高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】準々決勝 池田高校vs東北高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】準々決勝 池田高校vs東北高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会準々決勝 池田高校vs東北高校

共に名門が勝ち上がってきた。

チームの持ち味を発揮出来ている両者の対決は好ゲームになると

予想出来る。

前年夏に2勝した実績を持つ佐々木と1年時の夏に大エース水野の

背中を知る片山。

素晴らしい投げ合いとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

東北地方歴代ナンバー1へ

東北の星と言えば三沢高校の太田、能代高校の高松などが上げられる。

前年の春にベスト4に進出した大船渡高校の金野、同じく前年夏にベスト4進出の金足農業エース水沢。

この年では東北高校の佐々木投手が一番の期待を受ける格好となっている。

やはり恵まれた体格から繰り広げる制球力は全国レベルであり、前年夏に3試合全てに登板して2勝をあげる原動力になった。

その実績から言っても東北地方歴代ナンバー1のピッチャーになるチャンスは佐々木にあるだろう。

この大会でも心配された腰痛を忘れさせる見事なピッチングで1回戦を3安打完封、2回戦を完投、と頼もしき姿を見せている。

甲子園で強い池田

夏春連覇という偉業を達成し、輝かしい活躍を見せてくれた2学年前。

蔦監督曰く、そのチームが100とすればこのチームは50~60と評している。

しかしあの連覇時のチームは高校野球史上においても別格にある実力チームなわけで、そのチームと比べることは非常に酷な事だろう。

地方予選では徳島商業に敗れた池田高校であったがしかし、甲子園に出れば強い。

徳島商業が1回戦で姿を消したのに対し、池田はベスト4進出をかけた戦いを迎えている。

やはり池田は違う、という印象を高校野球ファンに披露するだけでは無く、相手チームにも無言のプレッシャーを与えている。

2回戦では宮内が2打席連発で強烈なホームランを放ち、山びこ打線健在をアピールした。

また、片山投手が前評判よりも素晴らしく、1回戦目のように打線が爆発しなくても投手力で試合をものに出来るのは心強い。

新生池田がベスト4進出を狙う。

全国レベルの投手戦

1回の表、池田は2番藤原がライト前ヒットで出塁する。

しかし佐々木は落ち着いて3番宮内をセカンドゴロ、4番松島を三振に切り抜けた。

その裏、東北はトップの吉田がレフト前ヒットで出塁し、ノーアウトのランナーとするも片山投手の伸びのあるストレートに後続は3人で仕止められた。

池田は3回表、9番ピッチャー片山自らのヒットから2番藤原のヒットと宮内のフォアボールでワンアウト満塁のチャンス。

しかし佐々木が巧みなコントロールを見せて松島を内野フライ、続く山田もセンターフライに切って得点は許さなかった。

片山投手は絶好調の出来で、初回以降ヒットすら許さなかった。

池田がスクイズ

5回の表、池田はまたしても片山がヒットで自らチャンスメイク。

ワンアウトランナー2塁とチャンスが広がったが、佐々木が丁寧な制球力で上位打線に仕事をさせなかった。

片山投手は2回から6回までの5イニングをノーヒットに抑える素晴らしいピッチングを続けていた。

7回表、池田はこの回先頭の蔵下がヒットで出塁すると片山が送りバントを決めてランナー2塁。

続くトップの梶田がレフト前ヒットを放ってワンアウトランナー1、3塁とチャンスを迎えた。

続く2番藤原はこの日佐々木からヒット2本を打っている事で気合いの入るマウンドの佐々木。

しかし佐々木の気合いをよそに藤原はスクイズを決行し、池田が待望の先制点をあげた。

山びこ打線のイメージでスクイズは頭に無かった佐々木とすれば、まさに意表を突かれる形となった。

その裏、東北は佐々木自らヒットを放ち、ワンアウトランナー2塁とチャンスを作る。

しかし片山投手のスタミナが切れる事は無く、後続を抑えられてしまった。

このあとは互いにランナーを出しても相手ピッチャーを攻略するには至らなかった。

試合は片山投手の4安打完封が光り、池田高校が1-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

池田がスクイズ、確かに当時は見れない場面だったかも知れませんね。

山びこ打線とまで名付けられていたのですから。

しかし片山投手、大先輩の水野投手に負けないくらいのこの日のピッチングでした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ