高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】1回戦 福岡高校vs佐賀商業高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】1回戦 福岡高校vs佐賀商業高校|白球の足あと

福岡高校vs佐賀商業高校

1985年 第67回選手権大会1回戦 

甲子園大会には魔のイニングが存在することがある。

それはいつ訪れるのか、原因もタイミングも全くわからない。

やはり甲子園には魔物がいるのだろうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

低迷の岩手県代表

前年に岩手県を大きくクローズアップさせたのは、大船渡高校のセンバツベスト4進出という功績のお陰である。

しかし夏の甲子園大会となると話は変わる。

夏の選手権大会に限ると、岩手県代表は7年連続で1回戦敗退である。

前年センバツで大活躍した大船渡高校でさえ初戦の壁を敗れなかったのだから、岩手県勢とすれば事態は深刻である。

その大船渡メンバーが去ったこの年代は大船渡工業が春の岩手県大会を制して有力とされていた。

しかし夏の予選大会に入るとその大船渡工業が序盤に姿を消す。

波乱の岩手県予選を勝ち上がったのは左の斎藤、右の沢村と両エースを揃えた福岡高校であった。

防御率1点台の二人が1回戦突破を目指す。

混戦を制するは名門

前年あまりの混戦模様に予想が全く立たなかった佐賀県大会。

この年代はそれに拍車をかけたように乱戦模様となった。

有力と目されただけでも春の県大会を2連覇した佐賀西高校、県下ナンバー1ピッチャーの呼び声高い古賀率いる佐賀学園、長打率ナンバー1の唐津西高校、前年夏の経験者が残る唐津商業、と何処のチームにもチャンスがある状態の夏の予選となった。

その戦国大会でやはり勝ち抜くには投打のバランス。

打力に定評のあった佐賀商業が守備力と投手力を徹底的に鍛え直し、密かに自信を持って望んだこの県大会は佐賀商業の強さが際立つ快勝の連続であった。

準決勝では12-2という猛打を見せつけて余裕の甲子園王手をかける。

2連覇を目指し勝ち上がってきた唐津商業との決勝も序盤から佐賀商業の猛打が炸裂。

毎回安打と毎回にランナーを出す一方的な攻撃を見せた佐賀商業が13-2の大差で8回目の甲子園を決めた。

序盤は接戦に

伝統の守りの野球が身上の福岡高校に対して佐賀商業の左右ジグザグの強力打線。

この試合を左右するのは、いかに自分たちの野球に持ち込むか、であった。

1回の表、福岡は佐賀商業エース北村の乱れからフォアボールを選び、ワンアウトランナー2塁のチャンス。

ここで2年生4番中田が北村のストレートを捉えてセンター前にタイムリーヒットを放って早くも初回に1点を先制した。

福岡高校エース斎藤は立ち上がりから丁寧に低めをついて1回、2回を三者凡退に抑えた。

しかし3回裏に佐賀商業はエラーでランナーを2塁に進めるとトップの光岡がセンター前にタイムリーヒットを放ち、同点とした。

守りのミスは福岡高校にとって悔しいものがあった。

10人攻撃

4回裏、佐賀商業はワンアウトから4番坂井のツーベースヒットで盛り上がると、5番深川内野ゴロがエラーを呼ぶ。

動揺したか、これまで制球の良かった斎藤投手のコントロールが甘くなり、佐賀商業打線に火がついた。

田中のサード強襲ツーベース、前田秀がフォアボール、前田誠がセンター前ヒット、北村のセンター前ヒット、トップ光岡のライト前ヒット、2番松本のスクイズと、猛攻を見せた佐賀商業に一挙5点が入った。

魔の4回となった斎藤投手であるが、このあとはしっかり立ち直った。

その斎藤を援護すべく福岡は6回表、ツーアウトランナー1、2塁から4番中田、5番安田が連続ツーベースヒットを放って3点を返した。

斎藤投手は5回以降立ち上がりのような制球力を見せたが、4回の乱調が決め手とされた。

試合はこのまま6-4で佐賀商業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

5回以降の4イニングをパーフェクトに抑えた斎藤投手、あの4回が無ければ本当にわからない試合になったかも知れません。

逆に集中攻撃を発揮した佐賀商業が見事でしたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ