高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】1回戦 池田高校vs帝京高校|白球の足あと

      2017/04/01

【1983年春センバツ】1回戦 池田高校vs帝京高校|白球の足あと

1983年 第55回選抜大会1回戦 池田高校vs帝京高校

大会第3日目の第3試合は観衆5万人という超満員となった。

その要因は何と言っても昨年夏の選手権大会をセンセーショナルな

戦いぶりで優勝した池田高校の人気ぶりであった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

池田高校登場

大会第3日目の第3試合は観衆50000人という超満員となった。

その要因は何と言っても、昨年夏の選手権大会をセンセーショナルな戦いぶりで優勝した池田高校の人気ぶりであった。

徳島県の山間部にある公立高校が、大舞台で切れ目の無い「やまびこ打線」を披露したのは記憶に新しく、そのクリーンアップで大活躍した水野、江上がこの春も帰って来たことが注目の的であった。

また、水野は新チームのエースとなり、防御率は0点台と期待を上回る秋の成績を残した。

新年度のやまびこ打線も破壊力抜群でチーム打率.389と今大会でナンバーワンであることから、池田高校が優勝候補筆頭の評価になった。

ただ、その池田にアキレス腱があるとすれば、失策の多い守備力であったが、それを霞ませる程の投打の力、というのが評価の全てであった。

その池田と初戦を戦うのは東京大会を制した帝京高校であった。

帝京高校も自慢は打撃力であり、チーム打率は.381と高いアベレージを残した。

前田監督としてもかなりの手ごたえを感じているようで、準優勝した3年前の80年選抜大会のチーム力より完全に上であり、今大会は参加する意識よりは戦いに来たという気持ちと大会前に語っている。

帝京高校としては、エース山田がコントロールに気をつけて自慢の打力勝負に持ち込みたかった所だが…。

圧巻の立ち上がり

満員の甲子園が見つめる中、1回の表の池田の攻撃はトップの坂本から。

坂本は山田のカーブに泳ぎながらも三遊間を抜くヒットで出塁すると、続く2番金山の野選でノーアウト1、2塁。

早くもチャンスで3番のキャプテン江上が打席に立つ。

球場に拍手とざわめきが交差して、帝京エース山田はコントロールが定まらずフォアボールを与えてノーアウト満塁のピンチ。

ここで続くバッターは注目の4番、水野でありさらに拍手が鳴り響いた。

水野は叩きつけるバッティングで三遊間にヒットを放ち、さっそく池田が先制点をあげるが、ショートの正保がもたつく間に2塁ランナー金山もホームを狙ってタッチアウト。

大量失点はさせない帝京の冷静な守りで仕切り直しとした矢先、5月番吉田がカーブをひ狙い打ち、左中間スタンドへスリーランホームランを放った。

早くも4vs0、作夏の豪打を彷彿させるには充分な初登場の初回であった。

その裏の帝京高校も自慢の打力でお返しとばかりにトップの大見が水野に対するが、初球がど真ん中に来たにも関わらず、あまりの速さに手が動かないという見送り方であった。

2ストライクと追い込まれてからの外角低めのえぐるような速球はボールであったが、手が出ずに何も出来ないという感じであり、気の早い筆者であるが、早くも帝京打線は水野を打てないと思った。

案の定、大見はスライダーに空振り三振。

えぐるようなシュートやストレートを見せられた後にスライダーを投げられては、帝京自慢の打線も当てるのが精一杯で、4回終わって放ったヒット3本全てが内野安打であった。

対して池田打線は3回にも帝京エース山田がプレッシャーからフォアボールを連発して満塁とした所を松村、坂本のタイムリーヒットで一挙4点を追加し、8vs0とする。

続く4回にも池田は、江上、水野の連続ヒットから吉田がフォアボールを選び満塁としたチャンスに高橋がセンター前にタイムリーヒットを打ち、2点追加して序盤にして10vs0と噂に違わぬ破壊力で試合を圧倒する。

偉業見えた?

池田高校としてはエース水野と控え投手との差があり過ぎるために、大会中のほとんどを水野に頼らざるしか無く、水野もある程度のスタミナ配分を考慮してのピッチングであるが、それにしても帝京打線としては予想外の水野の出来映えだった事だろう。

5回の裏に帝京は先頭の8番正保がライト前にヒットを放つ。

続く9番の石上もセンター前にヒットと連打で帝京打線のらしさを見せるも、トップの大見が水野へピッチャー返しの打球がおあつらえ向きのダブルプレーとなり、流れを変えることは出来なかった。

終盤の8回表にこの日3つ目となるフォアボールで出塁した江上が盗塁を決めた。

その後、吉田のセンター前タイムリーヒットが飛び出して池田は11vs0とすると前田監督もさすがに呆然としていた。

試合はそのスコアのままゲームセットとなった。

水野は散発6安打完封で、打たれた6安打も全て単打であったことから、ピッチャーとしてもやはり今大会ナンバーワンの呼び声が高まった。

打線もやまびこ打線の名をそのままに14安打11得点と期待を裏切らず、夏春連覇という偉業に向けてこの上ないスタートをきった形となった。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

前年度にセンセーショナルな優勝劇で話題を集めた池田高校が登場とあって大注目の一戦でした!

2年生ながらクリーンアップをつとめた江上選手と水野選手が楽しみで観戦された方が大きな拍手をしていました。

驚いたのはピッチャー水野選手。

フォームは独特でしたが、とにかく速かった!

いきなり吉田選手のスリーランで山びこ打線を感じる事が出来ましたね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ