高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】2回戦 立教高校vs東洋大姫路高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】2回戦 立教高校vs東洋大姫路高校|白球の足あと

立教高校vs東洋大姫路高校

1985年 第67回選手権大会2回戦 

地元の利を存分に活用し、1回戦の後に姫路に帰った東洋大姫路ナイン。

猛練習で見直した走攻守を存分に発揮して初回から立教を圧倒した。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

初陣で大物喰い

戦国時代の埼玉県大会を初優勝し、甲子園に乗り込んだ立教高校。

初の甲子園の舞台で対するは、相手も初の甲子園出場となる長崎県代表の佐世保実業であった。

しかし同じ初出場同士の対戦とあっても佐世保実業の方は前年センバツに出場していたので、主力メンバーが甲子園の土を踏んでいる差は大きいと見られた。

特にエースの吉田直喜(後にオリックスブルーウェーブ)の存在が大きいと見られた。

だが吉田投手が怪我で離脱する。

それでも主力の経験から佐世保実業有利と見られた劣勢を立教高校が序盤から圧倒した。

打線は11安打5得点、投げてはエース平田が8安打されながらも1失点の好投。

投打のバランスを武器に2回戦へ挑む。

センバツの屈辱を胸に

1年生時から同世代の頂点に君臨したPL学園の桑田真澄(後に読売ジャイアンツ)と清原和博(後に西武ライオンズ)。

この世代最強と言われるKKコンビに同世代で初めて黒星をつけたのは東洋大姫路高校である。

しかもエース豊田次郎(後にオリックスブルーウェーブ)があの恐怖のPL打線を完封したとあり、瞬く間に優勝候補に躍り出た。

しかしセンバツの開幕試合で残したのは津久見高校に完敗した東洋大姫路の姿であった。

しかも豊田投手が滅多打ちにされた格好で。

これにより鍛え直したナインは兵庫大会を勝ち抜き、決勝ではセンバツベスト8の報徳学園に勝利した。

春夏甲子園を決めた東洋大姫路は甲子園に入っても変わらぬ決意で初戦に挑んだ。

高岡商業相手に豊田投手が2安打完封という素晴らしいピッチング。

センバツの前評判通りの真骨頂をようやく見せた。

1回戦の後、ナインは地元の利をいかして姫路で練習に励んだ。

PL学園と対戦するまでは負けられない。

東洋大姫路、またも速攻

この大会、ナンバー1サブマリン投手の称号を確実にし始めている豊田投手に対して立教は1回の表に増田のツーベースヒットなどでチャンスを作る。

しかし大河内を三振、山口を外野フライに抑えて無難な立ち上がりを見せた。

東洋大姫路はその裏、トップの石田がレフト前ヒットを放つ。

続く大墨がフォアボールで歩いたあと、3番阿山が1回戦に続いて先制のタイムリーヒットを放った。

この後に5番小橋にもタイムリーヒット。

ランナーががたまった後、8番野本にもタイムリーヒットが飛び出して東洋大姫路は初回から一気に5点を先制した。

これにより気が楽になった豊田投手は2回から5回までノーヒットピッチングを披露した。

中押し、ダメ押し、鮮やか攻撃

5回裏、東洋大姫路はワンアウトランナー1、3塁のチャンスで8番野本がスクイズを決めた。

この後、9番ピッチャー豊田がレフトスタンドに飛び込むツーランホームランを放ち、この回3点を追加した。

7回裏に東洋大姫路は山本のツーベースヒットからワンアウトランナー3塁のチャンスを作ると、代打の山口がライトに犠牲フライを放った。

8回表、立教は高林、増田のヒットからツーアウトランナー1、2塁とチャンス。

ここで4番黒須が豊田のストレートを捉えてレフトスタンドに意地のスリーランホームランを放った。

3点を返された東洋大姫路は8回裏、9番ピッチャー豊田のヒットから石田がツーベース、代打の薮内のスリーベースヒットなどで空かさず3点を追加した。

序盤、中盤、終盤と得点を重ねた東洋大姫路高校が12-3で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

センバツで1番最初に姿を消す悔しい思いを味わった東洋大姫路ナイン。

これで甲子園2勝目です。

豊田投手、2試合で失点3と素晴らしいピッチングです。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ