高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1986年春センバツ】1回戦 熊本工業高校vs尾道商業高校|白球の足あと

      2017/03/31

【1986年春センバツ】1回戦 熊本工業高校vs尾道商業高校|白球の足あと

熊本工業高校vs尾道商業高校

1986年第58回春の選抜甲子園大会1回戦 

ともに地区大会を優勝しているだけあり、

攻撃力に秀でた両者の対戦となった。

後半、集中打を見せた1イニングが勝敗を

決めた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

九州チャンピオン登場

興南高校、都城高校、鹿児島商工、とここ3年連続で強力な戦力を持つチームを輩出している九州チャンピオンであるが、優勝チームを生み出すほどには至っていない。

だが、秋の成績を元に比較してみると今大会のチャンピオン熊本工業は群を抜く完成度である。

なにせ秋の36戦のうち敗れたのは僅かに3試合で、いずれも1点差。

公式戦に限れば苦戦は殆ど見当たらない。

強豪ひしめく九州大会でも初戦で大分県1位の中津工業に10―1と大勝すれば、福岡県1位の福岡大大濠高校に5―0と完勝、決勝でも沖縄県1位の沖縄水産に8―2と差をつけて快勝した。

各県の1位代表に全てに完勝している実力は、甲子園でも期待が高い。

中国チャンピオン登場

甲子園のような毎試合1発勝負のトーナメント戦において、尾道商業は相手にとって脅威のチームだ。

伝統的に勝負強い広島県代表には、広島商業、広島工業等しぶといチームがひしめいている。

しかしこの尾道商業は広島商業に5―2、広島工業に5―3と競り勝って広島県大会の頂点に立っている。

広島県代表1位として挑んだ中国大会でも、その勝負強さを遺憾無く発揮した。

初戦の岡山南に3―2と逆転勝ちすると、準決勝の多々良学園戦も3―1の逆転勝ち。

防府商業との決勝は延長戦の激闘となったが4―3で競り勝ち、見事に中国チャンピオンの座に登りつめた。

尾道商業の競り合いの強さは何と言っても繋がる打撃陣。

チーム打率は脅威の3割8分3厘という破格の破壊力で、チャンスとみるや機動力を織り混ぜてから放つ鋭い打球は脅威以外の何者でもない。

背番号8のセンター木村が先発マウンドに立ち、エース真治が抑える必勝パターンが決まれば上手進出も間違いないだろう。

序盤から動く

ともに強力打線に注目されていたが、先ずは尾道商業が1回の裏に魅せる。

フォアボールを2個選び、送りバントも難なく成功させた後、ツーアウトから5番松原が右中間を深々と破るタイムリースリーベースを放ち、二者生還して2点を先制した。

これに対して2回表、熊本工業は川本、永野の連打でチャンスを作るとトップの緒方耕一(後に読売ジャイアンツ)のタイムリーヒットで空かさず1点を返す。

続く3回表にも熊本工業は杉本のヒットで作ったチャンスで川本がライト前に見事なタイムリーヒットを放ち、同点に追い付いた。

追い付かれた尾道商業であったが、その裏に取釜のタイムリーヒットで再び勝ち越しに成功した。

乱戦の行方

5回表、熊本工業は内山がヒットで出塁すると空かさず盗塁を決める。

このあとに杉本、川本がそれぞれタイムリーヒットを打って4―3と試合をひっくり返した。

6回表にも熊本はは代打三浦のヒットと緒方のフォアボールでチャンスを作る。

続く内山の犠打をサード中本がエラーしてしまい、熊本工業に追加点が入った。

エラーの失点がダメ押しになるかと思われたが尾道商業は予想以上に強かった。

尾道商業は7回裏、ツーアウトながらランナー2塁としてトップの古毛堂が反撃の狼煙となるタイムリースリーベースを右中間に放つ。

すると土居ノ内がセンター前ヒット、取釜のライト前ヒット、4番木村のセンターオーバーのツーベースヒットと4連打が飛び出して一挙4得点を奪い逆転に成功した。

8回表、熊本工業はツーアウト満塁から岩山がセンター前ヒットを放ち、1点差に詰め寄った。

しかしあと1本が出ずに試合はこのままゲームセットを迎え、7―6で尾道商業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

攻撃力に秀でた両校でしたね。

得点された直後にお互い得点する力を見せてくれました。

1回戦で激突するには惜しいカードでした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ