高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】1回戦 帝京高校vs広島商業高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】1回戦 帝京高校vs広島商業高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会1回戦 帝京高校vs広島商業高校

第57回センバツ大会の1回戦は早くも16試合目になった。

言わば1回戦最後の試合、それは初戦屈指の好カードで締め括る名門

対決となった。

帝京も広島商業も古豪、強豪、名門とどれも当てはまる有力同士。

試合は高校野球ファンを楽しませるものとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

伝統復活へ広島商業

1982年夏の選手権大会で準優勝した後、名門広島商業の成績はやや低迷期を迎えている。

準優勝の翌年も春夏連続出場して優勝候補に上げられたが、春は1回戦敗退、夏は2勝したが3回戦で敗れ、優勝候補としては物足りない成績に終わった。

さらに翌年は選抜出場が叶わず、夏は連続出場を果たしたものの1回戦で姿を消してしまった。

これでは名門広商野球の名に恥じると、この年は捲土重来の思いで甲子園にやってきた。

広島県大会では決勝て広島工業に1点差で敗れた。

しかし中国大会でその広島工業が初戦敗退に喫したのに比べ、広島商業は準優勝という好成績を収めた。

4割近いクリーンアップを揃え、伝統の小技もある。

秋の成績のうち黒星は3個だけであり、いずれも接戦の末である。

広島商業の伝統を引き継いだ野球を甲子園で復活させたい。

関東屈指の実力校

2学年前に打力で春夏連続出場を果たした帝京高校であるが、春は優勝した池田高校に大敗、夏はベスト8の宇部商業に逆転サヨナラ負け、と辛酸を舐めた。

当時は打力を前面に押し出したチームであったが、やはり絶対的なエースの存在の大きさを噛み締めた帝京はこの年代にそれを補うことに成功した。

背番号1の小林昭則(後にロッテ)はレベルの高い東京大会を投げ抜き、防御率1点台をキープした安定感抜群のエース。

打たれそうで打たれない典型的なタイプである。

この小林が打っても5割2分4厘8ホーマーという驚異的な成績を残したが、他のメンバーも強力で4割以上のバッターがずらり6人も並ぶ。

チーム打率はあの山びこ打線を彷彿させる3割9分6厘と驚異的だ。

前田監督にして上位進出の自信は2学年前と比較にならないだろう。

予想のつかない戦い

打撃戦に持ち込めば帝京有利、接戦に持ち込めば裏攻撃の広島商業が有利となるだろう。

そのような両者の持ち味を予想するしか出来ないほど展開の読めない試合であった。

ただ、1点、2点差のまま終盤に入ってもこの対戦なら試合はわからない、というのは高校野球ファンから理解されるだろう。

試合は1回の裏に広島商業がツーアウトランナー1、2塁のチャンスを作るが無得点。

対して帝京は2回の表にワンアウトランナー2塁と攻めたが後続が内野ゴロに倒れて無得点に終わった。

互いに1回、2回と三者凡退に終わらないところがさすが実力の片鱗と見受けられた。

好ゲームの行方

3回表、帝京は先頭の9番野口がセンター前ヒットで出塁すると、河田も内野安打で続いた。

2番矢頭が送りバントを決めてランナー2、3塁と大チャンスを迎えると打順はクリーンアップへ。

すると3番大宮が期待に応えてセンター前に先制のタイムリーヒット。

4番の関も三遊間を破るタイムリーヒットで続き、帝京は2点を奪った。

このあとのチャンスは広島商業エース伊藤に抑えらた。

先制点をもらった帝京マウンド小林昭則は変化球の制球が素晴らしく、広島商業に的を絞らせない。

このあと、両エースが相手打線を寄せ付けずに投手戦に入った。

帝京は6回に3本のヒットを放つが、追加点を奪うことは許されなかった。

それ以上に小林のピッチングは圧巻の一言。

シングルヒット3本に抑え、10奪三振という見事な内容で広島商業にらしさを与えなかった。

名門対決は帝京高校が2-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

帝京高校が際立っていた、というならば小林投手のピッチングに尽きますね。

また、帝京ナインは非常にムードが良く、試合運びも広島商業のお株を奪っていました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ