高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】2回戦 東海大甲府高校vs岡山南高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】2回戦 東海大甲府高校vs岡山南高校|白球の足あと

東海大甲府高校vs岡山南高校

1985年 第67回選手権大会2回戦 

共に前年の甲子園を知る両チーム。

すっかり県内では強豪であり、連覇を達成した。

似たような境遇の両者であるが、試合は一方的になった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

歴代屈指の強さへ

前年、エース四條稔(後に読売ジャイアンツ)を中心に山梨県で強力打線の名を欲しいままにした東海大甲府。

前年の夏の予選ではコールドゲームか二桁得点の連続勝ちで圧倒的に優勝した。

しかし甲子園になると全国クラスの好投手にあたれば打線も思うままにはならなかった。

大型チームの脆さに反省するよう、この年の東海大甲府は力強い打線にプラスして勝負強さが加わった。

予選では準々決勝の吉田高校戦で土壇場で5点差を追い付かれても動揺せずにら冷静に延長で勝ち越した。

決勝でも駿台甲府に中盤で逆転を許す展開となった。

しかしエース福田は慌てる事なくその後を抑えた。

すると終盤にコツコツとチャンスを作り、4-3と逆転サヨナラで連覇を達成した。

前年のベスト8に向けて

前年の夏の甲子園大会におき、ベスト8に進出した岡山南高校。

前年には安定感の高かったエース荒木投手がいた。

この年の投手力は安藤、久志の2枚看板で荒木投手の穴を埋める。

それよりも岡山南の武器はクリーンアップの攻撃力。

2年生で4番だった小林を中心に3番牧原、5番須見の3人は前年からレギュラーという頼もしいメンバーである。

センバツ出場を果たした倉敷商業の高い守備力も有力とされ、この2強の一騎討ちというのが大会前の予想であった。

岡山南の夏3連覇か、倉敷商業の春夏連覇か、県内の夏の予選の話題の通り、2校は勝ち進む。

事実上の決勝となった2強の対決は準決勝にて激突した。

しかし岡山南は倉敷商業の壁を11-2と乗り越えた。

決勝の玉野高校戦は中盤までリードを許したが、終盤一挙7点を奪うなどの猛攻で9-3で優勝した。

眠気を醒ます打球音

互いに活発な打線が売りの両チーム、まずは東海大甲府の4番二宮が2回表、センターオーバーのスリーベースヒットで第1試合の眠気を醒ました。

続く5番鈴木がキッチリ犠牲フライを放ち、東海大甲府が先取点をあげた。

3回表、東海大甲府は秋山がライト前ヒットを放つと9番小浜が送りバントを決める。

ツーアウトになったあと、2番小板橋が強烈なタイムリーヒットをセンターに放ち、2点目のホームを踏んだ。

こうなると東海大甲府は本領発揮。

4回表には4番二宮のヒットから5番鈴木がセンターの頭を越えるスリーベースヒット。

すると今沢、秋山、小浜と連打を浴びせて一気に4点を追加した。

打ち合いを挑んでいた岡山南は5回裏、ツーアウトランナー2塁から8番坂手のヒット等で1点を返す。

しかし6-1で中盤が終わった。

二桁安打同士の明暗

7回表、東海大甲府は先取点と同じように4番二宮のスリーベースヒットと5番鈴木の犠牲フライで1点を追加した。

岡山南はその裏に4番小林が右中間へツーベース。

このあとツーアウトから田中のタイムリーヒットで2点目のホームを踏んだ。

しかし8回表に東海大甲府は小浜のヒットからチャンスを作ると北山が犠牲フライを放って突き放す。

9回表には東海大甲府の強力打線に火がつく。

この回先頭の杉村のヒットからワンアウト後に5番鈴木がセンター前ヒット、続く6番今沢がライト前ヒット、そして7番福田、8番秋山のセンター前ヒットと4連打を集中させて一気に3点を追加した。

東海大甲府は19安打を放った。

岡山南も10安打を放った。

特に終盤の3イニングでツーベース2本を含む6安打を放つも、あと1本が出なかった。

試合は東海大甲府が11-2で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

同じ打線に力のある両者でありましたが、東海大甲府の勝因は集中打でしょうね。

またエースの福田投手が要所を耐えましたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ