高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】1回戦 旭川龍谷高校vs大社高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】1回戦 旭川龍谷高校vs大社高校|白球の足あと

旭川龍谷高校vs大社高校

1985年 第67回選手権大会1回戦 

KK最後の甲子園大会の開会式は感慨深いものであった。

その直後の開幕試合は南北に離れた2校が素晴らしい接戦を

見せてくれた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

北の実力校、旭川龍谷

南北に別れた北海道代表の2高校を比べると、やや南北海道代表の活躍に北北海道代表は押され気味である。

2学年前に南北海道代表の駒大岩見沢が北国旋風を巻き起こした際も、北北海道代表の旭川龍谷は存在感をアピールするに至らなかった。

だが、当時の旭川龍谷とは比較にならないほど、このチームは強い。

春の北海道大会では優勝した東海大四高校に屈したが、2年生エース泉が伊達高校戦で完全試合を達成した。

一気に優勝候補に躍り出た旭川龍谷は、その勢いのままに夏の予選大会は圧勝の連続。

唯一、準決勝で帯広三条高校と1点を争う投手戦になったが泉投手の好投で競り勝った。

決勝の釧路湖陵戦は遺憾無く実力を発揮し、8-0の完勝で強さを見せつけた。

伝統の底力で甲子園行き

この年代の島根県内はまず作秋の優勝高校である大田高校が優勝候補として真っ先に名前が取り沙汰された。

守りが固く、投打にバランスのとれたチームで最高の評価を得ていた。

2番手グループと目された強打の江の川高校、前年夏の甲子園出場メンバーが4人残る益田東高校、安定感は低いが持ち前の伝統野球が売りの大社高校が有力チームとされていた。

しかし、夏の県予選が始まるとV候補ナンバー1の大田高校が序盤で姿を消す波乱のスタートとなった。

一気に群雄割拠となるかと思われたが、2番手グループの3校が順当にベスト8進出を果たした。

準決勝で毎試合コールド勝ちをおさめてきた江の川高校が益田東に強打を封じられ、3-9で敗れた。

もう1つの準決勝では大社高校が浜田商業に3-2で競り勝った。

決勝は両エースが渾身の力で投げ合い、好ゲームとなった。

そして1-1で迎えた終盤に1点を勝ち越した大社高校が7回目の甲子園出場を決めた。

がっぷり四つの開幕試合

旭川龍谷には、初球打ちの名人と呼ばれる岡田選手がいる。

1回の表、そのトップの岡田が初球を思いきり叩いてレフト前ヒット。

実はホームランを狙ってフルスイングしたと言う岡田選手のハッスルプレーにチームは勢い付いた。

2番田中が送りバントを決めたあと、3番橋本がセンター前にタイムリーヒットを放ち、旭川龍谷が先制のホームを踏んだ。

このあと、ツーアウトから5番池辺がセンター前ヒットを放つと、続く佐々木がライト前にタイムリーを放って2点目を追加した。

1回、2回とランナーを出すものの残塁に終わっていた大社は3回裏、ワンアウトランナー2塁から3番中山が内野安打で出塁すると、続く4番板垣が左中間にタイムリーツーベースを放って一気に同点に追い付いた。

初球、決勝ホームラン

序盤に2点ずつ取り合った後は大社エース安藤、旭川龍谷エース泉の両2年生ピッチャーの投げ合いが始まり、4回から投手戦になった。

序盤に失点したのが嘘のように、9回終わって0行進を続けて開幕試合は延長戦へと突入する事になった。

延長10回表、旭川龍谷の攻撃はワンアウト。

続く打席にはトップに戻って岡田。

1打席目に快音を響かせてから3打席ノーヒットであった岡田は、ここで初球をフルスイング。

打球は高々と舞い上がり、レフトラッキーゾーンに飛び込んでいった。

1点もらった泉投手はその裏、大社の攻撃を三者凡退に抑えてガッツポーズ。

試合は旭川龍谷高校が3-2で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

久しぶりに北北海道の強いチームの登場でした。

しかし、初球打ちの名人の岡田選手はアッパレの一言ですね。

大会第1号が決勝点となりました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ