょうど位と決して高い方では無いが、犠打が非常に上手くて少ないチャンスを確実に得点する野球を展開する。

初の甲子園で目指すは1勝。

新しい歴史作りに余念は無い。

強い横浜が帰ってきた。

1回に両者無得点であったが、2本のヒットを放った横浜に対して倉敷商業は三者凡退。

この初回の攻防が試合の流れに繋がった。

2回の表、横浜は6番戸谷のツーベースヒットでチャンスを作ると続く中山、星野に連続ヒットが飛び出して先取点をあっさり奪った。

9番山田が送りバントを決めてワンアウトランナー2、3塁とするとトップの島崎がレフト前にタイムリーヒットを放って2人が生還し、横浜高校はこの回3点をもぎ取った。

その裏、ツーアウトから6番谷が記念すべきチーム初のヒットを甲子園球場で放ったが、ホームを踏むには至らなかった。

横浜は4回表にヒットで出塁した星野が盗塁で倉敷内野陣をかき回し、チャンスを作るとトップの島崎が犠牲フライを放って4点目を追加した。

チャレンジ優勝へ

5回裏にようやく2本目のヒットが生まれた倉敷商業であるがツーアウトから。

後続が断たれてホームが遠い。

7回裏にワンアウトから宮原、谷が連打を浴びせてチャンスらしいチャンスを作るが、板倉がライトフライ、代打の大森が三振に倒れた。

横浜は8回表にワンアウト満塁から4番相川がスクイズを決めて追加点をあげる。

これでさらに力の抜けた横浜高校は石崎、戸谷に連打が生まれて2人がホームを踏み入れ、ダメ押しの追加点を奪った。

相川投手は腰痛が懸念されていたが、全くそれを感じさせない素晴らしいピッチングを展開し、倉敷商業打線に対して5本のヒットしか許さなかった。

横浜打線も11安打で7得点と、力強い攻撃を見せた。

投打が噛み合った横浜高校が7-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

関東の強豪らしい強い勝ち方を横浜は見せてくれましたね。

この試合で一気に隠れ優勝候補に名乗りをあげた横浜高校でした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ