高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1985年 第67回選手権大会の注目の出場校

ついにKKコンビが甲子園で最後の勇姿を見せる。

レベルの高い最強世代が、最高に盛り上がる野球を見せる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

北海道・東北地区

北海道

  • 北北海道 旭川竜谷 (2年ぶり6回目)
  • 南北海道 函館有斗 (3年ぶり4回目)

東北

  • 青森 八戸 (20年ぶり5回目)
  • 岩手 福岡 (5年ぶり10回目)
  • 宮城 東北 (2年連続14回目)
  • 秋田 能代商 (初出場)
  • 山形 東海大山形(3年ぶり2回目)
  • 福島 磐城 (10年ぶり6回目)

北北海道から久しぶりに圧倒的に強い代表の出現、文句なしの実力を見せた旭川龍谷高校が出場を決めました。

2年生エース泉投手に、初球打ちの名人であるトップの岡田選手。

個性的なメンバーが非常に楽しみです

宮城県からは東北高校が3季連続出場を決めました。

エース佐々木主浩(後に横浜)を中心に東北勢力の中でも今年は東北高校が優勝を目指して北国を引っ張ります。

関東地区

関東

  • 茨城 日立一 (初出場)
  • 栃木 国学院栃木 (初出場)
  • 群馬 東農大二 (3年ぶり2回目)
  • 埼玉 立教 (初出場)
  • 千葉 銚子商 (9年ぶり10回目)
  • 東東京 関東一 (初出場)
  • 西東京 日大三 (6年ぶり7回目)
  • 神奈川 藤嶺藤沢 (初出場)
  • 山梨 東海大甲府 (2年連続4回目)

東東京から初出場の座を射止めた関東一高校に注目です。

選抜大会で準優勝した帝京高校を下しての優勝でした。

センバツで3試合も完封した小林昭則(後にロッテ)投手を滅多打ちにした打力に大注目しましょう。

神奈川県は日本最大の参加数を誇る激戦区です。

強豪揃いの神奈川県を制したのは初出場となる藤嶺藤沢高校です。

決勝では横浜高校を退けた実力を見せて欲しいですね。

千葉県からは名門である銚子商業が9年ぶりに甲子園に登場します。

豪腕エース片平哲也(後に中日)は140キロ台のストレートを持ちます。

打線も千葉県予選で毎試合二桁得点を見せました。打倒PLに立候補しています。

山梨県からは東海大甲府高校が2年連続で出場します。

エース四條稔(後に巨人)を中心に打力を全面に出した前年の好チーム。

このチームはその前年を上回る破壊力を持っています。

大八木監督の最高傑作となれるでしょうか。

北信越地区

北信越

  • 新潟 中越 (2年ぶり3回目)
  • 富山 高岡商 (2年連続11回目)
  • 石川 北陸大谷 (初出場)
  • 福井 福井 (3年ぶり3回目)
  • 長野 丸子実 (3年ぶり5回目)

石川県からは甲子園の常連、星稜高校を決勝で見事に破った北陸大谷高校が、ついに念願の初出場を勝ち取りました。

逆転勝ちの多い北陸大谷野球は粘りの野球です。

甲子園で新しい歴史を作れるでしょうか。

富山県からは高岡商業が出場します。

準々決勝、準決勝と2試合連続で延長戦を戦いぬき、連続サヨナラ勝ちをおさめた粘りの高岡野球が楽しみですね。

近畿・東海地区

東海

  • 岐阜 県岐阜商 (2年連続16回目)
  • 静岡 東海大工 (13年ぶり2回目)
  • 愛知 東邦 (8年ぶり9回目)
  • 三重 海星 (4年ぶり5回目)

近畿

  • 滋賀 甲西 (初出場)
  • 京都 花園 (初出場)
  • 大阪 PL学園 (3年連続9回目)
  • 兵庫 東洋大姫路 (3年ぶり7回目)
  • 奈良 智弁学園 (2年連続6回目)
  • 和歌山 和歌山工 (4年ぶり2回目)

ハイレベルの近畿で、最初に名前が上がるのは優勝候補ナンバー1のPL学園でしょう。

最上級生となった桑田真澄(後に巨人)投手が春からさらに成長を見せました。

140キロを常時越えるストレート、消えるとまで相手バッターに言わせるカーブは共に今すぐプロヘ行っても通用するでしょう。

また、主砲の清原和博(後に西武)はもはや説明の必要が無い4番バッターですね。

センバツで活躍したキャプテン松山秀明(後にオリックス)、中村監督が絶賛するトップバッター内匠政博(後に近鉄)、桑田投手の女房役である今久留主成幸(後に阪神)、前年からスタメンの座を射止めた黒木、等々PLの歴代最強チームと呼び声も高いです。

もちろん今大会優勝候補ナンバー1です。

兵庫県からは東洋大姫路高校です。

秋の近畿大会の決勝でPL学園に勝ったことが、センバツ大会ではプレッシャーとなってしまいました。

しかし、選抜大会ベスト8の報徳学園との決勝を制したことは再び強い東洋大姫路に戻るきっかけになるのでは無いでしょうか。

中国地区

中国

  • 鳥取 鳥取西 (4年ぶり20回目)
  • 島根 大社 (22年ぶり7回目)
  • 岡山 岡山南 (3年連続4回目)
  • 広島 広島工 (7年ぶり2回目)
  • 山口 宇部商 (2年ぶり5回目)

広島県は名門の広島商業、広陵高校、広島工業、崇徳高校が高いライバル関係にありました。

その予選で遺憾なく強さを発揮した広島工業が出場します。

広島県代表らしい、小技とパワーバランスのとれた好チームです。

山口県大会を制したのは宇部商業です。

前評判通りの強いチームですが、センバツでPL学園と互角に戦って評価はさらに上がりました。

エース田上に控えの古谷の2枚看板が安定感抜群です。

打線も佐藤、田処、藤井、福島と、素晴らしい破壊力を持っています。

四国地区

四国

  • 香川 志度商 (4年ぶり3回目)
  • 徳島 徳島商 (2年連続14回目)
  • 愛媛 川之江 (2年ぶり3回目)
  • 高知 高知商 (2年ぶり15回目)

秋の四国チャンピオンであるエース山本誠(後に阪急)率いる明徳義塾高校、センバツ甲子園大会でPL学園に完勝し、そのまま頂点に上り詰めた伊野商業。

その伊野商業のエース渡辺智男(後に西武)を凌ぐ剛球を投げる中山裕章(後に大洋)投手率いる名門、高知商業と、まさに空前絶後のハイレベルの高知県を制したのは高知商業でした。

しかも高知高校、明徳義塾、伊野商と、全ての強豪チームを退け、文句なしの予選突破でした。

もちろんPL学園を脅かす存在です。

選抜大会ベスト4の池田高校に幾度と勝利した徳島商業がダークホースの存在です。

エース広永益隆(後に南海)を中心にセンバツでの借りを返しに甲子園に向かいます。

九州地区

九州・沖縄

  • 福岡 久留米商 (2年ぶり4回目)
  • 佐賀 佐賀商 (3年ぶり8回目)
  • 長崎 佐世保実 (初出場)
  • 熊本 熊本西 (初出場)
  • 大分 津久見 (3年ぶり11回目)
  • 宮崎 延岡商 (17年ぶり2回目)
  • 鹿児島 鹿児島商工 (2年連続5回目)
  • 沖縄 沖縄水産 (2年連続2回目)

センバツ大会の出場校である東海大五高校、東筑高校、そして前年夏の甲子園メンバーが7人残る福岡大大濠高校。

この混戦の福岡を制したのは久留米商業でした。

エース秋吉投手は打たれにくい変則サイドスロー。

甲子園での飛躍に期待します。

2年生の時から九州でナンバー1右腕と言われた吉田直喜(後にオリックス)投手率いる佐世保実業が長崎県を文句なしに突破しました。

しかし吉田投手が準決勝で骨折したことが心配です。

8大会の展望

以上、1985年夏の甲子園選手権大会の注目チームでした。

優勝候補ナンバー1はやはりPL学園です。

KKコンビが最後となる甲子園、目が離せれません。

PL学園を追う1番手は充実した戦力をもつ高知商業でしょう。

チーム打率が全国一の銚子商業も続きます。

Aクラス評価となると北から東北高校、銚子商業、PL学園、宇部商業、といった辺りでしょうか。

徳島商業や津久見高校もダークホース的な存在です。

1試合1試合をお楽しみに。

文 山口 元樹

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ