高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】1回戦 北陸大谷高校vs鹿児島商工高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】1回戦 北陸大谷高校vs鹿児島商工高校|白球の足あと

北陸大谷高校vs鹿児島商工高校

1985年 第67回選手権大会1回戦 

前年ベスト8に進出した鹿児島商工としては、目標はそれ以上となる。

これに立ち向かうは初出場の北陸大谷。

この試合は後半にシーソーゲームとなる激戦となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

初の甲子園切符を手にして

石川県と言えば常連の星稜高校が真っ先に名前が上げられる。

この年代はその星稜が前年の湯上谷宏(後に南海)等の卒業により、やや小型化したと見られた。

そこで有力とされたのは星稜の他に金沢高校、小松商業、北陸大谷高校、輪島高校の5校であった。

県予選が始まるとやはり星稜が意地を見せて勝ち進む。

有力視された金沢と小松商業が早めに姿を消すと、地力に勝る星稜の2連覇が現実味を帯びたかのように思えた。

だが北陸大谷が輪島との有力対決を制するとその勢いは決勝で星稜を飲み込んだ。

序盤から北陸大谷の打線が火を吹き、3回の時点で6点を奪うと星稜は焦った。

中盤から冷静さを取り戻し4点を返したが、終盤にダメ押しをされて北陸大谷が完勝した。

3季連続出場を果す

前年夏の選手県大会においてベスト8に進出した鹿児島商工。

夏の後、新チームは秋の九州チャンピオンとなった。

センバツ大会では徳島商業に完勝し、2回戦でも優勝した伊野商業に善戦した。

こうした事から、鹿児島商工は前年を凌ぐ実力でこの夏も優勝候補の1番手である。

鹿児島商工を脅かすとすれば、県内屈指の投手である本東の鹿児島高校か春の県大会を制した鹿児島商業というところであった。

県予選が始まるとその3チームが勝ち上がる。

準々決勝で鹿児島商工が長濱と本東の投手戦の末、1-0で鹿児島を下した。

これで楽になった鹿児島商工は準決勝で名門鹿児島実業に完勝した。

決勝の鹿児島商業戦は疲れからか、鹿児島商業打線が猛攻を仕掛けて乱打戦になった。

しかし力強い鹿児島商工が中盤から猛打で逆転を見せて9-7で制し、3季連続の出場を決めた。

初出場らしくのびのび

3季連続となる鹿児島商工は1回の裏、ツーアウトランナー1、3塁として5番鳥越がレフトにタイムリーヒットを放って早くも先制した。

さすがの攻めで常連校らしさを見せつけた。

しかし初出場の北陸大谷は直ぐ様2回表、フォアボールとヒットで作ったワンアウトランナー1、3塁のチャンスに7番石田が左中間を破るタイムリーツーベースを放ち逆転に成功した。

このあともヒットが続き、一気に3点を奪った。

このあとは両エースが立ち直り、5回終わって3-1のまま後半戦に入った。

6回裏、鹿児島商工はフォアボールのランナーを置いて6番菊橋が右中間を破るタイムリーツーベースを放ち、1点を返した。

ホームランにはホームラン

1点差となり迎えた8回表、北陸大谷は当たっている7番石田がレフトにツーベースヒット。

続く8番奥野のセンター前ヒットをセンターがもたついている間に石田がホームを踏んで再び2点差とした。

8回裏、鹿児島商工はこの回先頭の寺山がツーベースヒットで出塁する。

ワンアウト後、先程ツーベースを放った菊橋がまたしてもジャストミートし、打球はレフトスタンドに飛び込む同点ツーランとなった。

終盤に追い付かれた北陸大谷は9回表、ワンアウトから3番石川が負けじとレフトラッキーゾーンに突き刺さるホームランを放ち、再び1点を勝ち越した。

しかし最終回に鹿児島商工も黙っていない。

この回先頭の1番有村の打球は綺麗な放物線を描く同点のホームランとなった。

続く2番松下が右中間を破るスリーベースヒットを放ち、サヨナラのランナーとなる。

すると北陸大谷バッテリーは敬遠をして、満塁策を選んだ。

そして5番鳥越は押せ押せムードそのままにレフトへサヨナラヒットを放ち、試合は鹿児島商工が6-5で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

終盤に流れるようなドラマがあり、目が離せれませんでした。

9回の北陸大谷は先頭バッターが盗塁失敗していなければツーランでした。

もし、そうであっても最終回の鹿児島商工の勢いは凄かったでしょう。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ