高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】1回戦 松商学園高校vs東海大山形高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】1回戦 松商学園高校vs東海大山形高校|白球の足あと

松商学園高校vs東海大山形高校

1986年第58回春の選抜甲子園大会1回戦

3季連続の松商学園は前年センバツのメンバー

が8人残る経験者豊富なチーム。

対して東海大山形も前年夏の甲子園を知る

メンバーが4人。

どちらがその経験を活かせるだろうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

神宮チャンピオン登場

前年のセンバツ甲子園を知るメンバー8人のうち、6人が先発メンバーだった松商学園。

8人とも見事にレギュラーの座を勝ち取り経験者豊富なチームが出来上がった。

前年のセンバツは若い選手が中心でありながら初戦勝利まで味わった。

しかし夏の選手権予選はまさかの1回戦敗退。

天国と地獄を味わう1年となった。

経験者豊富な新チームも序盤に練習試合で2敗する。

だがそこから立ち直り、29戦無敗の成績を残した。

北信越大会を制したあとは神宮大会をも制した。

決勝では前年センバツ準優勝を誇る帝京高校に12―4と打ち勝ち、チームの仕上がりの良さを見せている。

防御率1.51のエース直江と3割5分7厘の打線で前年以上のベスト8を目指す。

東北チャンピオン登場

東海大山形にとって前年夏の甲子園は、初戦であのPL学園との歴史的な一戦であった。

確かに記録ずくめの敗戦となってしまった。

しかし、東海大山形にとってもそれは稀有な経験となったのだろう。

新チームは結成後に連敗のスタートを切ったが、4人の経験者を中心に新チームは建て直しに成功した。

県内最大のライバル高校である日大山形に1度目の対戦で敗れたものの、県大会の決勝では見事に雪辱を果たした事は大きな自信になった。

そして東北大会でも投打が噛み合い、念願の東北大会初優勝の栄冠に輝いた。

防御率1.25という素晴らしい安定感を誇ったエース黒田が試合を組み立てれば、打線が少ない好機を物にする。

東北大会決勝の秋田高校戦は打撃戦となったが制した。

なんとも逞しい成長ぶりではないか。

センバツ初出場で新たな歴史を作った東海大山形の時代が、県内に訪れようとしている。

流れを寄せる1発

東海大山形の黒田、松商学園の直江と両者ともエースで挑んだ立ち上がりは互いに素晴らしいピッチングで始まった。

特に1年ぶりのマウンドに気合いの入る直江投手は、3イニングを投げて4奪三振と仕上がりの良さを伺わせた。

4回表、松商学園はツーアウトながらランナーを1塁に置いて6番の田口がセンターの横を抜けるスリーベースヒットを放ち、均衡を破った。

続くチャンスは黒田投手の気合いの投球に抑えられた。

5回表、もう1点も与えないという気合いの黒田投手に簡単にツーアウトを取られた松商学園だったがトップの竹内がライトラッキーゾーンに飛び込むホームランを放ち2点目。

これが試合の流れをぐっと引き寄せる。

経験豊富な新チームで完勝

流れを完全に持って行かれた東海大山形は6回表にエラーから3点目を献上してしまう。

するとその裏、攻撃に焦りが生じてようやく出塁したランナーを牽制で刺されてしまった。

7回裏、東海大山形は仕切り直し。

この回先頭の3番松元がライト前ヒットで出塁すると、続く4番高橋勝がレフトにタイムリースリーベースを放ち、1点を返す。

ようやく反撃開始の東海大山形であったが、この後のチャンスでダブルプレーに倒れて追加点とは成らなかった。

失点した後の8回表、松商学園は4番武田、5番藤井が連続ツーベースを放って再び突き放す。

この後、東海大ナインのエラーからチャンスを広げると田中のスクイズなどでこの回3点を追加した。

9回表には4番武田が2番手ピッチャー井上から豪快にライトスタンドにダメ押しのソロホームランを放つ。

エース直江は完投して被安打5、失点1という安定感であった。

試合は松商学園が7―1で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

まさに経験の差が結果に出てしまったような試合でした。

前年夏の甲子園に出場出来なかった悔しさを爆発させるような終盤の攻撃でした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ