高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】1回戦 福岡大大濠高校vs池田高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】1回戦 福岡大大濠高校vs池田高校|白球の足あと

福岡大大濠高校vs池田高校

1986年第58回春の選抜甲子園大会1回戦 

前年まで甲子園を沸かせたKKコンビが去り、

一抹の寂しさが漂った。

しかしあの池田高校が帰って来たことにより、

またしても甲子園は沸き立った。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

九州の雄、福岡大大濠高校

久留米商業、東海大五、福岡大大濠、などと、ここ数年はレベルの高いチームを全国大会に送り出している福岡県。

この年は福岡大大濠が投打に秀でているようで、秋の新チーム結成以来優勝候補は福岡大大濠と言われていた。

その期待に応えるように、1年生エース神野を中心に4人の投手陣は徐々に安定感を増していった。

福岡県大会では軸となる神野が今一つの調子であったために、やや点を許した試合が多かった。

しかしそれは3割3分を越えるチーム打率が補い、福岡県大会を制した。

九州大会に入っても鹿児島玉龍との接戦を5―4で振り切り、ベスト4進出を果たした。

4人の投手陣を上手く使い分ければ、目標のベスト8のチャンスは不可能では無い。

センバツで再び池田

まる1年ぶりの甲子園だった前年春のセンバツで、エース片山を中心にベスト4進出を果たした池田高校。

やはり甲子園大会に出れば池田は強い、と印象付ける前年であった。

しかし夏は徳島県予選の初戦で宿敵の徳島商業に敗退し、涙を飲んだ。

名将、蔦監督は前年センバツでも活躍した梶田選手をエースに置き、新チームを作り直した。

167センチと小柄ながら、梶田の左腕は防御率1、32と抜群の安定感で蔦監督の期待に応えた。

打っても4番の梶田は打率4割3分。

まさに投打の中心は梶田である。

畠山準(後に南海ホークス)と水野雄仁(後に読売ジャイアンツ)で築いた夏春連覇時代の山びこ打線には程遠い、と蔦監督は謙遜するが、4割バッターが7人いる打線は集中打を時折見せる。

夏春夏の3季連覇を阻まれたPL学園のKKコンビが去ったこの年、池田が再び復活するというドラマチックな展開も胸踊る。

押せ押せ大濠野球

福岡大大濠の先攻で始まったこの試合は、互いにエースがフォアボールでランナーを出してしまうが無得点に抑えるという立ち上がりであった。

3回表、大濠はこの回先頭の1番持田がツーベースで出塁。

この後ツーアウトになるものの、4番瀬戸のタイムリーヒットであっさり先制点を奪った。

大濠は5回表にもトップの持田がヒットで出塁。

この後エラーも絡んでツーアウトランナー2、3塁として5番古谷がセンター前にタイムリーヒットを放って2人が生還し、3―0とした。

大濠エース神野は6イニングを投げ、池田打線にヒット2本しか許さず、中盤終わって完全に福岡大大濠が圧していた。

山びこ打線復活

7回裏、池田は谷川、平田の連打でノーアウトランナー1、3塁とようやくチャンスを迎えた。

すると続くトップの藤原がライト前にタイムリーを放って1点を返した。

さらにノーアウトランナー1、3塁であったが2番阿部がスクイズを失敗し、ダブルプレー。

チャンスは潰えたかに思われた。

だが直後に続く3番森がレフトに会心の一撃、レフトスタンドに飛び込む起死回生の同点ツーランを放った。

完全にムードが一変した8回裏、池田はワンアウト2塁のチャンスから藤原、阿部が連続タイムリー。

その後にも梶田、長谷川に連続タイムリーが飛び出し、一挙4得点を追加した。

7回と8回の2イニングスで11安打を集中する様はまさに山びこ打線であった。

試合はこのまま7―3で池田高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

完全に福岡大大濠の勝ちパターンでしたね。

スクイズ失敗の後にホームランとは池田らしさを感じさせてくれますね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ