高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

ブラックバスを釣りたい!食べてみたい!バス釣りブログから学ぼう

      2016/01/01

ブラックバスを釣りたい!食べてみたい!バス釣りブログから学ぼう

ブラックバスを釣りたいけど簡単にはうまくいきません

いろんなブログを参考にバス釣りに出掛けよう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

バス釣りテクニックを紹介するブログ

釣り具関係者はとにかく雨でも風でもフィールドに立つ(釣りに行くこと)が上達の早道といういう人が多い。
上級者になると釣れない確認のための釣りというのがあるが、これはすでに引き出し(いろんな釣り方)がある釣り人の話であって、初心者は鵜呑みにしてはいけない。

中級までは 上達 = 釣果 + 釣れた理由付け × 理由の正確さ

とにかく魚をたくさん釣って、釣れた理由付けの精度を上げ、検証作業を繰り返す。
この検証作業の繰り返しが経験となり確信となり、結果的応用もできるようになる。
ルアーを投げてるだけでリフレッシュできて楽しいという釣り人も多いのですが、ある程度結果がでないと楽しくないし続かないと思うんですよね。

でも、魚をたくさん釣るってどうするの?釣れないから通ってるのよ!という意見もあるかと思いますが、釣れる確率の高い状況というのは確実にあります。
人それぞれですが、人間の集中できる時間はある程度限られています。集中できる時間をできるだけ釣りやすい時間帯に合わせて確率を上げます。集中できると周りもよく見えますし吸収も早まります。

朝まづめ
夕まづめ
天気のいい日
釣りやすい季節(春、秋)
誰もいない(人が少ない)場所
その日誰もルアーを通してないロープレッシャーなポイント
朝まづめ
管理釣り場

毎日釣りできる人はいいのですが、そんな人はほとんどいないでしょう。
釣りにくい状況にで回釣りするより最高のコンディションで集中して魚を獲る!

例えば、近場の超ハイプレッシャー超メジャーポイントに3回行くのをやめて、その分資金を貯め、遠征するなりしてロープレッシャーのフィールド、管理釣り場などで数を釣る。何も釣れない状況で5時間投げ続けるより、1時間で5匹釣ったほうが得られる情報量も多いし確実に身につく。とにかく魚を釣れば魚が答えを教えてくれる。

引用元-バス釣りテクニック)

ワーム(ルアー)の操作

ワーミングの基本はまず何十m先のワーム(ルアー)がどのような『位置』にあってどのような『姿勢』でどんな『動き』をしているかイメージしながら釣りをするということが大事。
はじめのころは飛距離、キャスティング精度、ワームや道具のことなど、目に見
えるところに意識が行きがちだが、実際の魚釣りは人間の目では見えない水中で行われていることがほとんどだからだ。
サイトフィッシング(魚を目視しながら釣る方法)などという釣法もあるが高価
な偏光グラスが必要だったりと決して初心者向きではない。
中層、表層でしか釣れない場合もあるが、まずは基本となる底の釣りからはじめよう。

底釣りに適しているのがスプリットショットや常吉、ジグヘッドなどのリグである。
確実に底をとりながら釣りをしたいので重めのシンカー(重り)をセットしよう。
もし、1/4オンス(=7g)以上のシンカーでも分からないということであれば道具に問題がある可能性があります。
ラインは6lb(1.5号)以下、実売5000円以上のロッドで試してほしい。
実は重いシンカーほど水中の状況を把握しやすいし魚のアタリもとりやすい。
砂、泥、岩、ウィード(水草)、駆け上がり(急激に深くなっている場所)など、どのような地形になっているか想像しながら釣りをする。よく釣れるポイントというのは何かしらの理由がある。

引用元-バス釣りテクニック)

ロッドの種類

バスロッドには色々な長さ・硬さがあるんです。

長さの目安としては自分の身長より10センチから20センチ

くらい大きいのを選ぶと使いやすいでしょう。

硬さに関しては、

UL・L・ML・M・MH・H・UHといった表記がされています。

柔らかい                     硬い
UL < ML < M < MH < H < UH

こんな感じで表記されています。

新品を購入する場合はケースに大きく書いてあるのですが、

中古の場合はロッドの手元の方に小さく表記されています。

なかには表記されていないものもあったりしちゃいます。

硬さの感覚は、

UL(ウルトラライト)=非常に軟らかい

L (ライト)=軟らかい

ML(ミディアムライト)=中間の硬さよりもやや軟らかい

M (ミディアム)=中間の硬さ

MH(ミディアムヘビー)=中間の硬さよりもやや硬い

H (ヘビー)=硬い

UH(ウルトラヘビー)=非常に硬い

というような印象です。

引用元-【初心者】ロッド(釣り竿)の選び方 | バス釣り初心者おすすめサイト

ブラックバスの塩焼きブログで紹介

① 下ごしらえ
バスを3枚におろし、薄く塩をふる。
約10分後、キッチンペーパで水気をよく拭く。
② 焼く
魚グリルで焼きます。

(番外) テリ焼き
酒:醤油:味醂を同じ割合で混ぜます。分量はお好みで! 砂糖も少々。混ぜたタレで、焼くと照り焼きの完成。

実は、西京漬けにする前の、塩を振って余分な水分を抜いた切り身を、そのままグリルで焼いただけです。
塩を振って、身を引き締めないと焼いた際に身が崩れやすいです。
見た目は真っ白、ホクホクで、味は、淡白な白身魚です・・・ただ妙な生臭さが口に残ります。さすがに塩だけだと生臭さが残りますね。
味見して今一歩なら、そのまま照り焼きにしてしまうと、一気に美味しさがアップしますよ

引用元-ブラックバス料理研究所 ゴムボート釣り部: ブラックバスの塩焼き

釣ったら食べるブラックバスのホットドッグもブログで紹介されています

① ブラックバス料理
今回は、香草焼きと、そのクリームソースかけを使用。
ここで紹介している、煮物系以外のブラックバス料理で応用可能ですよ
② 焼く
フライパンにクッキングシートを敷いて、軽くホットドッグパンを焼く。
③ トッピング
ブラックバス料理と、お好みの野菜をトッピングして完成です。
ソースはタルタルソースとか、トマト大量でも美味しいと思います。
はっきり言って、今回食べた2種類のホットドッグ、ブラックバスと言われなければ、誰もが美味しく頂けたと思う最高の一品です。

引用元-ブラックバス料理研究所 ゴムボート釣り部: ブラックバスのホットドッグ

ブラックバス釣りの魅力とは?

ブラックバス釣りの最大の魅力はその強いひきです。ルアーをブラックバスがくわえてから取り込みまでの魚とのファイトの強さがブラックバス釣りの最大の魅力。他の海水や淡水の魚と比較してもその強いひきはバスフィッシングの醍醐味です。ビギナーの人が初めてバスを釣り上げて言う感想の多くはその強いひきに対する感想が多い。実際、ルアーをキャストしてバスがルアーを咥えるまでにはいろいろな試行錯誤や自然環境の条件が必要ですが、見事フッキングに至り水中のブラックバスとの引き合いをできた人は1匹目でブラックバス釣りの魅力を実感します。
◎写真(ボートや陸釣りでバスを釣りあげている途中の風景)

そして、もうひとつの魅力はルアーフィッシングスタイルですから、釣り方がたくさんあるという事です。いろいろな道具(タックル)やルアーの種類が非常に豊富な釣り方であることです。大きくルアーはハード系とソフト系に分かれそれぞれ釣り人(アングラー)のスタイルで分かれたり、ポイントや季節によってその選択は変わります。また、長年バスフィッシング(ルアーフィッシング)をしていると、自分のスタイルができてきます。それは、過去の経験で、魚を釣る確率の高い自分のスタイルです。多くの手法や道具の中から自分のスタイルを確立させることも魅力ですし、長年楽しんできた自分のスタイルを軸に他の釣り方を改めて研究したりアプローチすることも楽しさのひとつ。釣り方一つで釣り人同志が過去の武勇伝などをテーマした釣り場や釣具店での会話はなんとも楽しいものです。

引用元-04 ブラックバス釣りは魅力がいっぱい! – MAGIC-CAST BLOG

 - アウトドア, 釣りフィッシング

ページ
上部へ