高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】2回戦 熊本西高校vs東農大二高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】2回戦 熊本西高校vs東農大二高校|白球の足あと

熊本西高校vs東農大二高校

1985年 第67回選手権大会2回戦 

前年夏の甲子園大会でベスト4進出を果たした秋田県代表の金足農業。

全国の農業高校にその快挙は刺激と勇気を与えた。

この年は東農大二が新たな快挙を狙う。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

初出場で名門越えを

熊本県と言えば真っ先に熊本工業の名前があがるが、この熊本西高校はその熊本県予選を接戦に次ぐ接戦の末に勝ち進み、初の頂点に輝いた。

熊本西の強さはまさに競り合いの勝負根性と言ったところであろう。

初の甲子園となったこの大会でも臆するすことなく戦っている。

1回戦の磐城高校との初出場対決では、初回からチャンスをものにする堂々の戦いぶり。

中盤に1点差に追い上げられた直後にはすぐさま追加点を奪う。

そして終盤には長打を交え、追加点を一気に奪うといった試合巧者ぶりで磐城高校に完勝した。

熊本と言えば熊本工業、を熊本西は越えるために2勝目を目指す。

農業高校の躍進へ

前年夏の甲子園大会において、ベスト4進出を果たした秋田県代表の金足農業は、全国の農業高校に多大なる勇気を与えた。

名門高校だから全国から選手が集まると言うよりは、来た選手を鍛えに鍛え上げるのが農業高校にとって多い形であった。

東農大二高校は投打共に鍛え上げられたものが群馬県大会で爆発し、頂点に立った。

甲子園での1回戦、相手は2年連続出場の智弁学園であった。

前年の甲子園を知るメンバーに快速球を投げる1年生ピッチャーが揃った智弁学園が有利と、どのスポーツ紙も予想していた。

試合が始まると予想以上に威力のある智弁学園先発の辻本弘樹(後に中日ドラゴンズ)のストレートに手こずった。

しかし1点を争ったこの試合、東農大二打線は確実に快速球を捉えて延長戦に持ち込んだ。

そしてついにサヨナラ勝利を呼び込んだのであった。

得点は2と苦しんだが、辻本投手に二桁安打を浴びせた打線と智弁学園を6安打1失点にエース竹内の実力は非凡と見られた。

序盤接戦、2回戦

1回、2回の表裏共に無得点に終わった両チームであったが、2イニングで3つの三振を奪った東農大二エース竹内久に対し、熊本西エース広田は3つのフォアボールを与えた事に不安を覚えた。

3回裏、今一つ制球の定まらない広田がボールを真ん中に集め始めると東農大二打線が捉え始め、2本のヒットからワンアウトランナー2、3塁のチャンスを作る。

続く5番ピッチャー竹内久が、自らタイムリーヒットを放ち、2人が生還した。

しかし4回表、接戦に持ち込みたい熊本西はワンアウトランナー1、2塁から6番古家がレフト前にタイムリーヒットを放って1点を返した。

突き放す終盤の嵐

1点差のまま中盤を終えたこの試合、全く展開が読めなかった。

しかし6回裏、東農大二は8番田村がツーベースを放つと9番竹内朗がセンター前にタイムリーを放つ。
この後、トップの加藤がフォアボールで歩くと2番立岡がツーベース、3番横川がレフト前ヒットと連打が飛び出して4点を追加し、突き放した。

5点差にされた熊本西は焦りから大振りが目立ち、ランナーを出すことが出来ない。

ペースは完全に東農大二となった。

7回裏、東農大二はまたしても8番田村、9番竹内朗の連打で得点すると、トップの加藤もヒットで続き、この回3点を追加した。

東農大二は2イニングで7得点を奪う攻撃力を見せた。

投げてはエース竹内久が7イニングを単打5本1失点の好投、2番手としてマウンドに上がった藤野が後続を抑えて試合は9―1で東農大二高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

東農ベンチメンバーのご家族がこの当時の飛行機事故に遭われる悲劇がありました。

チームメイトに捧げる1勝となったことでしょう。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ