高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1985年夏の甲子園】決勝 宇部商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

      2017/04/01

【1985年夏の甲子園】決勝 宇部商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

宇部商業高校vsPL学園高校

1985年 第67回選手権大会決勝 

桑田清原の最強コンビもいよいよ最後の甲子園の試合。

この最後の試合を観に、平日にも拘わらず5万3千人の観衆が集まった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

決勝進出に相応しい両者

宇部商業、PL学園共に投打に高いレベルのチームであり、この決勝の舞台に来たことに文句のつけようも無い。

桑田真澄(後に読売ジャイアンツ)清原和博(後に西武ライオンズ)という投打に全国No.1の選手を持つPLが優勝候補筆頭の実力そのままに決勝進出を果たしたことに、高校野球ファンは喜びを感じる。

そして強豪銚子商業に快勝、鳥取西高校に完勝と強さを見せたあとに東農大二、鹿児島商工という骨のある相手を打ち負かした宇部商業。

準決勝でもエース田上が打ち込まれたあとに大逆転勝利を見せた。

大会新記録となる個人4本のホームランを放った藤井、エース田上を支える2番手ピッチャー古谷といったニューヒーローを引っ提げた宇部商業は決勝進出に相応しい。

大旗を賭けて

決戦朝、桑田は疲れから目覚めが悪かったという。

なんとか今日は3点以内に抑えてみせる。

だから4点以上取ってくれと頼んだと言う。

先頭の佐藤にヒットを打たれたものの、初回を無得点に抑えて桑田らしさをみせた。

宇部商業のマウンドには2番手の古谷。

連戦の好リリーフからの大抜擢となった。

ここ連続で序盤に打ち込まれたエース田上はレフトで先発させた。

古谷もランナーを出しながら、清原をセンターフライに仕止めて立ち上がりを無得点に抑えた。

2回表、フォアボールの藤井が盗塁を決めてワンアウトランナー3塁のチャンス。

ここで6番福島がライトに犠牲フライを放ち、宇部商業が先制点を奪った。

これで俄然試合は面白味を増した。

3回裏、PLは笹岡のヒットを内匠が送ってワンアウトランナー2塁。

続く安本がフォアボールを選んでチャンスを広げたが、3番松山はダブルプレーに仕止められて同点とは成らなかった。

甲子園は清原のためにあるのか?

3回表にワンアウト満塁のピンチを迎えた桑田は3番田処、4番藤井の2人を連続三振にきる執念。

この相棒の執念に清原が4回裏、古谷の内角速球をレフトラッキーゾーンに弾丸アーチで応えた。

これで清原も個人4ホーマーとなる。

PLは5回裏、今岡のツーベースヒットを笹岡がバントで送り、ランナー3塁のチャンス。

ここでトップの内匠が勝ち越しのタイムリーヒットをセンター前に運び2―1とした。

ここでズルズルと引き下がらないのが宇部商業の強さ。

6回表、ワンアウトランナー1塁でこの夏突然ヒーローの藤井。

藤井は桑田の速球をセンターオーバーに運ぶ大3塁打を放ち、同点のホームインを呼んだ。

なおもチャンスで先発投手を外されたエース田上。

田上はセンターに逆転の犠牲フライを放ち、意地を見せた。

2―3と逆転されたPLはその裏、清原が古谷の高めに浮いたストレートを強振。

打球は瞬く間にセンターを守る藤井のはるか上空を越える同点アーチとなった。

そしてこのホームランは藤井を越える大会個人5号となった。

名アナウンサー植草氏による「甲子園は清原のためにあるのか?」というセリフが産まれた瞬間であった。

KK念願の全国制覇

7回表、宇部商業は古谷、佐藤のヒットからツーアウトランナー1、3塁のチャンス。

しかしここも桑田が踏ん張り無得点に凌いだ。

8回の裏、PLはワンアウトランナー満塁のチャンスを作る。

しかし古谷が渾身のピッチングで杉本を三振、今岡をショートフライに打ち取った。

9回表、エラーのランナーに盗塁を許さないPLは宇部商業に勝ち越しを与えない。

9回裏、PLは笹岡がライトフライ、内匠がレフトフライに倒れてツーアウト。続く安本の打球が浅い右中間に落ちるポテンヒットとなった。

安本は空かさず盗塁を決めてツーアウトながらランナー2塁とサヨナラのチャンス。

ここでキャプテン3番松山は3球粘ってフルカウントからの8球目を右中間に運ぶ。

打球は転々とセンター藤井とライト河村の間を抜けるサヨナラのタイムリーとなり、安本が歓喜のホームを踏んだ。

試合はPL学園が4―3で勝利し、優勝した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

1年生でいきなり全国制覇した桑田清原のKKコンビが2年ぶりに念願の全国優勝を果たしました。

戦後最多の甲子園20勝投手となった桑田投手。

甲子園最多の通算13ホームランを放った清原選手。

2人のヒーローが同じチームに存在した奇跡はいつまでも色褪せることは無いでしょう。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ