高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】準々決勝 東海大甲府高校vs関東一高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】準々決勝 東海大甲府高校vs関東一高校|白球の足あと

東海大甲府高校vs関東一高校

1985年 第67回選手権大会準々決勝 

共に初のベスト8進出を果たした。

共にチームの持ち味は強力な打線。

甲子園に来ても存分に発揮している。

この試合も壮絶になった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

チーム歴代最強へ

前年に投打の中心であった四條稔(後に読売ジャイアンツ)を擁して、強打の東海大甲府を印象付けたこのチーム。

強力な打線は新しく東海大甲府の方向性を定めたが、前年は好投手にあっさり封じられる脆さがあった。

しかし、前年より小粒と目されたこの年のチームはその予想を覆す攻撃力を見せた。

エース福田もヒットは許すが要所は締め、このチームは勝ち方を知っている。

初戦では岡山南から19安打11得点のつるべ打ちを披露した。

3回戦では長身から快速球を投げる海星エース北野投手に手こずったが、2本のホームランを浴びせて勝利を引き寄せた。

いずれもエース福田が打たせてとり、2失点に抑えている。

新しい東海大甲府は歴代最強の時代を迎える。

新関東の刺客

新しい歴史を作っているのはこちらの関東一高校も一緒だろう。

その中でも強力な打線が持ち味という特色も東海大甲府と同じである。

東東京予選の決勝で、この年のセンバツ準優勝投手である小林昭則(後にロッテオリオンズ)を打ち崩した関東一打線に注目は集まった。

その注目を裏切ることなく、1回戦は花園高校を打ち崩した。

2本のホームランを含む18安打12得点の攻撃力は打線のレベルの高さを証明した。

2回戦の国学院栃木戦は接戦となり、終盤までもつれた。

しかしこの試合ではエース木島が打線に頼らない粘りのピッチングを見せて勝利を呼び寄せた。

3回戦の日立一戦はさらに木島投手が素晴らしく、公式戦初となる5安打完封ピッチング。

強力な打線はきっちりと得点を重ね、堂々のベスト8進出を果たした。

この大会、初出場ながら先発がヒットを放ってのベスト8。

まさに強力な打線が新しい歴史を作っていく。

打ち合いの序盤戦

1回の表、東海大甲府は簡単にツーアウトを取られた後3番杉村がデッドボール、4番二宮はフォアボールを選んでランナー1、2塁。

ここで5番鈴木がライトに大きな打球を放ち、風に乗った打球はライトポールに当たるスリーランホームランとなった。

2回の裏、関東一はエラーで出塁した塩田を置いて8番西浦が3塁線を破るタイムリーツーベースで1点を返す。

続く3回裏にも関東一はワンアウト2塁からこの大会で当たっている田辺がタイムリーツーベースを放ち、2点目。

さらに4回裏、関東一は塩田のタイムリーツーベースで1点を追加し、同点とした。

東海大甲府の1発に、関東一の2塁打攻勢と序盤から点を取り合った。

打ち合いの終盤戦

5回、6回と互いに無得点で終わったが、強打の両チームはこのまま終わるわけが無い。

7回表、東海大甲府はワンアウトランナー3塁から秋山のタイムリーで勝ち越し。

しかしその裏、関東一はワンアウトランナー1、3塁から田辺が福田のカーブを捉えて右中間ツーベースヒット。

逆転に成功した。

8回裏、関東一は満塁のチャンスから寺島のタイムリーで2点を追加し、7―4と突き放した。

9回表、東海大甲府はワンアウトランナー1、2塁から8番秋山の強い打球はイレギュラーヒットとなり、左中間に抜けるタイムリーヒットとなって1点を返した。

さらにランナー2、3塁のチャンスからトップの北山が右中間に同点のタイムリーヒット。

波に乗る北山が盗塁に成功したあと、2番小板橋がセンター前に逆転のタイムリーヒットを放ち、東海大甲府が土壇場でひっくり返した。

9回裏、関東一打線に反撃を許さず、東海大甲府が8―7で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

東海大甲府が10安打、関東一が16安打と互いに強打を見せ合いました。

気温38度に負けないシーソーゲームとなりました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ