高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】準々決勝 東北高校vs甲西高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】準々決勝 東北高校vs甲西高校|白球の足あと

東北高校vs甲西高校

1985年 第67回選手権大会準々決勝 

東北勢として初の全国制覇を目指す東北高校の相手は、

創部3年目でベスト8進出を果たした新鋭甲西高校。

悲願か、勢いか。

試合はシーソーゲームとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

PLまであと1勝

東北地方から北国の代表にとって、深紅の大旗は悲願の夢。

前年に岩手県代表の大船渡高校と秋田県代表の金足農業が春夏それぞれ初のベスト4進出を果たした。

この偉業が東北から全ての北国チームに希望を与えた事という事に寸分の疑いはない。

名門東北高校にとっては前年2年生ながら2勝をあげる原動力となった佐々木主浩(後に大洋ホエールズ)が順調に東北1の投手となり、選抜ベスト8。

この夏も壁であった3勝目をあげ、優勝も見えてきた。

特に3回戦で快勝した東洋大姫路は、あのPL学園に土を付けているチームだった事で、その勝利が確かなものという証左になった。

この試合の勝者がPLへの挑戦権となるだけに東北は負けられない。

ミラクル甲西どこまで行く

創部3年目にして、初の全国大会出場を果たした滋賀県代表甲西高校。

初出場の快挙だけで止まることはなく、ベスト8進出という快挙まで成し遂げている。

初戦の2回戦、県岐阜商業との試合では初回いきなり2失点という甲子園の洗礼を浴びたが、その裏に3点をもぎ取って乱打戦に持ち込み勝利した。

続く3回戦の久留米商業との試合は好投手の秋吉に打線を封じられる苦しい展開になった。

しかし甲西エース金岡が負けじと素晴らしいピッチングで久留米商業打線を封じてスコアレスの延長戦にもつれた。

延長11回表、ついに1点を奪われた甲西ナイン。

しかも相手は2試合連続完封を成し遂げ、この試合も点を許さない秋吉投手なだけに試合は決まったかと思われた。

しかし土壇場で2点をもぎ取り、奇跡の勝利でベスト8入りを果たした。

2試合とも逆転勝利という粘りを見せた勢いに、恐いものはない。

この試合も裏攻撃なため、もしかするかも知れない。

激闘、ベスト4の椅子

1回の裏、甲西はトップの高野がいきなりツーベースヒット。

続く内林が送りバントを決めて、ランナー3塁のチャンスを作ると3番奥村がきっちりレフト前にタイムリーヒットを放ち、あっさりと甲西が先取点を奪った。

3回裏、またしても甲西は高野のフォアボールを皮切りに内林と奥村のヒットで1点を追加し、2点目を上げてペースを引き寄せた。

これまでノーヒットだった東北は4回表、ワンアウトランナー2塁から浜田のタイムリーで1点を奪うと相手のエラーから掴んだチャンスで葛西の犠牲フライ、岩淵のセンター前タイムリーヒットで逆転に成功した。

6回裏、甲西はダブルスチールから掴んだチャンスで9番安田が内野安打を放ち、同点に追い付いた。

ミラクルふたたび

7回裏、甲西はツーアウトから石踊が内野安打で出塁すると、5番西岡が右中間にタイムリーツーベースを放って甲西は勝ち越しのホームを踏んだ。

すかさず東北は8回表、ワンアウトランナー2塁として4番エース佐々木がレフト前にタイムリーを放って同点とし、試合を面白くする。

すると東北は9回表、ツーアウトからトップの村瀬がセンターオーバーのツーベースで出塁。

続く吉田のファーストへの打球は内野安打。

際どいプレーの合間に村瀬が一気にホームを踏み、勝ち越しのホームイン。

4―5と劣勢となった甲西であったが9回裏、ワンアウトから奥村がライト前ヒットで出塁すると盗塁を成功した。

続く石踊のバントが内野の乱れを呼び、ランナー1、3塁とすると西岡がスクイズを決めて同点とした。

さらにツーアウトランナー2塁として6番安富の打球はライト線へのタイムリーツーベース。

またしても土壇場で逆転サヨナラを演じた甲西高校が6―5で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

甲西高校は全員安打で佐々木投手を攻略しました。

この試合は甲西の全てを出しきったと言えるでしょう。

佐々木投手率いる東北高校はチーム歴代屈指の強さと思います。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ