高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】1回戦 広陵高校vs東海大五高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】1回戦 広陵高校vs東海大五高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会1回戦 広陵高校vs東海大五高校

この大会は奈良県からの出場が2校、そして福岡県からの出場も2校

である。

奇しくも組み合わせ抽選会において、奈良県vs福岡県という対戦が

それぞれ決まった。

初日に天理に完封で敗れた福岡県の東筑高校の分を、東海大五は

自慢の強打で得点したい。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

広陵は広陵でも奈良県

高校野球ファンからすれば、広陵と言えば真っ先に広島県代表の広陵高校を頭に思い浮かべるだろう。

その名門の広陵に追いつけと、奈良県の広陵高校が新しい歴史作りに奮闘している。

奈良県と言えば名門天理高校と智弁学園の2高校がし烈な争いを魅せている。

だが、この広陵は粘りの野球で食らいつき、その2高校と五分の戦いを見せた。

1-3と天理には惜敗したものの、智弁学園には7-5で打ち勝ち、近畿大会へと駒を進めた。

近畿大会においても臆する事なく戦い、京都西高校に6-2と快勝する。

続く2回戦で堅田高校にも4-2と危なげなく勝利してベスト4進出を果たし、選抜当確圏内に入った。

甲子園でも粘りの野球を見せたい。

九州ナンバー1の強打

強豪揃いの東海大系列高校であるが、またしても東海大附属高校から注目のチームが初出場を果たした。

九州大会で準優勝した東海大五高校である。

エースとクリーンアップの4人が180センチの身長を越えている事にプラスして、チーム打率は九州ナンバー1の3割5分。

それだけに破壊力も一際目立っている。

特に注目は4番の森山。

監督、全チームメイトから厚い信頼を持たれる打率は4割4分6厘。

ホームランも9本放っていて、PL学園の桑田投手との対戦を希望しているほどである。

また、投手陣は3人とも防御率が1点台とレベルが高い。

エースの中川は強打で名の知れた津久見高校を完封している。

完封負けが考えられない打線と安定感抜群の投手陣で、狙うは初出場で初優勝である。

広陵のワンサイドゲームへ

互いのエースが立ち上がりから持ち味を発揮して2回終わってスコアレスであった。

試合が動いたのは3回表、広陵はフォアボールで出塁した山本が盗塁を決めた後に1番露野が送りバントでランナーを3塁に進めた。

すると2番西浦の内野安打の間にあっさり先制点を奪った。

広陵は4回表にも川原、郷原の連続ヒットの後を土田が送りバントで進塁させると、7番伊勢にレフト前タイムリーが飛び出して2点を追加した。

4回裏、広陵エース川原はリラックスしたのか東海大五打線をこの試合初めて三者凡退に抑えた。

こうなると広陵ペースは間違いない。5回表には川原自らタイムリーツーベースヒットを放ってさらに追加し、5-0とリードを広げた。

東海大五のワンサイドゲームへ

初出場同士の戦いはまだまだわからない。

5回裏に東海大五は先頭のピッチャー中川がツーベースを放って自らチームを鼓舞する。

すると続く小西がセンター前にタイムリーヒットを放って1点を返すとベンチに火が着いた。

富田がセンターオーバーのスリーベースを放つと、木下のフォアボールを挟んで大神がライト前、藤原、松田、森山が連続でセンター前にヒット。

続く熊添もレフト線にツーベースを放つと、再び中川がセンター前ヒットを放つ恐怖の連打攻撃をお見舞いした。

東海大五は打者一巡の猛攻で一気に10得点を奪った。

続く6回裏にもツーアウトから連打でまた1点を追加すると、球場内には悲鳴のような声も鳴り響いた。

この1点がまさにダメ押しの追加点となり、試合は決まった。

初出場同士の戦いは東海大五高校が11-4で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

広陵高校は11安打4得点と、東海大五の防御率1点台ピッチャーを打ちましたが、東海大五打線の18安打11得点の強打に屈しました。

東海大五の破壊力を見せつけた試合になりました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ