高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】準々決勝 宇部商業高校vs鹿児島商工高校|白球の足あと

      2017/04/25

【1985年夏の甲子園】準々決勝 宇部商業高校vs鹿児島商工高校|白球の足あと

宇部商業高校vs鹿児島商工高校

1985年 第67回選手権大会準々決勝 

ともに秋の地区チャンピオンであり、センバツ大会もこの夏も全国

レベルの実力を見せている。

大会屈指の左腕、田上を攻略しなければ鹿児島商工の前年越えは無い。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

気がつけばハイレベル宇部商業

世代的にも、大会を通してもナンバー1の実力はPL学園が抜きん出ている事に疑いの余地は無い。

この夏も対抗馬として名前の上がった高知商業がPLに直接対決に敗れ、PL優勝に待った無しという空気が漂う。

だが、大会前にPLの対抗馬として名前の上がったもう1校の銚子商業を完膚なきまで叩き潰して快勝した宇部商業にも注目が集まっている。

センバツでもPL相手に善戦を見せたように、投打において高い実力を見せている。

この夏も銚子商業に快勝したあとは鳥取西を8―0と快勝し、エース田上が2安打完封。

3回戦では強打の東農大二に苦戦したものの、藤井のスリーラン2発で8―5と振り切った。

エース田上の調子さえ良ければ打倒PLも見えてくる。

前年を越えたチーム力

前年のベスト8進出という快挙を目標にここまで戦ってきた新チームは、この夏も同じベスト8進出を果たした。

しかし旧チームと比べるとまず、2回戦から登場した前年よりも一戦多く勝ち星を上げた事。

そして前年のエース増永頼みのチームより、新チームはあらゆる展開でも戦える粘り強い、投打のバランスを兼ね備えている。

1回戦では枦山監督が敗けを覚悟したという劇的な展開。

驚異的に追い付いたのも束の間、最終回に勝ち越されたもののその裏に逆転サヨナラ勝ちをおさめた。

2回戦ではセンバツのリベンジに燃える徳島商業との投手戦となり、1点を奪われたがワンチャンスで逆転し、長浜投手の好投で逃げきった。

3回戦の沖縄水産との南国対決でも先手をとられる苦しい展開。

しかしこの試合も慌てず騒がず落ち着いてチャンスをものにし、逆転サヨナラ勝ちをもたらせた。

逆転する粘りは既に前年を越えたと言えよう。

田上投手を攻略

1回の裏、鹿児島商工はこの大会屈指のサウスポー田上に襲いかかる。

ワンアウトから2番山元がライト前ヒットを放つ。

3番松下もヒットで出塁する。

このチャンスに4番寺山が左中間を破るタイムリーツーベースを放ち、2人が生還した。

打った寺山は3塁を欲張ってアウトとなったが、続く菊橋が右中間にツーベースを放つと6番宮下がライトにタイムリーヒットを放って3点目を奪った。

この5連打で鹿児島商工は田上投手をKOした。

序盤戦はヒット1本に抑えられた宇部商業であったが4回表、ツーアウトから5番藤井がレフトスタンドに2試合連続の3号ホームランを放ち、1点を返した。

背番号11の好投手

宇部商業のマウンドには2番手の古谷投手がいた。

古谷投手は伸びのあるストレートを駆使し、鹿児島商工に追加点を許さない。

すると6回表、宇部商業は河村が左中間へツーベースヒット。

続く田処もヒットで続き、チャンスを広げると5番藤井がセンターに犠牲フライを放ち、1点を追加した。

8回表は宇部商業は佐藤、河村の連打と田処のフォアボールでノーアウト満塁のチャンス。

しかし長浜投手が踏ん張ってツーアウトまでこぎ着けた。

しかしレフトの守備に入った田上が意地でフォアボールを選び、押し出しで同点に追い付いた。

こうなると勢いは宇部商業についた。

9回表、宇部商業はワンアウトランナー2塁のチャンスでトップの佐藤がセンター前にタイムリーを放ち、ついに宇部商業が勝ち越した。

ツーアウト後、3番田処にもタイムリーツーベースが飛び出してダメ押しの5点目を奪った。

鹿児島商工は2番手ピッチャー古谷を攻略出来なかった。

試合ほ5―3で宇部商業を勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

2番手ピッチャー古谷投手が素晴らしく、粘りの鹿児島商工打線も単打4本しか打てませんでした。

大会も終盤に差し掛かり、宇部商業に厚みが増しました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ