高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】3回戦 久留米商業高校vs甲西高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】3回戦 久留米商業高校vs甲西高校|白球の足あと

久留米商業高校vs甲西高校

1985年 第67回選手権大会3回戦 

1点を争う緊迫したこの試合はまさに激闘となった。

第4試合で延長に突入したこのゲームはカクテル光線の中、

劇的な幕切れを見せた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

ミスター0、秋吉

この大会、2回戦までに行われた述べ33試合のうちに完封試合は8試合達成されている。

この中で2試合連続完封を達成しているのは久留米商業の秋吉投手ただ一人。

この年代は特に好打者が多く、強力打線を持つチームの割合が高いので完封自体が難しい。

そう考えると秋吉投手の連続完封は偉業と言っても過言では無いと考察される。

1回戦の3安打、2回戦での5安打と2試合で被安打は8本であるが、長打は1本しか打たれていない。

怪我に泣いたとは言え、快速球を持っていた先輩の山田武史(後に読売ジャイアンツ)でさえ甲子園での2試合連続完封は達成していなかった。

この大会屈指の安定感でベスト8を目指す。

巻き起こせ甲西旋風

レベルの高い近畿地方において、滋賀県だけは春夏共に甲子園大会の優勝経験が無い。

62回選手権大会において瀬田工業のベスト4進出という素晴らしい成績はあるものの、やはり深紅の優勝旗に手が届いた実績が無いというのは、滋賀県の高校野球ファンにとっても一抹の寂しささえ感じる。

その中で創部3年目で甲子園初出場を成し遂げた甲西高校の快挙は滋賀県内に新しい波を巻き起こしている。

その勢いで甲子園大会の初戦も突破し、初の校歌斉唱も成し遂げた。

創部3年目の甲西に対して相手は春夏40回目の出場となる名門の県岐阜商業。

立ち上がりからエラーを連発して早々と2失点した甲西であった。

新鋭高校なら、それをきっかけにズルズルと負の連鎖を招く所であるが甲西は良い意味で開き直り、直ぐ様3得点をあげる。

そのあともフレッシュな雰囲気で球場内を駆けめぐり、10安打7得点を上げた。

後半の県岐阜商業の反撃を全員野球で守り抜いた。

この試合を勝ち、ベスト8という快挙で新しい歴史にチャレンジする。

緊迫の展開へ

少ないチャンスをものにし、秋吉投手を中心に守り抜く久留米商業。

チャンスと見るや、機動力を絡めながら集中攻撃が身上の甲西高校。

1回の裏、甲西はワンアウトから内林、奥村が連打を浴びせてランナー1、2塁とした。

しかし秋吉投手はキレのあるシュートで4番石踊をファーストゴロ、5番西岡をショートゴロに抑えた。

甲西エース金岡もこの日はストレートが走り、久留米商業打線に的を絞らせない。

県岐阜商業戦で5失点した時とはまるで別人のように凡打の山を築いていく。

5回終わって互いに3安打しか許されず、1点を争う投手戦となった。

まさかの大逆転

6回、7回と互いにランナーを2塁まで送るものの、あと1本が出ない展開。

久留米商業はさらに8回、9回にもランナーをスコアリングポジションに送るが金岡投手の踏ん張りに後続が倒れた。

延長10回にもランナー2塁のチャンスで1本が出ない久留米商業。

ランナーを出しても秋吉投手にダブルプレーに仕止められる甲西打線。

一進一退の攻防は11回表に動いた。

久留米商業はツーアウトながら高山のヒットなどでランナー1、3塁のチャンス。

ここで8番光山がライトへ価千金のタイムリーヒットを放ち、長かった均衡が敗れた。

虎の子の1点をもらった秋吉投手はその裏、フォアボールを2つ許し、ピンチを招いた。

すると4番石踊がライトへ同点のタイムリーを放つ。

さらにランナー1、3塁のチャンスで勢いついた甲西はダブルスチールを決行、キャッチャーから送球されたボールは無情にもセンターへ抜けていき、3塁ランナーが逆転のホームを踏んだ。

試合は甲西高校が2―1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

甲西高校のミラクルベスト8進出を呼び込んだのは、金岡投手の粘りでした。

7イニング連続でランナーを背負っても踏ん張りました。

秋吉投手、敗れましたが、28イニング連続無失点は見事です。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ