高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】2回戦 広島工業高校vs日立一高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】2回戦 広島工業高校vs日立一高校|白球の足あと

広島工業高校vs日立一高校

1985年 第67回選手権大会2回戦 

激戦区の広島大会で1度も先発の機会がなかった増田投手。

40000人を越す大観衆の中、甲子園の神様は増田投手に

舞い降りた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

名門が揃う広島大会

この年の広島県内は高校野球ファンを楽しませるには打ってつけの大会となった。

まずは下馬評が芳しくなくても勝ち上がる広島商業。

気がつくと4年連続で夏の甲子園出場を果たしている。

この年も春の甲子園に出場し、名門ぶりを発揮している。

そして広陵高校、崇徳高校、広島工業といった広島商業と紙一重の実力をもつ名門チームにも甲子園切符のチャンスはあった。

この混戦ムードの中で夏の予選が始まるとその4チームがベスト8に勝ち上がり、さらに白熱を増した。

先に激突したのは広陵と広島商業で、広陵が7-5で競り勝った。

この勢いで広陵は準決勝で崇徳を15-2と撃破した。

もう一方の準決勝は広島工業が西条農業に14-0と大勝し、満を持しての決勝進出となった。

決勝は1点を争う好ゲームとなったが、エース上田の好投により広島工業が優勝した。

前年の優勝校を輩出した茨城

茨城県の高校野球界にとって、前年夏の代表、取手二高校の全国制覇は実に衝撃的であった。

茨城県勢初の優勝と共に最強と言われたPL学園を破っての栄冠は、県内の高校野球のレベルアップの飛躍を担うには十分過ぎる実績となった。

その取手二を率いた木内監督の移籍により、常総学院が優勝候補に躍り出た。

他にも春を制した牛久高校と岩井高校という新鋭高校に竜ヶ崎一高校や日立一高校といった県下古豪勢が有力チームと目された。

夏の予選が始まると新鋭勢が苦戦。

唯一ベスト8に残った常総学院も逆転サヨナラで日立工業に屈した。

その日立工業に準決勝で逆転勝ちをしたのが県内の強豪として君臨していた日立一。

日立一は決勝でも土浦三高校に1-7と大差をつけられてから追い付くと、延長11回にサヨナラ決着で念願の甲子園切符を勝ちとった。

奇襲?初の先発

日立一のマウンドに上がったのは県予選で1度も先発の機会がなかった増田投手。

増田は先頭バッターにフォアボールを与えるも、2番竹下をダブルプレーに仕止めてエンジンが全開となった。

一方、広島工業の先発もエース田中では無く、2年生の上田。

上田は重そうなストレートで立ち上がりを全て内野ゴロに抑えた。

2回裏、日立一は2つの四死球からツーアウトランナー1、2塁として8番1年生の綿引が右中間を破るタイムリースリーベースを放ち、日立一が2点を先制した。

これでさらにリラックスした増田投手は、フォアボールは出すものの丹念に低めをついて4回終わって広島工業にヒットを許さない制球力を見せた。

完璧ピッチングで初勝利

広島工業が5回表に7番戌丸がようやく初ヒットを放った。

しかしツーアウトからでは増田投手を攻略するのには難しい。

その裏、日立一はワンアウトからトップの岡がレフト線にツーベースヒットで出塁すると、2番石川がレフト前ヒット。

続く飯塚がデッドボールで出塁して満塁とチャンスを広げる。

すると4番鎮目がキッチリと犠牲フライを放ち、日立一に3点目をもたらした。

増田投手は6回表も全て内野ゴロに抑える気を抜かないピッチング。

広島工業は7回表にこの試合初めてヒットで先頭打者を出す。

しかし増田の低めに決まるカーブにまたもやダブルプレーに打ちとられた。

その裏、日立一は2本のヒットとフォアボールでワンアウト満塁のチャンス。

ここでピッチャー増田が犠牲フライを放ち、4点目のホームインを踏んだ。

増田はこの後も広島工業にヒットを1本しか許さず3安打完封。

日立一が4-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

この夏、初の先発となった増田投手でしたが2塁を踏ませない3安打完封とは見事につきました。

広島工業の2年生ピッチャー、上田投手も素晴らしかったです。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ