高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】1回戦 関東一高校vs天理高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】1回戦 関東一高校vs天理高校|白球の足あと

関東一高校vs天理高校

1986年第58回春の選抜甲子園大会1回戦 

今大会1回戦屈指の好カードとなるこの組

合わせは、両者ともに上位進出間違いない

戦力の持ち主。

試合は力と力が正面からぶつかった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

実力は都内一

東京大会の決勝で帝京高校に3―4と1点差で敗れたものの、関東一高校の実力が2番手という評価には直結しない。

結果的に準優勝となったが、ともに打撃自慢の関東一と帝京のチーム打率の差は僅かに2厘。

投手力に限っては帝京エース平山が3.82という防御率に対し、関東一エース本間は1.57と遥かに成績が上である。

その事を考慮すると、投打のバランス的に言えば関東一も優勝した帝京高校に勝るとも劣らない高いレベルにある事が理解出来る。

増して、前年夏の甲子園大会でベスト8に進出したメンバーである室井と西村の経験はチームにとって非常に心強い。

秋の成績を見ると敗れた2戦はともに1点差。

チーム力は間違いなく全国レベルである。

優勝候補の1角

レベルの高い近畿大会を制したのは奈良県代表の天理高校であった。

近畿大会の頂点に立つまでに同じ奈良県の強豪である智弁学園には競り負けているものの、奈良県2番手代表として挑んだ近畿大会ではPL学園、上宮という大阪指折りの超強豪高校に連勝して頂点に立った。

この秋の実績だけで、全国のチームから注目を集める事が必然的なのは言うまでも無いことだろう。

一矢報いた智弁学園とて、天理高校と再戦しても返り討ちにするのは難題間違いない。

エース本橋は非常にキレのある速球を武器に防御率は1.45。

レベルの高い近畿地方を投げ抜いてこの成績は、もはや大会でも3本指に入るピッチャーと言っても過言ではないだろう。

そして前年センバツを知る中村、北浦、山下の3人が強力なクリーンアップとして成長した。

橋本監督曰く、前年センバツでのベスト8チームよりも総合力は上と、確かな手応えを掴んでいる。

力と力

1回の表、噂に違わぬ速球を投げる天理エース本橋の姿があった。

しかし関東一はトップの室井がレフト前ヒットを放つと、2番伊藤の送りバントでランナー2塁とした。

やや堅さの目立つ本橋の速球が高めに浮いたところを西村が三遊間にタイムリーヒットを放ち、関東一があっさり先制した。

続く4番渡辺はセンターの横を抜けるタイムリースリーベースを放ち、2点目を追加した。

先制されて逆に落ち着きを取り戻した本橋はこの後のピンチをキッチリ抑えた。

天理の強力打線に対し、立ち上がりから無難なピッチングを見せる関東一マウンドの本間。

しかし3回裏、ピッチャー本橋が強烈なホームランをレフトスタンドに叩き込んだ。

これで1点差となり、試合は中盤まで進んだ。

慌てず騒がず逆転

6回裏、天理は北浦の素晴らしい当たりのツーベースヒットを足掛かりにワンアウト満塁とチャンス。

ここで9番金井がスクイズを決めて同点と西村した。

続くピンチは何とか凌いだ本間投手であったが、勢いは完全に天理に傾いていた。

7回裏、天理は強力なクリーンアップが魅せる。

まずは3番中村は左中間にツーベースヒットを放つ。

すると4番山下がライトスタンドに飛び込む特大の逆転ホームランを放ち、ついに天理が勝ち越した。

このあと、5番北浦がこの日3本目となるツーベースヒットを放ち、まだチャンスを作る。

そして代打西山がレフト前にタイムリーヒットを放ってダメ押しの5点目を追加した。

関東一は9回表、この回先頭の西村がヒットを放つも、続く渡辺がダブルプレーに倒れる。

あと1人のところで大館がレフトラッキーゾーンに意地のソロホームランを放ち、1点を返すが反撃もこれまで。

試合は5―3で天理高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

力のあるチーム同士というのが理解できる好ゲームでした。

初回にもう1点入っていたら、関東一のペースになったかも知れません。

それにしても天理のクリーンアップの迫力は強烈な打球を放ちました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ