高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】2回戦 伊野商業高校vs鹿児島商工高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】2回戦 伊野商業高校vs鹿児島商工高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会2回戦 伊野商業高校vs鹿児島商工高校

1回戦で実力高校に完勝している両者の対決となった。

鹿児島商工は徳島商業に5-1、伊野商業は東海大浦安に5-1で勝っている。

スコアまで同じという両者の対戦は競り合いになるのであろうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

大車輪、エース渡辺

四国の準優勝チームと関東大会の覇者という、1回戦から初出場とは思えない実力高校同士の対戦となった伊野商業vs東海大浦安の激突。

打力に定評のあった東海大浦安がやや有利という声が多数の中、開始早々に伊野商業エース渡辺智男(後に西武)がバックスクリーンに飛び込む特大のホームランを放った。

これに度肝を抜かれたのか、東海大浦安は終始後手に回る羽目になった。

また、渡辺は投げても伸びのあるストレートを主体に強力と歌われた浦安打線を凡打の山に封じた。

渡辺はホームラン含む3安打の猛打賞、投げても散発6安打1失点という大活躍を見せた。

結果的に渡辺のワンマンショーとなったが、チャンスメイクや固い守りなど、伊野商業ナインのチームバランスの良さがあっての勝利となったのは明らかであった。

前年よりも強し

前年夏の選手権大会において、エース増永を擁してベスト8入りを果たした鹿児島商工。

この大会は秋の九州チャンピオンとして堂々の2季連続出場を勝ち取った。

その九州チャンピオンの称号は決してフロックでは無いという証明となったのは、1回戦から名門徳島商業との戦いに完勝しているからである。

エース長浜投手は奪三振こそ4つであったが、徳島大会で池田高校に打ち勝った徳島商業打線を4安打1点に抑えた。

鹿児島商工の打撃力もここ一番で連打を浴びせ、先制された直後に一挙5得点をあげる集中打を見せた。

前年夏はプロも注目した増永投手の好投でベスト8進出した。

だが、投打のバランスという視点から見ればチーム力は前年を遥かに凌駕しているかも知れない。

目指すはまずベスト8である。

3★実力高校、ここにあり

1回表、伊野商業はトップの中妻のヒットを皮切りにワンアウトランナー1、2塁のチャンス。

ここで早くも注目4番渡辺が打席に入るが、長浜投手が冷静にカーブを低めに集めて渡辺をショートゴロのダブルプレーに打ち取った。

その裏、鹿児島商工はワンアウトランナー1、2塁から4番寺山がセンター前にタイムリーヒットを放って4番の仕事をし、キッチリ先制点をあげた。

3回表、伊野商業はノーアウト満塁と絶好のチャンスから2番福本が犠牲フライを放って同点。

このあと4番渡辺のショートゴロがエラーを呼んで逆転に成功した。

伊野商業は4回表にツーアウトランナー2塁からトップの中妻が早くもこの試合3本目のヒットとなるタイムリースリーベースを放って追加点をあげた。

鹿児島商工もその裏に再び反撃。

ツーアウトランナー2塁で8番菊橋がセンター前にタイムリーを放って2点目をあげ、再び1点差に詰めた。

接戦、ベスト8へ

6回表、伊野商業はツーアウトランナー2塁から当たっている中妻がセンター前にタイムリーヒット。

このヒットで中妻は4安打目となり、効果的な追加点を演出した。

畳み掛けるように7回には福本がタイムリースリーベースを放って5点目を追加した。

この辺りの攻撃力は、初出場と言えどさすが高知県代表と言わざるを得ない。

7回裏にワンアウトランナー3塁のチャンスを逃した鹿児島商工であったが、8回裏に代打有村のタイムリースリーベースが飛び出して1点を返した。

たが、反撃もここまでとなった。

最終回は渡辺が鹿児島商工打線を三者凡退に抑え、伊野商業が5-3で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

渡辺選手が初回にダブルプレーに倒れ、1回戦とは違う雰囲気となりました。

でもトップの中妻選手がチームを鼓舞しましたね。

鹿児島商工も力のあるチームで、消えるにはまだ早いと感じました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ