高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】準決勝 甲西高校vsPL学園高校|白球の足あと

      2017/04/01

【1985年夏の甲子園】準決勝 甲西高校vsPL学園高校|白球の足あと

甲西高校vsPL学園高校

1985年 第67回選手権大会準決勝 

事実上の決勝戦を快勝したPL学園にもはや死角は無いのか?

勢い凄まじく勝ち上がってきたミラクル甲西に勝機はあるの

だろうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

ミラクル甲西ベスト4

創部3年目での甲子園初出場という快挙に沸いた滋賀県であったが、甲西高校の躍進は初出場だけでは止まらず、3勝とベスト4進出という快挙まで作った。

その競り勝った相手が、春夏40回目の出場となった名門の県岐阜商業、2試合連続完封中であった秋吉投手率いる久留米商業、エース佐々木主浩(後に大洋ホエールズ)を擁する東北地方最強の東北高校だったのだから、甲西の躍進が本物という証左に疑いの余地は無い。

しかも3試合全てにおいて逆転勝利という粘り強さの中、勝ち越された裏に逆転サヨナラ勝ちをおさめるという奇跡的な試合が2試合もあった。

かつての箕島高校のような神がかり的な勝利というのが、トーナメント大会を勝ち抜く最後に必要な底力だとすれば、甲西にも勝機はあるだろう。

大旗見えたかPL

史上最強チームの呼び声高いこのPL学園に、唯一対抗馬と言われた高知商業。

その高知商業との事実上の決勝と目された準々決勝戦を快勝したPL学園にもはや敵はいないのかも知れない。

センバツ大会で封じ込まれた伊野商業の渡辺智男(後に西武ライオンズ)よりも上と言われた中山裕章(後に大洋ホエールズ)を打ち込むという形は、史上最強の打線を象徴した。

そして清原和博(後に西武ライオンズ)が放ったホームランは中山投手だけでは無く、全国の高校野球ファンの度肝を抜いた一撃となった。

その後に桑田真澄(後に読売ジャイアンツ)がアベックホームランを叩き込み、PL学園に敵は無しをもアピールする事になった。

この清原と桑田が1年生で優勝した時は、池田高校に勝った。

池田が中京との事実上の決勝戦を快勝したあとのPL戦が予期せぬ敗北を呼んだ。

この夏のPLに油断があるとすれば、ここなのかも知れない。

PL猛攻、加速化

1回の裏、PLは簡単にツーアウトを取られた後に3番キャプテン松山秀明(後にオリックスブルーウェーブ)がレフトスタンドに先制のホームラン。

たった1本のヒットが1点になるPLの長打ぶりを炸裂させた。

この回に2点を奪ったPLは2回裏、ツーアウトランナー2塁でトップの内匠がライトにツーランホームランを放ち、4点をもぎ取った。

3回裏にもPLは松山、清原の連打でチャンスを作ると甲西守備陣の乱れと金岡投手の四死球に9番笹岡のタイムリーヒット等が加わって3点を追加した。

甲西は4回表に3番奥村がようやく初ヒット。

続く石躍がライトにエンタイトルツーベースを放ち、ツーアウトながら2、3塁のチャンス。

しかし5番西岡は桑田の速球に三振を喫した。

清原、スタンドへ2発

4回裏にもPLは相手の乱れからチャンスを広げると、バッター桑田にセンターオーバーのツーベース等で4点を追加した。

そして5回裏、ランナーを3塁において4番清原が金岡のカーブを完璧に捉えてレフトスタンドに飛び込むツーランホームランを叩き込んだ。

ここまで5イニング連続得点で早くも13点。

記録ずくめとなった東海大山形との初戦を彷彿させた。

甲西も諦めずに反撃を開始、6回表に石躍がこの日2本目のヒットで出塁する。

ここで先程にチャンスで三振した西岡が桑田のストレートを魂で捉える。

打球は甲西ナインの想いと共にレフトラッキーゾーンに飛び込んだ。

この裏、PL打線を三者凡退に抑えて球場内は暖かい拍手に包まれた。

PLは8回裏、フォアボールのランナーを1塁において打席に清原。

清原の打球は高々と舞い上がり、2打席連続のツーランホームランとなった。

試合はこのまま終わり、PL学園15―2で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

PLの強さは完全に覚醒しましたね。

清原選手が3号ホームランを放ち、4号打っている宇部商業の藤井選手とのホームラン争いも楽しみになりました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ