高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】1回戦 能代商業高校vs久留米商業高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】1回戦 能代商業高校vs久留米商業高校|白球の足あと

能代商業高校vs久留米商業高校

1985年 第67回選手権大会1回戦 

互いに県予選では有力の立場であったが、県内の大本命が敗れる中を

この両チームはキッチリ勝ち抜いての甲子園となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

金足農業に続け

秋田県の高校野球の歴史は深く、第1回大会で準優勝した秋田中がその後もベスト4、ベスト8進出を果たしている。

しかしそれは戦前の話であり、それ以降は低迷の一途をたどる。

それだけに前年の秋田県代表であった金足農業の初出場でベスト4進出という快挙が、秋田県内のレベルを引き上げたようにこの年も活性化した。

その中で秋田経法大付の田中投手が140キロのストレートを武器に優勝候補の筆頭に立った。

しかし有力の2番手と目された能代商業は、その予想を裏切るかのように打線のパワーアップさせていた。

夏の予選は好投手が軒並み打ち込まれる打高投低。

秋田経法大付も敗退した。

そうなれば能代商業打線が真価を発揮して打ちまくり、一気に頂点に立った。

終盤3試合で24得点と、安定した打撃であった。

3強よりも強かった久留米商業

センバツで強打を見せつけた東海大五、センバツで140キロを越す快速球を見せつけた東筑高校、このセンバツ組に加えて前年の甲子園経験者が7人も残る福岡大大濠高校。

この3強だけでもこの年の福岡県内のレベルが、いかに高いかが伺えるだろう。

この3強を脅かす存在はこれと言っていなく、3強の中から甲子園行きは決まるだろうと思われた。

しかし予選が始まると投高打低。

東海大五も福岡大大濠も序盤で姿を消す波乱の大会となった。

そうなると投手力の良いチームが勝ち残り、桧山泰浩(後に近鉄バッファローズ)率いる東筑と久留米商業の秋吉投手の活躍が目立った。

そしてその2人が準決勝で激突し、事実上の決勝戦を繰り広げると秋吉投手が東筑高校を封じ、久留米商業が競り勝つ。

決勝は疲れの見える久留米商業が地力の強さで福岡第一に6-3で勝ち、2年ぶりの甲子園を決めた。

今大会最年少監督

久留米商業の高野監督は、この大会で最年少監督の22歳。

エースの秋吉投手は2年前に甲子園のマウンドを少し踏んでいるので、秋吉投手の方が落ち着いていたのかも知れない。

秋吉は能代商業のトップバッター岡本を三振に仕止めると、三者凡退の素晴らしい立ち上がりを見せた。

その裏、久留米商業はワンアウトから2番八谷が三塁線を破るツーベースヒットで出塁。

ツーアウトになった後、4番田中丈が小松投手のストレートを救い上げる。

打球は綺麗な放物線を画くとレフトラッキーゾーンに飛び込む先制ツーランホームランとなった。

これで完全にリラックスした秋吉投手は、どんどん波に乗っていく。

そつなく快勝久留米商

序盤から好投を続ける秋吉投手に打線は援護で答える。

4回裏、田中慎と床島のヒットでチャンスを作ると8番光山のヒットがタイムリーとなって3点目を追加した。

予選では得点力の高かった打線も、序盤は単打2本しか打てず苦戦が続く能代商業。

5回、6回とエラーやフォアボールで出したランナーもダブルプレーでチャンスを広げれない。

秋吉投手の変則サイドスローはコントロールも素晴らしく、打たれる気がしない。

8回裏、久留米商業はツーアウトから6番高山がライト線にツーベースヒットで出塁。

続く7番床島の打球はショートのトンネルを呼ぶタイムリーエラーとなり、ダメ押しの4点目を追加した。

一矢報いたい能代商業は最終回、ワンアウトから2番長門が左中間を破るスリーベースヒット。

せめて完封を阻止したいところであったが、秋吉投手は最後まで冷静に後続を抑えて4-0で久留米商業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

2年前にベスト4進出を果たした久留米商業、そのベンチに1年生ながら入っていた秋吉投手の経験が活かされましたね。

能代商業を寄せ付けない3安打完封でした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ