高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】1回戦 防府商業高校vs関東学園大附属高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】1回戦 防府商業高校vs関東学園大附属高校|白球の足あと

防府商業高校vs関東学園大付

1986年第58回春の選抜甲子園大会1回戦 

中国大会準チャンピオンと関東大会準チャン

ピオンとのレベルの高いチームの対戦となった。

試合は1点を争うが、終盤に思わぬ結果を招いた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

山口県内最強チーム

前年夏の甲子園大会の決勝で、あのPL学園と素晴らしい戦いを見せた宇部商業。

その宇部商業の中心選手であった田処選手が2年生だった事もあり、この年も宇部商業が県内で中心になるかと思われた。

しかしその関係図を塗り替えたのは防府商業であった。

山口大会で防府商業は宇部商業に12―2という大差で退けると、そのまま山口大会を優勝して政権交代に成功する。

すると中国大会でも倉吉北に8―2、邇摩高校に12―2と大差で連勝して力強さを見せつけた。

準決勝は全国レベルの戦力を持つ広島工業との対戦となったが、3―1で快勝してセンバツ切符をほぼ手中に納めた。

決勝では全国Aクラス評価の尾道商業に敗れたものの1点差。

その実力は全国レベルだろう。

関東ナンバー2の実力

初出場となる関東学園大附属高校は、群馬県内の勢力図を一気に変えた。

それまでの群馬県内は伝統校の前橋工業、前橋商業、高崎商業などで接戦を繰り広げられてきたが、素材的に良い選手が集まったこの年代の関東学園大付属はついにその結実の時を迎えた。

梶田監督曰く、攻撃力には多少の手応えを感じながらの群馬県予選であった。

しかしエース霜田が監督の予想を遥かに越える素晴らしい出来で、このチームは連勝街道をひたすら歩く。

関東大会でも茨城県代表の大田原高校に6―4で競り勝つと、土浦日大戦はまたしても霜田の素晴らしいピッチングが冴え渡り3―0の完封勝利。

準決勝の甲府商業戦は接戦の末に4―2と快勝した。

決勝では関東ナンバー1の実力校である拓大紅陵に2―4で敗れたものの、高い実力を見せつける関東大会となった。

チーム打率3割3分に防御率1.79の霜田投手のバランスの良さを甲子園で発揮できるか。

接戦、好ゲーム

1回裏、関東学園大付属は木村のフォアボールからエラーでノーアウトランナー2塁とすると、2番布川が送りバントを決めてランナー3塁。

ここで3番山下がセンターへ犠牲フライを放ち、関東学園大付属はノーヒットで先取点をあげた。

エース霜田も防府商業にヒット1本しか許さず、1点差ながら関東学園大付属ペースで4回表を終わった。

その裏、関東学園大付属は先頭の落合がセンターの横を抜けるヒットを放つが3塁を欲張りアウト。

これで流れが少し変わり、5回表に防府商業は梅田のツーベースヒットの後に村重のタイムリーツーベースヒットが生まれて同点に追い付いた。

やはり県予選で決勝進出した両校なだけに、レベルの高い試合展開となった。

後半一気に爆発

6回裏、関東学園大付属はツーアウトから磯がレフト前ヒット、大出がライト前ヒットと続くとピッチャー霜田が自らセンター前にタイムリーヒットを放って再び勝ち越した。

しかし8回表、防府商業は佐鹿のヒットなどで作ったワンアウトランナー2、3塁のチャンスから、安丸がレフトに逆転のタイムリーヒットを放って試合をひっくり返した。

続く松永もヒットで続くと7番村木がレフトラッキーゾーンに飛び込むスリーランホームランを放ち、この回一挙5点という爆発を見せた。

関東学園大付属も最終回にツーアウトランナー1塁空意地を見せる。

代打青木とトップ木村のヒット、2番布川のフォアボールから満塁と粘る。

すると3番山下がレフト前に2点タイムリーヒットを放って2点差に追い上げた。

続く4番落合に期待がかかったが最後は梅田投手が踏ん張りゲームセット。

試合は6―4で防府商業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

前半と後半の違う展開が面白い試合でしたね。

関東学園大付属は4回のチャンスが残念でした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ