高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年春センバツ】準決勝 帝京高校vs池田高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1985年春センバツ】準決勝 帝京高校vs池田高校|白球の足あと

1985年 第57回春の選抜甲子園大会準決勝 帝京高校vs池田高校

第一試合でPL学園が思わぬ敗戦、ただならぬ甲子園の雰囲気

となった。

第二試合も強豪同士の組み合わせとなり、注目の対決。

帝京の小林、池田の片山、共に素晴らしいピッチャーの対決に

スタンドは酔いしれた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

安定度Aの小林

大会前から投打のバランスから前評判の高かった帝京高校。

甲子園で勝ち上がっても何ら不思議では無い戦力ではあるものの、広島商業、東海大五、報徳学園と、有力チームに連勝してきたのはさすがの一言である。

1回戦、2回戦は共に2-0と僅差の勝利であったが、それはひとえにエース小林(後にロッテ)の素晴らしい制球力に尽きる。

3試合連続完封を狙った報徳学園戦では初回に2点を奪われたが、2回以降は完全に報徳打線を封じた。

名門広島商業、強打の東海大五、そして近畿大会でPLと互角の勝負を演じた報徳学園と骨のあるチームを撃破した帝京は本物と認めざるを得ない。

打線の爆発が鍵

徳島県大会では徳島商業の後塵を拝した池田高校。

しかし甲子園大会に入ると1回戦で敗退した徳島商業に比べ、池田はベスト4進出を果たした。

全国大会に出れば結果を残すあたり、さすが山びこ打線の後輩たちといった所だろう。

蔦監督にして、とても勝ち上がれる戦力では無いと断言されたこの新チームであった。

だが、あれよあれよと3勝して準決勝まで上がったのだから、夏春連覇を達成した偉大な先輩たちにも決してひけをとらない。

畠山、水野と剛腕エースに比較するのは酷であるが、このエース片山も東北高校戦では素晴らしい球のキレを見せて完封。

このようなピッチングが出来れば間違いなく失点は少ない。

攻撃の方は3試合で13得点と、かつての山びこ打線には程遠い。

宮内(後に阪神)が2ホームランと、2回戦で1人長打力を見せてくれたが、時にはスクイズで得点しているようにこの大会は小技が中心となる。

あとはクリーンアップに期待したい。

あっさり先制点

1回の表、帝京はワンアウトから2番矢頭が内野安打で出塁。

すると3番大宮の1球目で2塁へ盗塁、2球目で3塁へ盗塁、と成功しワンアウトランナー3塁とチャンスを作った。

大宮がフォアボールで歩いたあと、4番関のセカンドゴロの間に俊足ランナー矢頭がホームインして帝京があっさりと先取点を奪った。

あっけない1点目であり、両者は打撃力で有名になったチームであったため、この初回の1点が後々大きく響くとは誰もが思わなかった。

その裏、池田はトップの2年生バッター梶田がレフト前ヒット。

しかし池田は小林の変化球にまるでタイミングが合わずに後続は断たれた。

スミ1を守りきる

東北高校戦での出来映えとはいかないものの、片山投手のストレートは素晴らしいキレで帝京打線に長打を許さない。

一方の小林投手はコントロールに手こずりながらも池田打線を翻弄する。

0-0のまま5回裏、池田はツーアウトからトップの梶田がこの試合2本目のヒットで出塁。

空かさず盗塁を決めてスコアリングポジションにランナーを置いた池田高校であったが、藤原がセカンドゴロに倒れて無得点に終わった。

このあたりから打てそうで打てない池田打線が焦りから小林のボールになる球を振り回して凡打の山を築いてしまう。

帝京高校も毎回のようにランナーを出すが、要所で1本が出ずに追加点とはならない。

8回表、帝京は2本のヒットとフォアボールでツーアウトながら満塁とチャンスを作ったが村山がセカンドフライに倒れて無得点に終わった。

このように坦々と試合は流れて気づけば最終回。

最後も三者凡退で締めた小林は結果的に池田打線を4安打に抑えるピッチングを見せた。

試合は1-0で帝京高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

ベスト4にPL学園と池田高校が残り、高校野球ファンをドキドキさせてくれましたね。

両者の対決は次回に持ち越しとなりましが、小林投手はこの大会で一番安定したピッチャーとなっています。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ