高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】準決勝 東海大甲府高校vs宇部商業高校|白球の足あと

      2017/04/01

【1985年夏の甲子園】準決勝 東海大甲府高校vs宇部商業高校|白球の足あと

東海大甲府高校vs宇部商業高校

1985年 第67回選手権大会準決勝 

共に初の準決勝となり、勝てば決勝進出の快挙となる。

共に力強い打線が火を吹き、終盤にはまったく目が離せない展開が

待っていた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

得点力に定評のある甲府

東海大甲府はプロ入りした四條稔(後に読売ジャイアンツ)を中心に、打力を全面に押し出したチームであった前年以上にこの夏破壊力を発揮している。

岡山南戦では19安打11得点の猛攻を見せ、エース福田は10本のヒットを打たれたものの11個の三振を奪い、2失点にまとめた。

3回戦では187センチの長身から重い速球を投げる海星のエース北野に苦戦を強いられると予想されたが、東海大甲府打線はホームラン攻勢で点をもぎ取った。

ベスト8では初出場ながら強力打線を引っ提げて勝ち上がってきた関東一との争い。

エース福田が攻略される壮絶な打撃戦となったが、最終回に甲府打線が火を吹いて逆転勝ちをおさめた。

宇部商業の田上を早く攻略出来れば勝機は甲府にある。

役者の揃った宇部商業

銚子商業を完膚なきまで叩き潰して快勝した宇部商業に注目が集まった1回戦。

コンディション悪い雨の中で8―3と大差で優勝候補に勝った。

このチームはセンバツでもPL相手に善戦を見せたように、投打において高い実力を持っている事は明白であったが、この夏はさらにチームの仕上がりの良さを見せている。

銚子商業に快勝したあとの2回戦は鳥取西を8―0と快勝し、エース田上が2安打完封。

3回戦では強打の東農大二に苦戦したものの、藤井のスリーラン2発で8―5と振り切った。

打線の調子の良さから、エース田上の調子さえ良ければ打倒PLも見えてくると思った矢先の準々決勝、鹿児島商工に攻略される事態。

しかし2番手ピッチャー古谷の好救援に打線が応えて逆転勝ちをおさめた。

4試合全てにホームランが飛び出す打線と、2番手の古谷の存在が宇部商業の底力を象徴している。

強打で田上攻略

1回から田上に対して鋭い打球を放ち、東海大甲府打線は好調を示していた。

2回表、甲府は5番鈴木がレフト前ヒットで出塁する。

ワンアウト後、フォアボールを選んだ福田がチャンスを広げると8番秋山が田上を完璧に捉えて打線はレフトスタンドに飛び込むスリーランホームランとなった。

この大会で屈指の実力を持つ左腕、田上投手としては首を傾げるシーンとなったが、3回表に2番小浜がまたしてもレフトスタンドに打球を運ぶと4点差となり、さすがの田上投手も冷や汗が止まらない状態となった。

3回裏、宇部商業はワンアウトランナー2塁からトップの佐藤がヒットを放ち、チャンスを広げると3番田処がタイムリーヒットを放って1点を返した。

しかし4回表、甲府は田上投手をまたしても攻める。

藤井、大会新記録の4号

甲府は強力で、4回表にも田上から北山がタイムリーヒットを放ち、5点目を奪った。

ノックアウトと判断した玉国監督はマウンドに古谷を送った。

古谷は準々決勝のように伸びのあるストレートで甲府打線を止めた。

すると宇部商業に少しずつリズムが生まれ、6回に1点を返す。

甲府も古谷から1点をもぎ取り6―3で甲府リードで終盤7回裏、宇部商業はトップの佐藤と2番河村の連打で反撃を開始。

ワンアウト後、4番福島のタイムリーヒットで1点を返して2点差とする。

なおもランナーを2人置いてバッターはこの夏3ホーマーを放っている藤井。

藤井は甲府2番手ピッチャー山田から強烈な逆転スリーランホームランを放ち、大会新記録となる個人4本目のアーチを放った。

古谷は2試合連続で好救援を見せて試合はこのまま宇部商業が7―6で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

試合はどちらが勝ってもおかしくは無いくらい拮抗した実力でした。

藤井選手の1発は個人新記録なだけでは無く、試合を決めるホームランとなりましたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ