高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】3回戦 津久見高校vsPL学園高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】3回戦 津久見高校vsPL学園高校|白球の足あと

津久見高校vsPL学園高校

1985年 第67回選手権大会3回戦 

春夏連続出場し、投打にわたり高い実力で初戦突破を達成して

いる津久見高校。

しかしベスト8をかけて争う相手は記録ずくめで初戦を終えた

PL学園である。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

真っ向勝負の津久見高校

エースの田中、差の無い2番手エース野村のダブルエースを軸に堅い守備力。

そして4番バッター上島を筆頭に佐藤、宇都宮の強力クリーンアップを揃えた打線は久しぶりの九州の大型チームの出現であった。

センバツの開幕試合、東洋大姫路高校が有利という下馬評をくつがえし、好投手の豊田次郎(後にオリックスブルーウェーブ)を猛打で叩きのめした。

一躍注目を浴びた津久見はその投打に力強さを増し、夏も甲子園に戻ってきた。

初戦の東海大工業には6回終わって0―1と苦しんだ。

しかし終盤に集中打を発揮して結果的に5―1で勝利した。

勝ち越しのタイムリーは4番の上島であった。

次は最強の相手となるが、真っ向勝負で挑む。

甲子園ジャックの滑り出し

5季連続で甲子園出場を果たしたエース桑田真澄(後に読売ジャイアンツ)と4番の清原和博(後に西武ライオンズ)。

他にも内匠政博(後に近鉄バッファローズ)、松山秀明(後にオリックスブルーウェーブ)、今久留主成幸(後に阪神タイガース)や1年生秋からベンチ入りしている黒木泰典、田口権一など超高校級の選手がズラリと並ぶPL学園。

この大会でも最強の優勝候補であるが、記録ずくめの初戦突破で高校野球ファンを唸らせた。

観衆5万8000人の前で見せた東海大山形との試合は、観衆全ての度肝を抜いた。

毎回安打の毎回得点で32安打29得点を叩き出す凄まじい攻撃力は、出場チーム全ての投手に衝撃を与えたはずである。

また、打たせてとる調整のピッチングを余力を残して出来たことで、十分な試合勘も取り戻せた。

懸念されるとすれば、大勝したあとに攻撃が大味になるパターン。

しかし5季連続で聖地の雰囲気を知る彼らに慢心は無いだろう。

小細工抜きの真っ向勝負

相手が最強PLでも真っ向から勝負という津久見は1回の表、トップの小山がセンター前ヒット。

続く2番中村は強攻に出てセカンドへの内野安打となり、ノーアウトランナー1、2塁のチャンスを作った。

ここで3番佐藤も桑田のストリートを弾き返したがショートゴロとなりダブルプレーとなった。

ツーアウトランナー3塁となった後、4番上島は一塁ベンチ側のファールフライとなり、先取点とは成らなかった。

2回裏、PLはワンアウトから桑田がツーベースヒットで出塁する。

ツーアウト後、初戦で6打数6安打の新記録を作った9番笹岡が左中間に快音を響かせたが、レフト岩尾のファインプレーで無得点に抑えた。

津久見の野村投手も落ちついたマウンド捌きを見せた。

無難にベスト8進出

4回裏、PLは5番黒木がレフト前ヒットで出塁すると、すかさず盗塁を決めた。

続く杉本のフライが幸運なポテンヒットとなり、ノーアウトランナー1の3塁のチャンス。

ここで続く桑田の打球はバックネット付近のファールフライ。

これを捕ったキャッチャーがセカンドへ送球するが、これが内野の撹乱を呼んでPLが先制のホームを踏んだ。

続く本間が左中間にツーベースヒットを放ち、2点目を追加した。

6回表、津久見はツーアウトから3番佐藤がレフト前ヒットで出塁する。

ここで1発が出れば同点の場面で、4番上島は桑田のストレートを捉えた。

打球はセンターへグングンと伸びたが、センター内匠の超ファインプレーによりセンターオーバーとは成らず、無得点に終わった。

6回裏、PLはワンアウトから本間がポテンヒットで2塁へ。

ツーアウト後、トップの内匠が左中間にタイムリースリーベースを放ち、ダメ押しの3点目を追加した。

このあと試合はこのまま終わり、PL学園が3―0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

地力の差でPL学園が勝ちましたが、津久見高校の高い実力は証明出来たでしょう。

組合せ次第では上位進出出来た好チームです。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ