高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】準々決勝 伊野商業高校vs西条高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】準々決勝 伊野商業高校vs西条高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会準々決勝 伊野商業高校vs西条高校

四国対決となったこの試合。

両方のエースがチームの中心であるから、

試合前の予想は投手戦と目された。

互いに四国チャンピオンの明徳義塾に善戦した両校の対決は、

初出場の伊野商業がペースを奪いに行った。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

予想以上の黒子

四国チャンピオンであった明徳義塾高校が選手に関係の無い不祥事のかどで辞退したこの大会、代替出場となった西条高校の躍進はさすが野球王国である四国と評価された。

その西条高校の原動力は筆頭にエースの黒子投手が上がる。

1回戦で東海チャンピオンである強打の東邦高校を僅か4安打1失点に抑えると、2回戦では神宮大会準優勝の松商学園に9安打されながら1失点に抑える好投を見せた。

1回戦では伸びのあるストレートを主体に、2回戦では要所をカーブでピンチを切り抜ける多才な制球力でベスト8進出に拍車をかけた。

2回戦では黒子自身にホームランが飛び出しているため、まさにノリに乗っている状態であろう。

全国レベルの伊野商業

四国大会では明徳義塾に次ぐ実力高校と言われた伊野商業であったが、この大会が初出場であり、チームはエースで4番の渡辺次第、となれば実力がどの辺りにあるのか未知数となるのは必然的である。

しかし1回戦で関東チャンピオンである東海大浦安に完勝し、2回戦では九州チャンピオンの鹿児島商工に逆転勝ちを納めればその実力が全国レベルにある証明になったのは間違いないだろう。

確かに東海大浦安戦では渡辺自ら先制の大ホームランを放ってワンマンショーを見せつけた。

だが伊野商業が単純なワンマンチームでは無いと思わせたのは2回戦。

この試合は渡辺の調子が今一つであるのと、鹿児島商工が高い実力を持つチームという事で接戦となった。

しかしナインが結束して逆転したあともキッチリ接戦をものにした事で、伊野商業が渡辺がもし封じ込まれても一方的な展開に持ち込まれることは無いという証しとなった。

初出場らしからぬ試合運びでベスト4入りを目指す。

序盤の乱れ

立ち上がりに難の無い黒子投手であったが、この日は初回に苦しい展開。

1回の表、伊野商業はワンアウトから2番福本博がフォアボールで歩くと、3番山本の送りバントを黒子がエラーする。

このエラーの間に進塁を狙った福本博が刺されてツーアウトとなったが、続く4番渡辺が左中間にツーベースヒットを放ってランナー2、3塁とチャンスを広げる。

すると笹岡がライト前にタイムリーヒットを放って2人が生還し、伊野商業が先制点をあげた。

黒子投手は2回、3回と2安打ずつ浴びる苦しいピッチング。

なんとか追加点は許さなかったが、試合のペースは伊野商業に持っていかれていた。

四国対決は伊野商業に凱歌

苦しいピッチングが続く黒子に比べ、伊野商業エース渡辺は飄々と軽快に凡打の山を築いていく。

4回表、伊野商業は山本のツーベースヒットなどでツーアウトながらランナー2、3塁とチャンス。ここで5番福本敦、6番笹岡が連続タイムリーヒットを放ち、3点を追加した。

少ないチャンスを得点し、黒子投手で逃げ切るのが西条野球。

すなわちこの序盤の積み重なる失点は、西条高校には致命的であった。

東海大浦安、鹿児島商工と立て続けに強打のチームに投げ勝ってきた渡辺投手であるが、この日の出来は3試合目にして一番の出来映えであった。

粘りの西条打線に7安打されたものの、全く危なげない内容でシャットアウト。

伊野商業が5ー0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

野球王国四国を思わせる好投手対決となりました。

しかしその差は思ったよりありました。

ここにきて調子が上がってきた渡辺投手、次はPL学園との決戦です。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ