高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

レコードの汚れを洗う方法や洗った後にすべきこととは

   

レコードの汚れを洗う方法や洗った後にすべきこととは

最近レコードを購入する際は、

中古であることが多いと思います。

レコードの汚れを落とすために洗う方法をリサーチしてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

レコードを購入した時の汚れについて

最近購入するLPは中古LPばかりです。
 丁寧に管理されていたLP、傷だらけのLP、カビがこびり付いているLP。
 レコード用スプレーが大量に使われていたり、タバコのヤニが目立ったり、細かい砂埃にまみれていたり・・・。
 界面活性剤による処理がしてあるLPもあります。

 レコード表面に水分を乗せると、多くの情報を得ることができます。
 水の様子で一枚一枚のLPがどのような経過を辿ってきたのか、ある程度の察しがつきます。

 クリーニングを行う際には、一枚一枚の状態を確認して加減をしながら作業を行います。
 LPジャケットの汚れも拭き取って、中袋も新品を使います。
 こうした手間をかけることによって、他人の手を経てきた中古LPが、ようやく自分の持ち物になるような気がしています。
 こんな感覚は、手軽なクリーニングマシンでは味わえないのかもしれませんね。

引用元-メラミンフォームによるレコードクリーニング

レコードを洗うにはどんな方法がいい?

最初に、利用するタオルは有る程度使って洗ってを繰り返し、余分な繊維が残ったり、しない物をお使いください。

中性洗剤でざぶざぶ洗う、というのも、レーベル面を保護しての作業です。
とても神経も使いますし、そのため手間もかかります、当然ですが乾燥にもホコリが着きにくいようにいろいろ工夫が必用。かなり上級な方法ですよ。

木工用ボンド等で盤面に塗って、硬化したら剥がすとホコリや汚れが取れる、と言う手法も有ります。
これも、かなり難しく、失敗する人の方が多いくらいです。(結構、致命的な結果に成るケースもあるので、かなり詳しい情報を得た上で、有る程度練習をしてからで無いと、難しい。。)

『クリーナーだと余計油分等が着き良くないと聞きました、』
あまり正確では有りません。
正しくは、湿式クリーナーやスプレー類で、盤面に残留する不既発油分が残る物が有ります。
初期の利用時は良いのですが、残留油分がホコリ(マイクロダスト)を包み込んでしまい、ブラシ類では取り除けなく成る事が有ります、この状態で長年繰り返すと、、非常にガッカリ。
こんな結果の場合に、中性洗剤で洗う、と言うのが効果が大きく出たりします。
この時も、使い込んだタオルなどを利用すれば、効果が得られると言う事。

ボンドのパック方法は油分に埋まり切ったマイクロダストはほぼ取り出せません、そういうタイプの物を多用した盤はリスクの方が遥かに大きいので、行なわない様にしたい所です。

中性洗剤を水で薄め、それに浸し絞ったタオルで「タオルに湿らせて溝円方に拭いてみようと思いますがこの方法で」と言う場合は、上記したタオルの条件を満たしていれば効果的でしょう。
その後、流水だけで洗ったタオルで、入念に洗剤分をきちんと抜いて、その後しっかりと乾燥させれば、問題は無さそうです。

引用元-アナログレコードの埃や汚れの掃除ですが、クリーナーだと余計油分等が着き… – Yahoo!知恵袋

レコードを洗う方法について

1.アナログレコードのクリーニング方法のご紹介 <用意するもの> 古新聞、台所用食器洗い洗剤とスポンジ、ビニール袋 <クリーニング方法> ①台所用食器洗い洗剤を約50倍程度に薄め、スポンジに含ませる。 ②レコードの溝に沿ってスポンジで2回程度洗う。 ③水道水を流しながら洗剤を素早く取り除く。 ④レコード盤を1分程度立てかけて、水切りする。 ⑤レコード盤を新聞紙に挟む。 ⑥手にビニール袋をはめて、新聞紙をこすって素早く水切りする。 <洗浄のコツ> ①素早く、水切りすること。これがコツです。 ②新聞紙をこする時、手にビニール袋をはめないと、手がインクで黒くなる。 <効果> お金を掛けずにカビや埃が綺麗にとれて、素晴らしい音に変身します。 自分の責任で一度お試しください。
2.ベルトドライブ式アナログレコードプレーヤのベルトの話 アナログレコードプレーヤのベルトは、秋葉原などで入手できますが、相場価格は、2000円~4000円程度です。超安価なベルトの自作を紹介します。 <用意するもの> 100円ショップで売っている自転車のリムの内側に使用する 5mm~6mm幅のゴム製ベルト(27インチ用が2本で100円) 瞬間接着剤、500番程度のサンドペーパ、ナイフorはさみ <作成方法> ①自転車用ゴム製ベルトをプレーヤに合うサイズに切断する ②切断部分を瞬間接着剤でつなぎ、乾燥するまで静かに待つ。 ③余分にはみだした接着剤は、ベルトの片面だけサンドペーパで取り除く <作成のコツ> ①ベルトの切断は、ベルトの側面に90度で切るのではなく、  斜め45度程度~30度程度で切断する。  昔、オープンテープを接合した時の要領で切断・接合します。  そうすることで、接着面積が大きく出来て、強度が得られます。  色々な切断形状を試してください。 ②余分にはみだした接着剤を除去する目的は、スリップによるワウ防止です。  除去はそんなに神経質にならなくても問題にはなりません。 失敗しても100円。自分の責任で一度お試し下さい。

引用元-FIDELIX その他: LPレコードを最大限に生かす方法(その1) クリーニング方法

レコードにカビが生えた時は?

これはなかなか厄介です。
ちょっとカビっぽい程度なら乾式クリーナーで拭き取ることも出来そうですが、クリーナーにカビの胞子が残った場合、このクリーナーで他のレコード盤を拭くと感染の可能性がでてきます。どうせクリーナーをダメにしてしまうなら、このクリーナーで水洗いという手があります。
清潔なタオル等の上に置き、中性洗剤を食器洗いの倍位に薄めた液をクリーナーに含ませ、音溝に沿って拭き洗いをします。レーベルは紙ですので濡らすと剥がれたり染みになったりしますのでビニールなどで覆い、テープで防水処理する等工夫が必要です。

洗い終わったら水で十分に洗剤を洗い流します。水は塩素や不純物を含んでいますので、乾燥するとこれらが残り、ノイズの原因になります。
せめて浄水器を通した水ですすいでください。

両面に同じように風が通るよう垂直に立て日陰で乾燥させてください。乾燥後は潤滑剤入りの音溝保護タイプのスプレーを吹き付け、全体を万遍なくみがいてください。洗った後は表面の本来持っている油分も除去されていますので補う必要があります。
カビの菌糸が深く食い込んでいた場合は表面が荒れていますのでノイズが出ることがあります。スプレーで軽減できる場合もありますのでお試しください。

さらにひどい場合はアルコールで拭く方法もあります。これは賛否両論あります。アルコールは樹脂を膨潤させ、気化熱による急激な温度変化、レコード盤の素材に配合されている安定剤に悪影響を与える可能性があります。使用に際しては最内周の音溝の無い部分で十分チェックしてください。
レコード盤によっては経時変化で表面にクラックが入るなどダメージを与える場合があります。
また中古レコード等で艶を出すためにワックスで磨いてあるものがあるそうです。アルコールで溶解しムラになって残ると始末が悪いので注意が必要です。

アルコールは薬局で入手できます。消毒用エタノール、無水エタノールです。消毒用は75~81%、無水エタノールは95%のアルコール含有率です。これを3~4倍に水で薄め使用します。洗い晒したガーゼを浸し、絞ってから音溝に沿って拭きます。カビはアルコールで死滅するので有効ではあります。拭き終わった後の処置は水洗いと同じです。

カビの懸念があった場合はレコードの内袋は新しい物と交換してください。カビの胞子が残っていたら、またカビが生えます。ジャケットの中も掃除が必要です。

引用元-株式会社ナガオカトレーディング

レコードを洗った後は十分に乾かすことが大切

ただ、どの方法でやろうが、重要なのは充分乾かしてから保管すること。未乾きのまま入れてしまっては、元の木阿弥です。また、試したというカビ取り液を使った場合は、充分洗い流すこと。溝の中に残すくらいなら、水でカラ拭きした方がよほどマシです。レーベルを濡らさないよう注意して下さい。

大事な盤はパックを使ったりすることもありますが、一般の場合はきれいなウエス(ぼろきれでもいいですが、糸とか折り目が残っているものは駄目)を湿らせて、テーブルの上に載せた盤を1枚1枚拭いていきます。この場合必ず溝に沿って、ウエスを円形に回して、LPなら盤1枚を4回位に分けて拭くようなイメージです。あと反時計回りの方向に、つまり針(カートリッジ)が進む方向に拭いていきます。これだけでも大分落ちますけど。

引用元-LPレコード盤がカビがついてしまいました。捨てるのももったいない… – Yahoo!知恵袋

twitterの反応

 - 生活ハウツー, 趣味, 雑学

ページ
上部へ