高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】2回戦 東北高校vs佐賀商業高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】2回戦 東北高校vs佐賀商業高校|白球の足あと

東北高校vs佐賀商業高校

1985年 第67回選手権大会2回戦 

前年夏の甲子園で2勝、そしてこの年の選抜甲子園でも2勝。

立派な成績であるが目標は3勝。

ベスト8以上を目指して東北が佐賀商業との名門対決に挑む。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

東北地方最強を目指して

長い高校野球の歴史の中に、東北地方に優勝旗が渡った経歴は1度も無い。

東北地方と共に北海道地方はやはり冬の季節の長さがハンデとなり、グラウンドでの練習不足が懸念される。

しかしそんな地域性にひれ伏すこと無く、東北地方の高校野球は頂点を目指してきた。

その中で前年センバツ大会での大船渡高校のベスト4、夏の選手権大会での金足農業のベスト4進出という快挙は東北地方に希望を与えた。

前年、2年生投手として夏の甲子園で2勝をあげた東北高校の佐々木主浩(後に横浜ベイスターズ)はこの年の選抜でも2勝をとげた。

この夏も1回戦では福井高校に8安打されながら1失点で勝利している。

この夏の目標は優勝。

東北最高成績を目指している。

ジグザグ打線で上位狙い

この年の佐賀商業の1番の特徴は、1番から8番までのバッターが左右交互というジグザグ打線である。

これがまた何とも素晴らしいバランスを誇り、成績にも比例した。

佐賀県大会での佐賀商業打線の爆発ぶりは、まさにそのジグザグ打線が県内のピッチャーを震え上がらせた。

予選大会前は、有力チームの1高校という評価であった佐賀商業が見せた準決勝での12得点というパフォーマンスは、2年連続の甲子園出場を狙った唐津商業との決勝でも猛打を奮い、全員安打の13得点を記録した。

甲子園入りしても打線の好調は持続しており、1回戦の福岡高校との試合でもその破壊力を見せつけた。

同点で迎えた4回、打者一巡の猛攻で一気に5得点をあげて勝利を引き寄せた。

それは佐賀商業の打線が全国レベルにあるという確信をもたらせた。

2回戦の東北高校の佐々木投手にジグザグ打線が襲いかかる。

東北、本領発揮

1回戦はなかなかヒットが出ず、少ないチャンスで2度のスクイズを決めて勝利した東北。

この試合もまずは確実に攻めた。

2回の表、東北は4番ピッチャー佐々木のヒットを送りバントで2塁とし、6番葛西稔(後に阪神タイガース)もヒット。

ここで岩淵が冷静にスクイズを決めて先制すると、8番熊谷にもタイムリーヒットが生まれて幸先良く2点を奪った。

東北は4回表、葛西が右中間にツーベースヒットで出塁すると、8番熊谷がこの日2本目となるタイムリーヒットを放ち、3点目を追加した。

立ち上がりからランナーを出すものの、要所を佐々木投手に抑えられる佐賀商業はなかなかチャンスを作れない。

4回裏には三者連続三振に仕止められ、ジグザグ打線が沈黙していた。

東北唯一の1校

5回裏、佐賀商業はワンアウトランナー1塁から2番松本が左中間を破るタイムリースリーベース。

これで1点目を返した。

続く3番島のレフトフライでタッチアップを狙うも、東北の素晴らしい中継プレーにより2点目は阻止された。

佐賀商業は6回裏にも深川のツーベースから6番田中がレフト前ヒットを放つが、中継プレーでまたしてもランナーが刺された。

東北は8回表、葛西の3本目のヒットからワンアウトランナー1、3塁のチャンス。

ここで岩淵がスクイズを決めて4点目を追加した。

その裏、佐賀商業はワンアウトから坂井、深川、田中が3連打を放って満塁のチャンス。

続く前田秀の当たりは佐々木を捉えたがショートライナーとなり、ダブルプレーとなった。

9回表、東北は満塁のチャンスから5番田中のヒット、葛西のこの日4安打目となるタイムリーツーベースなどで4点を奪い、ダメ押しとした。

試合はこのまま東北高校が8―1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

まさに効率の良さがそのまま得点に現れる試合となりました。

終盤8安打しながらも無得点に終わった佐賀商業。

佐賀商業よりも少ないヒットで8得点した東北。

野球は難しいですね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ