高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】2回戦 海星高校vs和歌山工業高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】2回戦 海星高校vs和歌山工業高校|白球の足あと

海星高校vs和歌山工業高校

1985年 第67回選手権大会2回戦 

出場5回目にして初の甲子園1勝を狙う三重県の海星高校。

相手は前年に甲子園を経験している和歌山工業の森岡投手。

試合は序盤から動いた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

ダークホースから三重県制覇

この年代から10年間前までの三重県の高校野球はというと、ベスト8に1度も進出していない少し寂しい成績である。

その中で前年を含む5年間で3度の選手権出場を果たした明野高校はこの春も出場し、三重県の高校野球の歴史に一石を投じている。

この夏も3季連続は確実と目されていた。

夏の予選に入ると、明野は前評判通りに勝ち進む、と同時に海星高校も勝ち上がった。

エース北野が重い速球を武器に有力チームの木本高校に競り勝つと決勝進出を決める。

もう1つの準決勝は明野が桑名北を8-1と快勝し、決勝はやはり明野が勝つと予想された。

しかし決勝でいきなり海星が先制すると、明野は北野投手を打ち倦み、焦りからペースを掴めない。

結局は奇襲の成功した海星が予想を覆し、甲子園切符を手にした。

一強時代に終止符を

公立高校として唯一の春夏連覇を達成している箕島高校。

その金字塔を抜きにしたとしても、甲子園で数々の奇跡的な試合を生み出した功績は計り知れない。

また、吉井理人(後に近鉄バッファローズ)や嶋田章弘(後に阪神タイガース)、杉本正志(後に広島東洋カープ)を輩出しているだけに、和歌山県内において箕島の存在感は圧倒的なものがあった。

それだけに県下ではストップ箕島、が合言葉であった。

夏の予選に入り、この年のセンバツ出場校である智弁和歌山を箕島は8-2と退けると、箕島3連覇の声も高まった。

しかし準決勝で和歌山工業の森岡投手が箕島を完封した。

森岡投手は前年センバツで敗れはしたものの、都城の田口竜二(後に南海ホークス)と投げあった好投手であった。

森岡投手は決勝でも好投し、田辺高校に2-1で競り勝って4年ぶりの甲子園出場を決めた。

ペースを掴んだダブルスチール

1回裏、和歌山工業はワンアウトから2番古屋がデッドボールで出塁すると見事な二盗、三盗を見せてツーアウトながらランナー3塁のチャンスを作る。

ここで4番有田が北野投手の重い速球に詰まりながらもセンター前に弾き返し、先制のホームを踏んだ。

2回の表、海星はツーアウトランナー3塁から8番乾が三遊間にヒットを放ち、透かさず同点に追い付いた。

3回表、森岡投手の制球の乱れをついて海星の奥田、樋口がフォアボールを選ぶと意表を突くダブルスチールを決めた。

これに動揺した森岡投手はコントロールが甘くなり、4番市野がこれを見逃さず逆転のタイムリーヒットをレフトに放った。

海星、甲子園初勝利

4-1で海星リードで迎えた4回裏、和歌山工業はワンアウトからフォアボールと貞包と山下の連打で満塁のチャンスを作った。

しかし北野投手の速球が冴え渡り、信定、滝本が連続三振に倒れて無得点に終わった。

すると5回表、海星はワンアウトランナー2塁から野崎、石田、乾、北野、奥田が5人連続ヒットを見せてこの回4得点。

前年の好投の記憶新しい森岡投手をKOした。

これに対して尻上がりに調子の良くなる北野投手は6回裏に三者連続三振を奪った。

海星は和歌山工業2番手ピッチャー塩崎にも連打を浴びせた。

8回表には藤田がタイムリーヒット。

9回表にはエラーなどからチャンスを作るとキッチリとタイムリーと犠牲フライで追加点を重ねていった。

北野投手は最後まで和歌山工業を寄せ付けず、海星高校が11-1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

箕島を完封した森岡投手、本調子には遠かったです。

それに引き換え北野投手の5安打10奪三振は見ごたえありました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ