高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】2回戦 池田高校vs駒大岩見沢高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】2回戦 池田高校vs駒大岩見沢高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会2回戦 池田高校vs駒大岩見沢高校

エンドランにスクイズと、小技を駆使して1回戦を勝った池田高校。

蔦監督曰く、夏春連覇時代の50~60点のチームだという。

しかしヒグマ打線の前にした池田は山びこ打線を思い出す。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

新しい池田高校で

夏春連覇を達成し、史上初の3季連覇にあと一歩だった2学年前。

あのような池田高校を毎年求めるのは酷である。

前年は不祥事により波に乗る事が出来なかったが、この年代のチームが池田復活の甲子園出場を果たしただけでも功績は大きいのではないだろうか。

確かに1回戦の秀明高校戦では3-1というスコアで、山びこ打線とは言い難い。

2番から5番までの上位バッターが相次いでノーヒットというのも淋しい限りである。

しかし裏を反せば、上位陣が封じられてもスクイズやエンドランで得点することが出来るのは新しい強味でもある。

またエース片山の伸びのあるストレートと低めに決まるカーブは簡単には打たれない。

新生池田がベスト8を目指す。

ヒグマ打線復活へ

新生池田が山びこ打線復活を目指すならば、新生駒大岩見沢もヒグマ打線復活へ手を伸ばす。

2学年前に初出場で2勝し、ベスト8進出を果たした先輩たちは北国旋風として大活躍を見せてくれた。

その先輩たちに追い付け、追い越せと新しい歴史作りに奔走中だ。

佐々木監督曰く、2学年前は素材の素晴らしいメンバーだった。

素材に勝つには鍛練しか無いと、新たに完成した室内練習場で冬季も土の上での特訓に励んだ。

その成果がいきなり実ったのが、1回戦の初回だ。

智弁和歌山のエース梅本から3番斎藤が先制のツーランホームランをお見舞いし、終始駒大岩見沢がペースを握ることに成功した。

また、エース加勢は2学年前のエース大西を彷彿させる制球力で智弁和歌山打線を翻弄。

5安打1失点の完投ピッチングで2年ぶりの勝利の美酒に酔いしれた。

ヒットは僅かに4本であったが、3得点をあげる効率のよい攻撃力はさすがの一言。

あとはヒグマが目覚めれば山びこにも恐れることは無い。

山びこ打線復活

2回の表、池田は先頭の5番山田がセンター前ヒットを放つと盗塁を決めてランナー2塁。

ワンアウト後、和田がセンターに先制点を呼ぶタイムリーヒットを放った。

これでリラックスムードが漂うと、9番ピッチャー片山にもタイムリーヒットが生まれて2点目を奪った。

その裏、2学年前のエース大西の弟である大西孝浩がセンター前ヒットを放つも走塁ミスで無得点に終わってしまった。

5回表、ワンアウトから2番藤原が左中間にツーベースヒットで出塁する。

続く3番宮内(後に阪神)が打った瞬間それとわかる打球をレフトスタンドに打ち込んだ。

そのツーランの後、和田が2点タイムリーヒットを放って池田はこの回4点を追加した。

山びこvsヒグマ

6回表、ワンアウトランナー1、2塁として打席には先ほど強烈なホームランを放っている3番宮内。

宮内は加勢のシンカーを掬い上げると、打球は再びレフトスタンドに飛び込んだ。

甲子園にきて初ヒットがホームランという池田高校らしい宮内選手であった。

0-9と大きく差をつけられた駒大岩見沢は決して下を向いてはいなかった。

6回裏、ワンアウトランナー1、3塁として5番大西が右中間を破るタイムリーツーベースを放って2点を返す。

7回裏にも連打からチャンスを作り、1点を返した駒大岩見沢。

しかし、反撃もこの後はなかなか繋がらず、片山を打ち崩すまでは達することが出来なかった。

試合はこのまま池田高校が9-3で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

13安打2ホーマー9得点と、山びこ打線を思い出す試合ぶりでしたね。

宮内選手のホームランで5得点されては加勢投手も厳しいでしょう。

しかし駒大岩見沢も片山投手から11安打を放ち、ヒグマ打線を見せましたね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ