高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】1回戦 磐城高校vs熊本西高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】1回戦 磐城高校vs熊本西高校|白球の足あと

磐城高校vs熊本西高校

1985年 第67回選手権大会1回戦 

互いに予選では下馬評を覆して甲子園の切符を手中に納めた。

甲子園大会でも無欲の野球で勝利を目指す。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

絶対的V候補を倒す

福島県下ナンバー1の呼び声高い学法石川高校の目標は、3年連続の選手権出場他ならない。

それが現実味を帯びたのは作秋、春と連続で頂点に達した実績が県内では敵なしと言われた理由である。

この学法石川に対抗できるチームは無いが、一応絞りに絞って2番手グループを作るならば日大東北高校、会津高校、郡山高校くらいであった。

しかし学法石川の独壇場を阻止したのは大会前からノーマーク扱いされていた古豪、磐城高校であった。

磐城は準々決勝で県内無敵の学法石川に7-4で打ち勝つ。

これが大いに自信となった磐城は準決勝で2番手グループと見られた日大東北をも打ち勝って8-4と攻略した。

決勝は若松商業との争いとなり、接戦となったがこれも4-3で制して甲子園の切符を手中に納めた。

熊本発、初出場

この年代の熊本県内の甲子園行き最有力はまず前年Vの鎮西高校、毎年投打のバランスの良いチームを作る名門の熊本工業、クリーンアップの破壊力に定評のある東海大二高校等が3強を形成していた。

この3強がつまずくとすれば済々黌や専大玉名の台頭も考えられる、というのが大会前の予想であった。

しかし、この展開予想が全く宛になら無かったのがこの年の熊本県予選大会。

3強で勝ち上がったのは熊本工業の1校のみで、有力チームに勝ったチームも次の戦いで敗れたり、まさに波乱の大会となった。

その熊本工業も準々決勝で多良木高校に乱打戦の末に敗れた。

これで注目を浴びた多良木も準決勝で九州学院に完封負け。

ここまで紆余曲折の大会も稀有であろう。

すると逆のブロックからスルスルと勝ち上がってきた熊本西高校が九州学院に3-2で競り勝ち、初の甲子園の切符を手中に納めた。

接戦、血染めの投球

磐城は1回の表にツーアウトから3番白石が右中間にスリーベースヒットを放つも、後続が抑えられて無得点に終わった。

逆に熊本西は1回裏、トップの藤森がツーベースヒット。

これに圧されたか磐城ナインはフィールダーチョイスとフォアボールでノーアウト満塁とピンチを迎えた。

ここでエース山沢が意地を見せてツーアウトまでこじつけた。

しかし6番毛利がフォアボールを選んで押し出しすると、続く7番米本のセンター前ヒットで2人が還り、初回に3点を先制した。

2回裏、踏ん張る山沢投手は右手のマメが破れてしまうが血染めの投球で2回から追加点を与えなかった。

効果的に初の白星

血染めの山沢を援護したい磐城は5回表にワンアウトランナー2塁から2番酒井、3番白石の連絡タイムリーなどで2点を返し、1点差とした。

しかしその裏、熊本西はトップの藤森がこの日2本目となるツーベースを放つと盗塁を決めてランナー3塁。

続く水田の犠牲フライで再び点差を広げた。

これでまたしてもペースは熊本西へ傾いた。

すると熊本西は7回裏、四死球で出た2人のランナーを置いて2番水田が左中間を破るタイムリースリーベースヒットを放った。

このあと、4番坂本の犠牲フライもあって一気に3点を追加する形となった。

4回から毎回ヒットを重ねている磐城はここぞのタイムリーが生まれずにホームが遠い。

それでも一矢報いたい思いで最終回に連打で作ったチャンスで4番大和田が犠牲フライを放ち、1点を返した。

しかし反撃もここまで。

試合は7-3で熊本西が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

チャンスは12安打を放った磐城にも多いにありました。

しかし、7安打で7得点した熊本西の効率の良い攻撃には脱帽の一言ですね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ