高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】1回戦 沖縄水産高校vs函館有斗高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】1回戦 沖縄水産高校vs函館有斗高校|白球の足あと

沖縄水産高校vs函館有斗高校

1985年 第67回選手権大会1回戦 

沖縄県の代表と南北海道の代表という、まさに端から端と言って

いいほど離れた2校の対決となった。

試合は初回の攻防が後に響いた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

沖縄の常連校へ

沖縄県と言えばまず名門興南高校の活躍が目立ち、この年代も優勝候補の1角を担う。

しかし前年の沖縄水産高校が初出場を決め、甲子園で早くも記念すべき初勝利を上げると一気に自信をつけた。

この年代の沖縄水産もレベルが高く、活躍した前年よりも全てにおいてスケールが上と評価されていた。

この2強のどちらかで甲子園行きは決まるだろうと言われるほど群を抜いていた2校は、予選が始まると圧倒的な強さを見せつけて勝ち上がる。

そして決勝はやはり興南と沖縄水産の2強で争うことになった。

先に先制した興南に対し、沖縄水産は逆転。中盤は点の取り合いになる激しい争いとなった。

両打撃陣の差は無かったが、沖縄水産エース安里が踏ん張り、7-5で沖縄水産が2連覇を果たした。

火花散る激戦地を制して

良い意味で何処が勝ってもおかしくない、強豪揃いとなったこの年代の南北海道大会。

センバツで1勝した駒大岩見沢が安泰と言えないハイレベルの格好である。

前年センバツを辞退した函館有斗が大型打線を形成し、優勝候補の1番手。

しかし春の全道大会で函館有斗にコールド勝ちを見せた東海大四も候補の1角。

それに駒大岩見沢が加わり3強とされたが北海道日大、北海、も差の無い実力高校の存在が混線模様に拍車をかけた。

予選が始まると激戦の連続。

東海大四と北海道日大が序盤から姿を消すと苫小牧工業、函館工業の2校が大躍進を見せてベスト4入り。

駒大岩見沢は北海、函館有斗は札幌第一を破る。

準決勝では函館有斗が逆転で函館工業を破る。

苫小牧工業と駒大岩見沢の対決は延長の末に苫小牧工業が虎の子の1点を守った。

決勝は序盤から苫小牧工業が3点をリードしたが魔の3回、函館有斗が一気に7点を奪うと試合も8-4で押しきった。

南北対決は初回から

1回の表、沖縄水産は先頭の松田がヒットで出塁。

空かさず盗塁を決めた後に2番次呂久がバントで送りランナー3塁とチャンス。

ここでキャッチャーのミスから沖縄水産が先制のホームを踏んだ。

その裏、函館有斗も先頭の川原がヒットで出塁する。

2番安岡が送りバントを決めてランナー2塁とし、同じようにチャンスを作った。

しかし沖縄水産エース安里が冷静に踏ん張り、後続を抑えた。

函館有斗は2回、3回とヒットでランナーを出すもののいずれもダブルプレーに倒れてチャンスをいかせれ無かった。

すると3回表に沖縄水産が上原のタイムリーで1点、4回表にはヒット2本と相手エラーで1点とチャンスを確実に追加点に結びつけた。

全員安打で圧勝

5回表には函館有斗のエース阿部が乱れて4つのフォアボールを与えて2失点。

これ以上失点を防ぎたい函館有斗はマウンドに1年生ピッチャー盛田幸妃(後に大洋)を送るが、その盛田も6回表に3番上原にホームランを浴びるなどした。

8-0とされた6回裏、函館有斗はトップの川原が右中間にスリーベースヒット。

3番五味川のライトフライが犠牲フライとなり、1点を返した。

しかし8回表、沖縄水産はワンアウトランナー2、3塁から4番宜保がセンター前に2点タイムリーヒットを放ち、函館有斗の反撃ムードを掻き消した。

9回表にはこの日ヒットを放っていない6番嘉瀬、9番安里にヒットが生まれて沖縄水産は全員安打を達成した。

そしてこの回に1点を追加してダメ押しとなり、沖縄水産が11-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

初回にエラーが無ければ、初回に同点に追い付いていれば、など初回の攻防がペースを左右しました。

沖縄水産の全員安打は見事でしたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ