高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】2回戦 関東一高校vs国学院栃木高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】2回戦 関東一高校vs国学院栃木高校|白球の足あと

関東一高校vs国学院栃木高校

1985年 第67回選手権大会2回戦 

共に初出場同士の爽やかな対戦となった。

しかし両者はレベルの高い関東代表とあって、試合は緊迫した

好ゲームとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

隠れ優勝候補

春のセンバツ甲子園大会で準優勝した帝京高校。

その強豪である帝京を東東京大会で破り、初の甲子園出場を果たした関東一高校は1回戦でその噂に違わぬ強さを存分に見せつけた。

センバツ大会5試合で防御率が驚異の1.2以下であった帝京の小林昭則(後にロッテオリオンズ)に対して15安打12得点を叩き出したパワー打線は、甲子園の舞台でも爆発。

京都代表の花園高校を相手に18安打12得点の猛打を見せた。

3番田辺は2打席連続ホームランを打った。

この年の夏の大会は初出場が11校を数えるが、関東一の実力は抜けていると目されて、優勝候補を脅かす存在になるかも知れないとの評価を得た。

後はエース木島が好投すれば、日本一も見えてくるのかも知れない。

初出場は国学院

この年代の栃木県内はある意味で混戦となっていた。

その混戦と予想された理由は、県内に安定感のあるエースが不在と言っても過言では無いほどの弱投強打の県内レベルであった。

その中で有力と言われたのは前年の甲子園出場メンバーが残る足利工業、打力に定評のある宇都宮学園、前年秋の栃木チャンピオンである葛生高校、総合力の高い鹿沼商工や国学院栃木、といったチームであった。

夏の予選が始まると、打ち勝つチームが多い中、鹿沼商工の石川投手と国学院栃木の鈴木薫投手が群を抜いた安定感を見せて勝ち上がって行く。

投低打高の傾向の中、安定したピッチャーの存在は非常に有利であり、実際にその2校が決勝まで勝ち上がった。

決勝はその両エースが頂点を決めるのに相応しい、素晴らしいピッチングを展開した。

試合は虎の子の1点を奪った国学院栃木がそのまま押しきり、初の甲子園出場を決めた。

白熱、初回の攻防

1回の表、関東一はワンアウトから2番室井、3番田辺が連打で出塁する。

ツーアウト後、5番古賀が左中間を抜くタイムリーツーベースヒットを放ち二者生還、いきなり2点を先制した。

いきなり面を食らった国学院栃木であったがその裏、ワンアウトから2番坂巻がフォアボールで歩くと3番宮田がサード強襲ヒットを放ち、チャンスを広げる。

ここで4番福田がライト前にタイムリーヒットを放って1点を返すと、5番古後のヒットから2点目を奪い、早くも同点に追い付いた。

試合は初回から3安打ずつ放ち、2点ずつを奪う気温に負けない熱い闘いとなった。

またしても田辺

初回から互いに得点し、打撃戦の匂いもしたこの試合は2回から投手戦に突入する。

栃木予選で安定したピッチングを見せた国学院の鈴木薫、いつもは得点力の高い打線に大量援護をもらう関東一の木島と、互いにバックに助けられながらも相手打線を翻弄し続けた。

2回から7回までの6イニングで互いに何度もランナーを出したが2-2のまま試合は終盤8回表に入った。

8回表、関東一はこの回先頭の2番室井がレフト前ヒット。

続く田辺は1回戦で2ホーマーを放っているが、この打席で均衡を破るタイムリーツーベースを放ち、またしても勝負強さを見せつけた。

この後、4番山本が送りバントを決めてランナーを3塁に進めたあとに5番古賀がライトへ犠牲フライを放ち、この回2点目を追加した。

8回裏、国学院栃木はこの回先頭の6番鈴木隆がレフトスタンドにホームランを放って1点差に詰め寄った。

しかしこの後は木島投手が1人の走者も出さないピッチングを見せて逃げ、関東一高校が4-3で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

互いに同じイニングに得点するスリリングな展開となりましたね。

いつもはパワー打線に助けられていた木島投手が、この日は踏ん張りました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ