高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】1回戦 関東一高校vs花園高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】1回戦 関東一高校vs花園高校|白球の足あと

関東一高校vs花園高校

1985年 第67回選手権大会1回戦 

初出場同士の対戦は大会の雰囲気をより一掃と清々しくさせてくれる。

だがその雰囲気を関東一の打線が吹き飛ばす。

センバツ準優勝の帝京を打ち負かした打撃がついに火を吹いた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

東京ナンバー1右腕を撃破

センバツ準優勝の帝京高校が春の東京大会でも圧倒的な強さを見せつけて優勝し、関東大会をも制した。

これにより、東東京大会の夏の予選も帝京が優勝候補のナンバー1と予想されるのは当たり前の空気が漂っていた。

予選大会に突入すると帝京と関東一の打撃が目を引いて、有力と目された早稲田実業と岩倉は早めに姿を消した。

帝京エース小林昭則(後にロッテ)はセンバツで3試合を完封したように関東大会でも21イニング連続無失点を見せたが、予選大会においても準々決勝までさすがの安定感を見せた。

しかし準決勝で二松学舎に5失点し、不安を残した。

一方の関東一は投手力を補うほど打線が絶好調であった。

そして迎えた決勝は序盤から関東一が得点を重ね、帝京が食らい付く展開。

1点差で迎えた終盤に関東一が爆発し、一挙8点を奪って試合を決めた。

京都に新しい歴史

京都の強豪として君臨していた平安高校に対し、近年は京都西高校が府内で猛威を奮い始めた。

この年代も前年春夏連続出場をしている京都西が優勝候補の1番手と見られていた。

それを追うのが大谷高校と平安高校、東山高校といった古豪勢力、そして新星の花園高校が2番手グループと目された。

大会が始まるとその5強は順当にベスト8に駒を進めた。

そして準々決勝で京都西と大谷が激突し、打ち合いの末に大谷が京都西を撃破した。

一方、東山と花園も苦しい試合を物にしてベスト4へ進出する。

準決勝では平安が東山に10-6で打ち勝ち、決勝へ駒を進めた。

京都西との事実上の決勝戦と言われた試合をものにした大谷に対し、花園は序盤から圧倒して勝利を上げた。

決勝は平安が3点をリードしたが、花園が粘って逆転に成功し、初の甲子園行きを決めた。

初出場とは思えぬ打撃力

1回の裏、花園はワンアウトランナー1、2塁のチャンスを作るが4番空木、5番小瀬が共に力んで無得点に終わった。

関東一は2回表、ツーアウトランナー1塁から7番塩田が左中間を破るタイムリースリーベースを放って先制する。

これで帝京の小林投手を粉砕した打線が目を覚ました。

3回表、関東一はツーアウトランナー1塁で3番田辺がレフトラッキーゾーンに飛び込むツーランホームランを放って狼煙を上げた。

関東一は3回表にも西浦のタイムリーヒットとピッチャー木島の犠牲フライで2点を追加し、完全に試合の主導権を握った。

パワー打線はホンモノ

5点差をつけて迎えた5回表、前の打席でホームランを放った3番田辺が今度はセンターバックスクリーンに飛び込む2打席連続ホームラン。

この後も塩田が再びスリーベースを放つと西浦、木島、寺島に連続タイムリーが生まれてこの回一挙5点を奪った。

まだまだ手は休めない関東一は6回表、田辺、山本が連続ヒットで出塁したあと、5番古賀にタイムリーツーベースが飛び出して2点を追加した。

2回から6回まで5イニング連続得点で凄まじい攻撃力を見せつけた。

12点差をつけられた花園も6回裏、ツーアウトからデッドボールで出塁した辻をおいて田辺、高山の代打2人が連続ヒットを放ち、意地のホームインを見せた。

しかし大量点が響き、試合はこのまま12-1で関東一高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

帝京を破ってきた関東一は噂通りの破壊力を見せてくれました。

田辺選手は木製バットでラッキーゾーンまで運んでいたのが印象的でした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ