高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】2回戦 津久見高校vs天理高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】2回戦 津久見高校vs天理高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会2回戦 津久見高校vs天理高校

1回戦の勝ち方が正反対の2校の激突。

打撃力で勝った津久見と投手戦を制した天理。

試合は試合巧者ぶりを見せたものがベスト8へ進出する。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

一気にダークホースへ

桁外れの実力で圧倒的な優勝候補のPL学園。

そのPLを近畿大会で破り、同年代で初めてKKコンビに土を付けた東洋大姫路。

一気に優勝戦線に名乗りを上げたが、開幕試合で東洋大姫路を滅多打ちにしたのは津久見高校であった。

PLを完封した事でナンバー1サブマリンと注目された豊田投手から2本のホームランを含む13安打9得点の破壊力。

九州大会から打撃力に定評があったとは言え、完全に前評判は東洋大姫路の方が格上だっただけに、開幕戦でのインパクトは影響大であった。

また、投げてはエース田中が前半にヒットを打たれて3失点したものの後半の5イニングは安定の無失点ピッチングを見せた。

そして津久見の守備力にも言及するとまずエラーが無く、そしてダブルプレーも3つあった。

この守備が必要以上の失点をしなかった要因として大きかったように思う。

攻守にまた実力を発揮出来ればベスト8も見えてくる。

勝てば官軍

奈良県大会で優勝したあと、レベルの高い近畿大会でも好成績を残した天理。

選抜出場は当然の結果だったと今ならば間違いなく理解出来る。

練習試合においても全国レベルのチームと多数お手合わせしていたが、完敗はあのPL学園戦のみである。

PL学園を倒し、近畿大会のチャンピオンとなった東洋大姫路高校。

その東洋大姫路に天理は準々決勝で惜敗した。

この日に対戦する津久見高校はその東洋大姫路に大勝して勝ち上がっただけに、天理ナインの胸のうちに秘めるものは燃えているだろう。

1回戦の東筑高校戦では140キロの速球を投げる桧山投手に5安打に抑えられた。

天理の喜多投手も東筑打線にヒット7本打たれた。

しかし、天理が2-0で勝った。

要所の差が天理の強さである。

打たれそうで打たれない喜多投手を中心に、天理の野球を見せつけたい。

ペースを先に掴む野球

1回の裏、天理はいきなりトップの北野が左中間にツーベースヒット。

すると続く2番山田がレフト前にタイムリーヒットを放ち、天理は2人で先取点をあげた。

津久見は2回表、ツーアウトからチーム初のヒットとなるツーベースを放つ。

しかし、喜多投手が続く東を三振に斬ってホームは踏ませない。

3回の裏に天理は北浦のツーベース等でワンアウトランナー2、3塁と追加点のチャンスを作るが田中投手が後続をしっかり抑えた。

ピンチの後にチャンス有り。

津久見は4回表、4番上島がエラーで出塁した後に佐藤、岩尾が連打を見せてワンアウト満塁と絶好のチャンスを迎えた。

しかし続く宇都宮が喜多のカーブを引っ掻けてダブルプレーに倒れて無得点に終わった。

終始ペースは天理

5回の表、津久見は東のヒットから再びワンアウト満塁というチャンスを掴んだ。

だがまたしても喜多投手の緩急をつけた制球に後続が倒れた。

するとその裏、天理はワンアウトランナー2塁から北浦のタイムリーヒット、松井のタイムリーツーベースヒットで2点を追加した。

津久見は6回にワンアウトランナー2塁のチャンスを潰すと、7回表にはまたしてもワンアウト満塁のチャンスを潰した。

この満塁のチャンスで3番の上島、4番の佐藤が連続三振に倒れたのは痛恨の極みであった。

8回裏、天理はツーアウトランナー2、3塁から代打田中、8番ピッチャー喜多が連続タイムリーを打って2点を追加する理想的な展開。

対して津久見は最終回にもワンアウトランナー1、2塁としたが頼りの上島がダブルプレーに倒れてゲームセット。

試合は5-0で天理が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

またしても効率の良い天理野球が炸裂しました。

同じヒット11安打を放ちながら、5点も差がつくとは天理さすがです。

津久見の上島選手、個人的に思い入れがありました。夏に期待です。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ